総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「貢献意識」に基づくものの見方や考え方を育てる(1/2)【第8回 企業と社会、そして人~『これからの経営』を考える~】

「貢献意識」に基づくものの見方や考え方を育てる
~学校法人産業能率大学総合研究所兼任講師 佐伯雅哉先生に聞く~

「企業と社会」を考えていくうえでは、個々の企業を「点」として、さらに、政府やNPOといった様々なステークホルダーにまで視野を広げて俯瞰する“鳥の目”のような視点が必要です。
一方、社会に働きかけたり、時には変えていったりする力の源をたどっていくと、企業という組織の中の、さらにその集団の中の「人」が浮かび上がってきます。
そこで今回は“鳥の目”から“虫の目”にレンズを切り替えて、組織で働く「人」のさらに内面、思いや欲求、そして成長ということを考えていきたいと思います。
こうしたテーマについて長い間探求され、人材育成の場に提唱し実践されてきた、 佐伯雅哉先生にお話を伺いました。

本橋

先生は、学校法人産業能率大学においては、企業内研修や大学院、通信教育課程の授業などの場で活躍されると共に、学会での研究発表や著書のご執筆など、多岐にわたる活動をされているようですが、先生が関心を持たれてきた領域について、お聞かせください。

    佐伯

    私は、学校法人産業能率大学で仕事をする前は、金融機関に12年間勤務していました。そこでは、融資担当の立場から、さまざまな企業の経営を診るという経験を積ませていただきました。もちろん、社会的な見地も含めてです。
    また、一時、人事、総務系の職場にもいましたが、当然、そこでは人について学ぶことができました。

    そして、今の職場に移ったのが25年前でした。思い起こしてみれば当時から、この連載のテーマである「企業、社会、人」、そしてそれらの関係に関心をもっていたように思います。

      本橋

      それは、興味深いです。

        佐伯

        実は、この三者の関係を整理した私なりのモデルがあり、10年以上も前から提唱し続けています。

          図1 「個人」「組織」「社会」の関係の整理(モデル)

          出所:佐伯雅哉(2012)『“自己”の育て方』産業能率大学出版部

          この図の「組織」は、企業組織を想定しています。「組織」は、個人個人の断片的能力を、ある社会目的のために編集する機能を持った一つの場です。
          例えば建物の設計に優れた「個人」がいても、その人ひとりの力では建物は建たない。資材を加工し組み立てる力をもった人や、資材を調達する力をもった人が必要です。

          それぞれが集まって「組織」を形成すれば、建物という一つの価値を「社会」に提供し、貢献することができる。そして「組織」は「社会(この場合は、顧客)」から代金を受け取り、これを個々人に給与として分配する。「個人」はこれによって生計を立て、貢献活動を継続することができる。

          一方、売上げ代金の一部は、利益として「組織」自身に自己分配され、貢献活動を継続するための備えとなります。

          給与は、物理的には一度「組織」を経由しますが、その出どころは「社会」です。
          つまり意味的には、「社会」から支払われていることになります。「社会(具体的には顧客)」は、その価値の生産に関わったすべての人に逐一対価を分配する機能を持たないので、売上げ代金の形で一度これを「組織」に預けるのです。
          そして「組織」は、「社会」に代わってこれを個人に分配する。つまり「売上げ」というのは、その意味で「預かり金」なのです。

          「個人」、「組織」、「社会」のこのような関係によって、全体社会は健全に維持されます。個人と組織は、「能力」と「給与」を交換し合っているのではない。
          「能力」と「能力発揮の場」を提供し合っている。つまり両者は、社会に付加価値を提供することを共通の目的とする「パートナー」である、ということです。

            多くの人が、このモデルに共鳴してくれます。
            例えば、心地よさを感じるとか。これは、純粋な「貢献意識」、あるいは「貢献意欲」とでも言えるようなものが、私たちの内面の一部を占めているからではないか、そう解釈することもできると思います。
            私も、これを「貢献意識」に基づく組織観、あるいは「公共的」組織観などと呼んでいます。

              学校法人産業能率大学総合研究所 経営管理研究所 主席研究員 佐伯雅哉先生

              本橋

              とても興味深い、ひとつの見方を描いたモデルとして、共感するところが多々あります。と同時に、このモデルが示している「健全な全体社会」が実現し維持されるために必要なことや、考えなければならないこともまた、いくつかあるように思えます。

              ひとつは、他のステークホルダーの存在や影響は、どう織り込まれていくのか、ということです。
              このモデルでは、「社会」は「顧客」のことであるとのご説明でしたが、そうすると、他のステークホルダー、例えば地域社会、行政、競合他社、NPOといった利害関係者とその影響関係を、このモデルに加えるとどうなるのだろうという興味がわきます。

              そして、悩ましいのが「株主」の位置づけ。給与の源泉としての顧客はたしかに大きな存在ですが、営利企業であれば「株主」、「出資者」も無視できないかと思います。
              資金を得る代わりに、企業は「株主」にも「より高い配当」をすることが期待されている、あるいはその責任がある、ということを考えるとき、このモデルの、おそらくは「省略された部分」が気になるところです。

                佐伯

                このモデルはそもそも、組織と個人の統合は、その共通の貢献対象である顧客というものを想定から外して考えることはできないという発想から生まれたものなので、社会を構成する他の存在は、直接的にはその中に含めていません。

                ただし、先ほど組織が持つ分配機能についてお話しましたが、例えば株主には配当金、国には税金、金融機関には利息という名で、社会的価値の創造に関わった多くの存在に対して、「顧客からの預かり金」を分配しているのです。

