総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

能力開発のための診断ツール  概要と体系マップ

ここでは本学の診断ツールについて、概要と体系マップをご紹介します。

効果的な学習と体系的な人材育成のために

特性診断を活用して学習効果を高める

本学の個人診断ツールは、主に能力や意欲、行動などの特性を客観的に把握するためのツールです。
診断は、組織内の個々人が自己理解を深め、さらなる学習を促進するためのきっかけづくりとして大変有効です。そのため診断には適切なフィードバックが欠かせません。個人診断のフィードバックには、いくつかのパターンがあります。

フィードバックの方法・目的

特性診断を活用して体系的な人材育成を行う

個人診断を活用して、自社における人材の能力レベルを把握することができます。
対象層に適した個人診断を全従業員に実施し、各階層や各職種の特徴を把握することによって、今後の自社の人的資源戦略の立案や、能力要件の作成、人材開発課題の明確化、教育体系の構築などに役立てることができます。
若手から中堅層には「S-BASE」、中堅からベテランには「S-ProⅡ」、管理職層には「S-ProⅡ」もしくは「S-ATOM」の実施を推奨しています。「S-ProⅡ」の対象範囲は広く、プレーヤーとしての役割を併せ持つ管理職(プレーイングマネジャー)やプロジェクト
マネジャーにも適用できます。

目的に応じた分析、人材開発への応用

ツール体系マップ

ツール体系マップ

※ 以下の診断ツール名 をクリックすると各診断ツールのページにリンクします。

ページ先頭へ

関連情報

中堅社員の能力開発
中堅社員育成に最適な教育・診断サービスを提供します。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録