総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

Pro-Entry(プロ・エントリー)研修

研修の概要

自組織を取り巻く事業環境を把握し、これからの組織に求められる行動、組織が求める人材像にはどのようなものがあるのかといった 「組織の視点」を明確にします。
そのうえで個人の視点(自分の力量)を統合し、組織における自分自身の貢献の姿とそこに至る道筋を描き出し、自身の存在意義を確立することを目指します。

なお、 「個人の視点」では、多面診断(プ口人材特性診断S-Proll)を活用することで、客観的に自己分析を行うことができます。また、組織としては、そのデータを自社の人材の能力傾向の把握に活用することができます。

研修のねらい

【1】 「組織が今後求める人材像」と「自分の能力」を明確にする

【2】 この組織で自分はどのようなプロ人材になれるかを考える

【3】 将来のプロ人材としての活躍の姿を描く

スケジュール

内容 ポイント
1

オリエンテーション
1.多様なプロ人材像を想定する ○プロ人材像構築のステップ  
○組織課題のとらえ方
○組織を取り巻く環境を共有化する
○今後の組織の課題を検討する
○求められる多様なプロ人材像を描く
2.ありたい自分像を考える ○仕事を通して何を得たいのか
 仕事上の価値観を明確にする
2

3.能力を把握する ○自己の成果創出能力の確認
(プ口人材特性診断S-Proll結果返却)
○自己の強み・弱み分析 ○自己の専門性を把握する
4.能力を把握する ○活躍の領域を考えるためのフレーム
○自己の活躍の可能性を定義する
5.「なりたい自分像を描く」 ○最適かつ相応な将来の活躍の姿
○経験の場づくりのシナリオ作成
○キャリアマップを描く

☆スケジュール(プログラム)はご要望に合わせてカスタマイズが可能です。

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。