                  本橋

                  今ほどのお話の中に「全体社会の健全な維持」ということがありました。
                  先生のモデルは、企業の維持、いわゆるゴーイング・コンサーン(going concern)だけでなく、むしろより大きな視点、「持続可能な成長」やサスティナビリティー(Sustainability)といったものにも相通じるのではないでしょうか。

                    佐伯

                    これまでの説明でお気づきかもしれませんが、このモデルの背景には、「金銭」「貢献」「継続」という要素が織り込まれています。
                    私は、これらは、「仕事」という概念を成り立たせている三つの要素であると考えています。
                    つまり、人々はどのような条件を備えた行為を「仕事」と呼ぶのか、ということです。まず、その行為が「金銭獲得につながる」ということです。
                    次に、その金銭は奪い取ったものではなく相手が喜んで出す、つまり、その前提として「何らかの他者貢献がなされている」ことです。
                    そして、「1回きりの偶然ではなく、同じ種類の貢献活動が継続する」ことです。「金銭獲得」「他者貢献」「継続性」、この三つが「仕事」という概念を成り立たせている要素であり条件です。

                    ならば、仕事をする「個人」は、他者貢献の質を高めることに専心すればよい。どのような行為が、他人が喜んでお金を出すものなのか、しかも繰り返して。
                    大プロジェクトであれ日々の工夫であれ、間接部門の人も含めて、まずはこれを一生懸命考えればいい、ということになります。

                      本橋

                      ありきたりなことばで言えば、「CS(顧客満足)」や「顧客ニーズに応える」という表現にもなってしまいそうですが、そうではないのは「貢献」という概念を用いられているからなのですね。

                        佐伯

                        そうですね。売り手の論理で考えた「顧客満足」ではないということです。そこに、社会全体への配慮という要素がそっと入ってくる。これがこのモデルの特徴です。
                        そして問題は、一人ひとりの組織メンバーが、そのような意識を持つことができるような環境を、私たちがいかにして整えていくことができるかということです。
                        例えば、組織の仕組みや教育のあり方はどのようにあるべきか。

                        こうした問題を考える際には、マズローという心理学者による「欲求段階説」が参考になります。このマズローの「欲求段階説」のモデル(左側)と、これに対する私なりの「解釈」(右側)を描いたものが図2です。

                          図2 マズローの「欲求段階説」とその解釈

                          出所:佐伯雅哉(2012)『“自己”の育て方』産業能率大学出版部

                          左側、マズローの「欲求段階説」は、多くの読者にはおなじみのモデルかもしれません。ただしこれを理解する際には、注意すべき点が二つあります。

                          一つ目は、マズローのこの心理モデルは人間の意識の「構造」を説明するだけではなく、意識の「成長過程」あるいは「発達過程」を説明するものでもあるということです。
                          つまり、人間の意識は、生まれた当初はこのモデルの下の方にあるものだけでできているけれども、加齢とともに次々と新たな要素が加わって、このモデルの全体像に近づいていくものだ、というふうに考えられているということです。

                          二つ目は、人間の意識の成長あるいは発達は、「自己実現欲求(The Needs for Self-Actualization)」段階で終わるのではなく、最終段階として「自己超越(Self-Transcendence)」と呼ばれる要素がまだ残っているということです。そして、これも合わせた全体が、人間の複雑な意識なのだということを、マズローのモデルは示しているのです。

                          「自己超越」というのは、マズロー自身のことばです。実にさまざまな側面を持っているのですが、高い「貢献意識」はその重要な特徴の一つとして位置づけられます。

                          例えば、私たちが何か失敗をしたとき、なんとか修復しようとする動機には、他者からの評価や自分の人格を維持したいという自己都合、つまりマズローの言う「承認欲求」や「自己実現欲求」からくる部分もあれば、他人に対する悪影響を最小限にとどめたいという純粋な「貢献意識」もあるのではないか、ということです。
                          むしろ失敗に気づいたとき、最初に意識に立ち上ってくるのは、上司に呼び出されている自分ではなく、被害を受けている他者の映像なのではないでしょうか。
                          この、後者の映像を最初に立ち上らせる背景にあるものが「貢献意識」であると私は考えています。

                            本橋

                            これは推測ですが、自分の失敗に気づいたときに、「被害を受けている他者の映像」が、そのように浮かび上がるかというと・・・・、少々、ハードルが高いようにも思えます。「自己超越」というのは、非常に高度な次元を意味しているのでしょうか。

                              佐伯

                              自分の失敗が人身に影響する場合はどうでしょう。あるいは、待ち合わせ中に、時間と場所を間違えて相手に伝えていたことに気づいたときはどうか。

                              いずれにしても「貢献意識」は、「自己超越」の特徴の一つですから、マズローの理論では意識の発達の「最終段階」に位置づけられます。
                              しかしよく吟味してみると、この意識段階は「自己実現欲求」が満たされた後に突然生まれるようなものではなくて、生理的なものから自己実現に至る、欲求の発達プロセスの中で、その影響を受けながら、徐々に育って意識全体の中に占めるウエートが増していくと見るのが妥当なようです。

                                ページ先頭へ

                                • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                                • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                                • デジタルカタログはこちらから
                                • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                                • 総合研究所 経営管理研究所
                                • グローバルマネジメント研究所
                                • サンノーWebサポート
                                • SuperGrace Web成績管理システム
                                • マナビバサンノー
                                • sannoメール登録