総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

強い組織をつくるために人材育成ができることとは?【第1回 最近の若者の特徴】

第1回目は、最近の若者の仕事に対する意識や考え方の傾向などについて、オリジナルデータをもとに産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センターの関 和之が解説します。

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター  関 和之(せき かずゆき)

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター  関 和之(せき かずゆき)

    本当にいまどきの若手は育てにくいのか?

    「若手が育ってない」という声を、ここ数年、業種に限らず、多くの経営者や管理者からお聞きします。日本全体の企業・組織の課題といっても差し支えないと思います。皆様の現場では、どうでしょうか?
    若手が育っていない原因はさまざまで、一概に「これが原因だ」とは言い切れません。教わる側(若手)の意識に原因があるかもしれませんし、教える側(経営に携わる方々や現場の先輩)の教え方に原因があるかもしれません。またその両方かもしれません。

    今回の連載では9回に渡って、新入社員・若手社員に焦点を当て人材育成をテーマにお伝えしていきたいと思います。日々、人材育成に取り組まれている人材育成ご担当者の皆様にとって、手がかりやヒントになれば幸いです。

    第1回目の今回は、「まず相手を知ろう」ということで、若手の意識や傾向を調査結果などを交え、見ていくことにしましょう。

    若手世代の特徴は時代とともに変化する

    さて世間では、とかく「今の若手は・・」とネガティブに言われがちですが、実のところ、特徴自体に良い悪いはありません。そう発言する上の世代と若手側とで、ものの考え方や意識が異なるということに過ぎません。人は社会的な生き物です。社会の状況変化に応じて適応的に成長します。つまり時代背景が変われば、その状況で育ってきた世代の持つ特徴も変わるということです。

    まずは本題に入る前に、簡単なクイズを出したいと思います。 

    車、バイク、パソコン、海外旅行、字幕映画、結婚式

    これらの言葉に共通するものは何だと思いますか?

    答えは、「若者の○○離れ」です。

    これは、マスコミなどで若者の消極的な消費傾向を示すためによく使われます。この消極性は、消費傾向だけではなく、仕事の場面でも現れています。

    皆さんは、「ミレニアム世代」という言葉を耳にされたことはあるでしょうか? 
    最近の若手世代(特に20代)を表すキーワードです。
    この世代は、「生活や人生を縛るものは持ちたくない」「ラクが一番」「傷つくのが嫌い」「損をするのが嫌い」といったような傾向を持っています。その一方で、「人生に手ごたえを求めている」「自分の存在を認められたい」という傾向も持ち合わせています。総じて言えば、「一所懸命頑張りたいわけではないが、周りから認められたいし、やっていることに自分なりの意味を求めたい」といったところでしょうか。

    若手社員の「動機の源泉」と「ストレス発生源」

    ここからは、本学が行った調査のデータ(30歳以下の社員が対象)に基づいて、組織で働く若手の特徴を2つの観点で見ていきましょう。

    ひとつは、「動機(モチベーション)」の側面で、"仕事において、どういう価値を大事にしているか"についてです(図1.動機の源泉)。
    もうひとつは、「ストレス」の側面で“仕事において、どういう状況にストレスを感じやすいか”についてです(図2.ストレス発生源)。

    図1 動機の源泉

    仕事において、どういう価値を大事にしているか(図1)については、「承認」「一体感」「自己成長」がトップ3になっています。そのそれぞれの具体的な意識の傾向は以下の通りです。
     * 承認:周囲から認められたり、褒められたりしたい
     * 一体感:みんなで一丸となって(仲間で)仕事すると楽しい
     * 自己成長:仕事がもっと出来るようになりたい


    図2 ストレスの発生源

    一方、どんなときにストレスを感じるか(図2 )については、「失敗」「達成・成長感のなさ」「不明確な仕事」がトップ3になっています。同じく具体的な意識の傾向は以下の通りです。
     * 失敗:仕事で失敗すると、すごく落ち込む
     * 達成・成長感のなさ:自分がやりたいことや成長に繋がらない仕事はイヤ
     * 不明確な仕事:いつまでに、何をやればいいのかが分からないとイライラする


    仕事において、どういう価値を大事にしているかについては、「承認」「一体感」「自己成長」がトップ3になっています(詳細は図1参照)。一方、どんなと きにストレスを感じるかについては、「失敗」「達成・成長感のなさ」「不明確な仕事」がトップ3になっています(詳細は図2参照)。
    こうした仕事における「動機」と「ストレス」の2つの側面を眺めてみると、最近の若手像が見えてきます。

    1.仲間で、お互いに認め合うことを大事にする

    2.仕事で失敗したくないので、はじめに、その仕事の目的ややり方を明確に教えておいてほしい

    3.自分が目指す姿に直接繋がるような仕事がしたい (いわゆる“雑巾がけ”はイヤ)


    こうした傾向を掴んでおくことで、若手をやる気にさせ、成長を促す手がかりが見つかります。ただし、当然ながら、若手全体の傾向なので、一人ひとりの意識 や特徴はそれぞれ異なります。育成する際には、一人ひとりの意識や特徴を理解し、真剣に向き合い、ケアをしていくことが必要になるのは言うまでもありません。

    では、第2回以降では、こうした若手の特徴を踏まえながら、育成の考え方や方法について、お伝えしていきたいと思います。

    (学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研修企画支援センター 関 和之)

    各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。

    連載 テーマ 公開
    強い組織をつくるために人材育成ができることは? 連載TOP 2015年10月28日
    第1回 最近の若者の特徴 2015年10月28日
    第2回 新人・若手社員が定着・成長し、伸びる組織になるためのポイント 2015年11月13日
    第3回 新人・若手社員の不安を解消する 2015年11月27日
    第4回 やりがいを求める新人・若手社員の存在意義の確立 2015年12月15日
    第5回 キャリアを形成する「見通しづけ」 2016年 1月20日
    第6回 若手社員との信頼関係づくり 2016年 2月 5日
    第7回 「対話」によるコミュニケーション 2016年 3月 3日
    第8回 コーチングによる指導 2016年 3月29日
    第9回 自己成長力の獲得 2016年 4月 7日
    テーマは若干変更することがあります。予めご了承ください。
    著者の所属・肩書きは掲載当時のものです。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。