総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【ダイバーシティ:通信研修受講者インタビュー】サービス介助士2級受験基礎講座の受講を通して

チャレンジすることに年齢は関係ない


東日本旅客鉄道株式会社にて60歳まで勤務し、その後シニア社員として株式会社JR東日本ステーションサービスに再就職。
現在は、東京支社研修センターの副所長として、若手社員の育成を担当。

    受講したきっかけ

    通信研修講座「サービス介助士2級」を受講したきっかけは2つあります。1つ目は、母がお世話になった介護施設の方々のお仕事ぶりに感銘を受けたことです。母は体調を崩した当時、気持ちが沈みがちになっていました。しかし、施設の方々が一生懸命になって母を受け入れ、ケアしていただいたおかげで、笑顔を取り戻すことができたのです。母の笑顔のおかげで、私たち家族にも笑顔が戻りました。

    2つ目は、体の動くうちに少しでも社会のお役に立ちたい、と考えているためです。
    現在、介護関連の仕事に関しては、仕事がきつく賃金が低いため、働く人が少ないと聞きます。しかし、介護の仕事は、関わった人たちに対して笑顔をつくれる、本当に素晴らしい仕事だと思います。

    小さな力かもしれませんが、私が介護の仕事をすることで、困っている人たちのお役に立つことができればと考えています。

      学習の苦労

      学習は、仕事が終わった後、主に自宅で取り組みました。自宅にはだいたい20時頃に帰りますが、その後21時から23時までを学習時間として、1日の学習ページ数を決め、毎日少しずつ進めました。一度の学習では身につかない内容もありましたので、土曜日と日曜日は主に予習と復習に費やしました。

      特に記憶の維持に苦労しましたね。テキストは分かりやすく、興味も惹かれる内容でしたが、若い頃のように、一度読むだけではなかなか頭に入りませんでした。ノートに何度も書いて、少しずつ覚えていきました。
      また、実技教習についても苦闘しました。産業能率大学が主催している教習に参加しましたが、20代や30代の若い人たちに交じると、私はどうしても他の人よりも時間がかかってしまうんですよね。あの時は冷や汗が出ました(笑)。

      お客様のことを考え、私にできることを一所懸命取り組む

      モチベーション曲線

      モチベーション維持の秘訣

      このようにいろいろと苦労しましたので、本当にサービス介助士の資格が取れるのか、本当に介護の仕事ができるのか、と不安になることもありました。しかし、介護の仕事の素晴らしさ、母の笑顔、そして今後私が出会うかもしれないお客さまのことを考えると、自然に元気が出てきました。

      加えて思ったことは、知識も技術も妥協してはいけない、ということです。例えば、試験の合格基準は60%以上ですが、お客さまにとってみたら、体はもちろん、心も託すわけですから、取った点数は全く関係ありません。必要なことはすべて身につけるという意気込みで、今の私にできることを、やり方を工夫して精一杯取り組ませていただきました。

      将来は介護の仕事へ。だから今、学ばなければいけない。

      これからの目標

      現在の仕事は65歳の定年まで勤めさせていただく予定ですが、その後はできるだけ早く介護の仕事ができればと考えています。そのためには、60歳の今から、今回のサービス介助士だけでなく、他にも多くの関連知識を学び、身につけていきたいですね。

      私が介護の仕事に携わることで実現したい目標は2つあります。1つ目は、母のように「施設に入ってよかった」「笑顔が増えた」と言ってもらえることです。2つ目は、私が施設の方々の対応に感動したように、「こんな素晴らしい仕事ならば私もやってみたい」と誰かに感じてもらえたら嬉しいですね。

      チャレンジすることに年齢は関係ありません。この2つを実現するために、日々少しずつでも前に進めるように頑張っていきたいです。

      サービス介助士の詳細はこちら

      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所
      • グローバルマネジメント研究所
      • サンノーWebサポート
      • SuperGrace Web成績管理システム
      • マナビバサンノー
      • sannoメール登録

      他のコンテンツを見る

      SANNOが大切にしている活動スタンス
      理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
      人材育成・研修 用語集
      人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。