総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

強い組織をつくるために人材育成ができることとは?【第4回 やりがいを求める新人・若手社員の存在意義の確立】

前回は、新人・若手社員の不安を解消し、仕事に取り組む姿勢をマイナスからゼロの状態に引き上げるための3つのポイントを整理しました。
今回は、やりがいを求めている若手社員に対する「仕事の意味づけ」に注目します。社員に仕事の意義を感じさせ、モチベーションアップにつなげることの重要性について、産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センターの関 和之が解説します。

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター  関 和之(せき かずゆき)

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター  関 和之(せき かずゆき)

    若手社員は「仕事のやりがい」を求めている

    最初に、組織で働く20代の若手社員が「仕事をする上で大切にしていること」について、調査結果を見てみましょう。以下に示した2つのグラフは、2014年3月に(学)産業能率大学が実施した「ビジネスパーソン調査(20代~60代、2000人)」のうち、20代・400人の結果になります。

    仕事をする上で最も大切にしたいこと

    「仕事のやりがい」が最も多くなっています(3割強)。以降、「給与の高さ」、「良好な人間関係」(1割半ば)と続きます。給与に関心が高いのは当然の結果ですが、それよりも20代の若手社員は、仕事のやりがいを一番に求めていることが分かります。
    さらにもう一つ、「今の仕事にやりがいを感じているかどうか」についての調査結果も見てみましょう。
    「やりがいを感じている(あてはまる、どちらかと言えばあてはまる)」という回答と、「やりがいを感じていない(あてはまらない、どちらかと言えばあてはまらない)」という回答が、およそ半々になっています。実際、今の仕事にやりがいを感じるのは、なかなか難しいことがうかがえます。

    今の仕事にやりがいを感じている

    今の職場の中で、社員にやる気を持って前向きに仕事に取り組んでほしいと思ったとき、経営者が給与アップで報いるのは現実問題なかなか難しいと思います。そこで重要な考え方が、「仕事の意味づけ」です。意味づけ次第で、やりがいを感じさせることができます。要は“気の持ちよう”ということです。
    意味づけの重要性をよりイメージしていただくために、イソップ寓話の「3人のレンガ積み職人」の話を簡単にご紹介します。

    イソップ寓話の『3人のレンガ積み職人』

    世界中を回っている旅人が、ある町を歩いていると、1人の男が道の脇で何やら作業をしていました。

    旅人は、その男にたずねました。「ここでいったい何をしているのですか?」
    その男は答えました。「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているんだよ。毎日毎日、雨の日も強い風の日も、暑い日も寒い日も一日中レンガ積みだ。なんで俺はこんなことをしなければならないのか、まったくついてないなぁ。」

    旅人がしばらく歩くと、レンガを積んでいる別の男に出会いました。旅人はその男に、先ほどと同じ質問をしました。
    その男は答えました。「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。この仕事で俺は家族を養っているんだ。だから大変だけど頑張らないとな。」

    旅人がさらに歩いていくと、また別の男がレンガを積んでいました。
    旅人はまた同じ質問をしました。
    その男は答えました。「俺たちは歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ。大変かって?とんでもない。ここで多くの人々が祝福を受け、悲しみを追い払うんだ!素晴らしい仕事だと思わないかい」

    やりがいを感じさせる「仕事の意味づけ」

    同じレンガ積みの仕事をしている3人のうち、仕事や自分の存在に意義を見出し、最もイキイキと取り組んでいるのは、何人目の職人だと思いますか?
    一目瞭然だと思います。答えは3人目の職人です。
    この話はさまざまな多くの仕事にも当てはまります。技を磨くという意味で、若手社員ならなおさら理解しやすいかもしれません。

    3人目のレンガ積み職人のように、新人・若手社員自身が、自ら気付いて、自分に与えられている目の前の仕事(仮に雑用的な内容であっても)の意味を見出せるようになれば理想的ですが、なかなか難しいものです。そこで、その職場の中で、自分にその仕事が与えられている意味(自分の存在意義)を、周囲の人々(経営者や先輩社員)が気づかせてあげることが大切になります。
    ここで言う「意味づけ」には、2つの側面があります。

    【1】 " 職場全体の中で その仕事をすることの意義

    【2】 " 自分にとって その仕事をすることの意義
     

    この両方が重要です。

    以下は、○○という仕事の意義を気づかせるためのコミュニケーション例です。

    【1】 「○○は一見地味な仕事だけど、お客様はそういう細かい点を見て企業の良さを判断しているんだよ。だから非常に重要なことなんだ。しっかり頑張ってね。」

    【2】 「○○をミスなく完璧にこなせるようになれば、今後難しい□□というサービスにもすごく活きる技が磨けるよ。君の成長にとって、とても大事なことだと思うよ。」

    そして何より重要なのは、新人・若手社員に仕事の意義を気付かせる側(経営者や先輩社員)が、仕事に対して自分なりの“よい意味づけ”ができていなけれ ば、それこそ意味がありません。
    まずは、「自分にとって仕事とは?」「この職場にいる意義は?」について、自分自身に問いかけることから始めてみてはいか がでしょうか。

    (学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター 関 和之)

    各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。

    連載 テーマ 公開
    強い組織をつくるために人材育成ができることは? 連載TOP 2015年 10月 28日
    第1回 最近の若者の特徴 2015年 10月 28日
    第2回 新人・若手社員が定着・成長し、伸びる組織になるためのポイント 2015年 11月 13日
    第3回 新人・若手社員の不安を解消する 2015年 11月 27日
    第4回 やりがいを求める新人・若手社員の存在意義の確立 2015年 12月 15日
    第5回 キャリアを形成する「見通しづけ」 2016年 1月 20日
    第6回 若手社員との信頼関係づくり 2016年 2月 5日
    第7回 「対話」によるコミュニケーション 2016年 3月 3日
    第8回 コーチングによる指導 2016年 3月 29日
    第9回 自己成長力の獲得 2016年 4月 7日
    テーマは若干変更することがあります。予めご了承ください。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)<