総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

今ふたたびIE ~見える化・可視化の手法~

IEとは?

IE(インダストリアル・エンジニアリング)は、仕事を上手に進める管理技術の一つで、一言で言うと「経営資源の有効活用のための考え方」です。
発祥は1911年のテイラーによる『科学的管理法』で、もともとは製造現場の作業効率化に活用されていました。

IEには製品工程分析や作業分析などさまざまな分析手法があります。製造現場を対象にした場合には、原材料から完成品に至るまでの物の動きや、作業者や機械の動きをチャートに表現することができます。
近年、ビジネス環境においては“見える化”が大きなテーマとなっていますが、実はIEの分析手法は技術者にとって、見える化・可視化に大きく貢献できる手法なのです。

研究開発とIE


「製造現場のIEが研究開発に?」と疑問を持たれる方もいるでしょう。
研究開発者にとって見える化・可視化する対象は、工場の作業者ではなく製品を使うユーザーです。

例えば、お客様が駅の券売機でICカードをチャージするときに、どのような動きをしているでしょうか?

    下図にその分析例を示しています。お客様の動き(左)と券売機の処理(右)を並列に書くことによって、どの作業に時間がかかっているのか、どのタイミングに待ち時間ができるのかを表すことができます。
    さらに、「手を伸ばす」といった動作レベルで作業を見てみると、カードや紙幣の挿入口が券売機の左側にあるため、お客様の右手がクロスして、やりにくそうな動きになります。

    人・機械図表

    このように、研究開発においてヒューマン・マシン・インターフェースを検討する際に、IEの分析手法は大きな効果を発揮します。技術者の観察する力を向上させるために、IEはふたたび注目されています。

    製造現場の技術開発とIE

    製造現場においては、労務費(人件費)の低減にとどまらず、材料費の低減も大きな課題となっています。
    ある食品メーカーでは、原料肉の解凍処理工程において、原材料のロス削減の取り組みを行っています。それをプロブレム・フォーミュレーション(PF)という手法で表すと下図のように、問題状況を見える化・可視化できます。

    問題状況を見える化・可視化

    学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 研究員 齋藤 義雄

    ※所属・肩書きは掲載当時のものです。

    今回の内容に関連する資料はこちらからダウンロードできます

    Get ADOBE READERPDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerはこちらからダウンロードできます。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録