総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

対話型コミュニケーションのデザインその2 対話の場のデザイン~対話を行う「空間」をどうデザインするか?【第5回 ~組織内コミュニケーションをデザインする~組織の中の「対話」の場づくり】

【第5回】対話型コミュニケーションのデザインその2 対話の場のデザイン~対話を行う「空間」をどうデザインするか?

はじめに

第4回のコラムでは、対話の場をデザインする際の観点のうち、特に、参加者に投げかける「問い」をデザインするためのポイントについてご紹介しました。

最終回の本コラムでは、対話を行う「空間」をデザインする際のいくつかの観点についてご紹介します。

対話を行う「空間」をデザインする際の観点

対話の場に参加した人が、対話のテーマに対して、自分の思っていることや考えを率直に話すようになるためには、そもそも対話の「場」自体が「話しやすい雰囲気」を担保したものである必要があります。

そうした空間を作るために、どのような点を抑えておく必要があるのでしょうか?

以下、いくつかのポイントを述べたいと思います。

観点1:グループごとの人数に配慮する

「ワールド・カフェ」のような対話の場では、1ラウンドあたりの対話の時間を20分~25分くらいで展開していくことが一般的とされています。

したがって、たとえば1グループあたりの人数を10人などとしてしまうと、20分の対話の時間では全員が自分の意見を話せなくなってしまう可能性が出てきます。
また逆に2~3人くらいでは、誰かが常に話さなければならなくなり、参加者が慌しさを感じてしまうおそれがあります。
また、早々に話がつきてしまって、対話が雑談のようになってしまう可能性もあります。

では何人くらいが適切なグループ人数なのでしょうか?

一般的に「ワールド・カフェ」などでは、1テーブルあたり4~5人くらいの人数が妥当とされていますが、これも絶対そうでなければならないというわけではありません。

ただ、対話の場をデザインするホストは、対話に参加した人が、できるだけ自分の考えを詳しく述べることができ、聴き手もその考えを十分傾聴できるような人数はどのくらいなのかを考え、適正なグループ人数を検討していく必要があります 。[※1]

※1メンバーの発言が少ないときや、誰かが一人でずっと話し続けているときなどには、トークボールを用いた対話のやり方も有効です。
これは、「トークボールを持った人だけが話しができ、その他の人はその話を傾聴しなければならない」というルールで対話を行う方法です。
意見が活発でないとボールがどこかで停滞してしまいますので、そうした状況になったら、対話の場のホストが、「ボールをまわしてくださいね」などと介入していきます。

観点2:クリエイティブなアイデアが生まれるような演出を考える

「対話型コミュニケーション」とは、参加者が自分の思っていることをオープンに話すとともに、相手の考えを真剣に聴き、多様な考えを統合しながら新しいアイデアや発想を生成していく、極めてクリエイティブなコミュニケーション行為です。

対話を通じて、参加者がクリエイティブなアイデアを生成していくためには、物理的な空間を様々な形で演出することも必要です。

対話を行う空間が殺風景であるよりも、壁やテーブルの上などに、人間の五感を刺激するような様々な演出がなされているほうが参加者のマインドがポジティブになり、意見が活発に交わされやすくなるからです。

たとえば、壁一面を、対話で出てきた様々なアイデアや、対話で得られた気づきを記録するためのスペースとして活用するため、壁一面に白紙の模造紙を貼っておいたり、対話のテーマやグラウンド・ルールなどを貼り出しておくなどは有効な方法の1つです。

またテーブルの上には、テーブルクロス代わりに、色模造紙を敷き、その上に花や、星型、矢印型、丸型など様々な形のポストイット、カラフルなペン、ちょっとしたお菓子や飲み物などを置いておくことで対話の場の雰囲気を和やかなものにすることもできます。対話の場の雰囲気にあったBGMを流すことも大切です。

このように、場の雰囲気にもこだわる演出を行うことで、参加者の五感が刺激され、お互いの意見交換の中から、対話のテーマに対して新たなアイデアが生まれてくる可能性も高まります。

筆者が過去主催した「ワールド・カフェ」におけるテーブルレイアウト

観点3:ホスピタリティのある空間作りを行う

参加者が自分の思っていることをオープンに話す気持ちになるためには、参加する対話の場が自分にとってとても居心地がよい場であると感じてもらう必要があります。

そのためには、対話の場を主催するホストが、対話に参加する多様なメンバーを受容するホスピタリティ[※2] あふれる場を作ることが必要です。

「ワールド・カフェ」などの対話の場では、受付で参加者にウェルカムドリンクが提供されたりしますが、こうしたちょっとした演出も、ホストとして参加者を受け容れようとする姿勢を示したものと言えます。

「どのような演出が「ホスピタリティ」のある場をつくる上で効果的なのか」については唯一絶対の正解はありませんが、対話の場を主催するホストに求められるのは、対話の場に参加する人の身になって考え、どのような場であれば参加者が居心地のよさや気持ちよさを感じてもらえるかを考え、相手のことを気遣った様々な工夫をすることであると思います。

※2ホスピタリティとは、「主客同一関係」という一種の対等関係を結ぶことであり、互いに一期一会の精神で接し合い、相互の利をバランスよく創り上げるという対等な人間関係を指す概念です。
ホスピタリティが真に理解され、発揮されると、そこには期待以上・予想外の感動や満足という高い付加価値が生まれるとされています(中根,2013)。

おわりに

前回と今回のコラムでは、対話の場をプロデュースする上で必要な「問い」のデザインと「空間」のデザインについて、いくつかのポイントを述べてきました。

参加者が自分の思っていることをオープンに話し、対話を通して新たなアイデアが生成するような状況を作っていくためには、このほかにも色々なことを検討する必要があります。

例えば「対話内容のリフレクションのさせ方」や「話し合いの可視化の方法」、「他花受粉の方法(対話で生まれたアイデアの共有・拡散のさせ方)」、「話し合いの時間」、「対話に集中できる温度、照明の明るさ、静かさを保った部屋の確保」などはその一例です。

また、ホスト自身が対話の場においてどのようなスタンスでファシリテーションを行うかを意識することも大切です。

「対話」が成立するための原則と条件

対話が生まれるには上図のように、様々な原則や条件があります。

重要なことは、単に人を集めれば、自然と対話が行われるわけではないということです。

対話の場を主催するホストには、「どうしたら参加者がリラックスできる安全な場が作れるか」、「どうしたら参加者が対話のテーマに集中できるか」、「どうしたら参加者のオープンな姿勢が引き出せるか」、といったことを考えて、場作りを行っていくことが大切なのです。


(学)産業能率大学総合研究所では、こうした対話の場作りのポイントや、対話の場のファシリテーションを進めていくための方法などについて学ぶ公開セミナー「対話の場づくり ダイアログ・リーダー養成セミナー」も開講していますので、さらに詳しく学んでみたい方はご参考になさってください。


参考文献中根貢(2013)『ザ・ホスピタリテイ』産業能率大学出版部

各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録