総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

対話型コミュニケーションの方法論‐ホールシステム・アプローチ 【第3回 ~組織内コミュニケーションをデザインする~組織の中の「対話」の場づくり】

【第3回】対話型コミュニケーションの方法論‐ホールシステム・アプローチ

はじめに

第2回のコラムでは、「事実に対するお互いの考えや意味づけを相互に理解しあうプロセス」を重視する「対話型コミュニケーション」について解説しました。

人の行動は、その人が「事実」をどのように意味づけるかによって、その方向性が決められるという特徴があり、人の意識や行動を変えるためには、コミュニケーションを通じて「事実」を意味づけるプロセスを共有することが有用とされています。

「対話」とは、そうした「事実」に対する「意味づけ」の共有を促進するためのコミュニケーションの方法論なのです。

では、「対話」を促すために、どのような方法があるのでしょうか。

今回のコラムでは、その1つとして「ホールシステム・アプローチ」と呼ばれる対話型コミュニケーションの手法について紹介していきたいと思います。

Case:A大学のビジョン策定ワークショップ

2014年に学校創設100周年を迎えるA大学では、学校創設100周年記念事業の一環として、「みんなで描くA大学の未来」と題する対話型ワークショップが開催されました。

このワークショップには、A大学の現役の学生や教職員だけでなく、付属中学・高校の教職員や生徒、父兄、A大学の卒業生やA大学のある地域の住民、A大学と関係のあるさまざまな団体、企業の関係者など、A大学になんらかの関係のあるさまざまな方々が総勢500名以上も参加し、みんなで「A大学の未来」についての対話が行われました。

このワークショップで活用されたのが、「ワールド・カフェ」と呼ばれる手法です。

「ワールド・カフェ」とは、街中にある「カフェ」のような、オープンでリラックスした雰囲気の場の中で対話を行う手法で、1995年にアニータ・ブラウン氏とデイビッド・アイザックス氏が生み出したものとされています[1]。

「ワールド・カフェ」では、主催者(カフェ・ホスト)から提示される「問い」に対して、4~5人単位の小グループで話し合いを行っていきます。ただ、途中、メンバーの組み合わせを変えながら、話し合いを続けていきますので、最終的にはあたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られるとされています。

各テーブルには白紙の模造紙が置かれており、そのテーブルに座ったメンバーが話し合いの内容や話し合いながら気づいたことなどを自由に「落書き」していきます。

「ワールド・カフェ」では、人々の自由な関係性作りを促す、オープンでリラックスした場づくりに加え、対話を促すために適切な「問い」を設定することが重要とされています。

現役の学生や教職員、OB・OG、地域住民などが「A大学の未来」について皆で対話するA大学主催の「ワールド・カフェ」では、この日、3つの「問い」について話し合いが行われました。

最初の対話では「皆さんが考えるA大学の“強み”や“魅力”って何でしょうか?」という問いについて話し合いが行われました。

メンバーの組み合わせを変えて行われた2回目の対話では、「A大学の持っている“強み”や“魅力”を活かすと、地域や社会に対してどのような貢献ができるでしょうか?」という問いについて話し合いが行われました。

さらにメンバーの組み合わせを変えて行われた3回目の対話では、「100年後のA大学がいまよりももっと輝いている大学になっているとしたら、その時A大学はどんな姿になっているでしょうか?」という問いについて話し合いが行われました。

このワークショップに参加した参加者は、そのほとんどが初対面同士であったため、最初は緊張した面持ちの方も見られましたが、リラックスした場の雰囲気や、メンバーの組み合わせを変えながら対話が行われたことなどが功を奏し、対話が進むにつれて、参加者の多くが個々の問いについて積極的に自分の意見を述べるようになっていきました。

3つ目の「問い」についての対話の後、各グループでどのようなことが話し合われたのかが紹介されました。中には、A大学の100年後の姿を「絵」や「寸劇」で発表したグループもあり、発表は大いに盛り上がりました。

最後に、「A大学学校創設100周年記念事業プロジェクト」のリーダーを務めるA大学総長よりコメントがなされ、ワークショップは盛況のうちに終了しました。

4時間というという短い時間のワークショップでしたが、最終的には年齢や立場の違いを超えて、これからのA大学の100年に向けて、関係者の一体感が醸成されました。

参加者からも「A大学の魅力について再認識することができた」「A大学と自分のつながりを強く感じることができた」「一OBとしてA大学の発展にどのような貢献ができるかを考える、いいきっかけになった」など、肯定的な感想が多数寄せられました。

ホールシステム・アプローチとは

前述の「A大学ビジョン策定ワークショップ」は架空のケースですが、このケースのように、「ワールド・カフェ」などの手法を用いて、街や市、企業グループの今後のありたい姿を、さまざまな利害関係者が集まり話し合う対話型ワークショップは、現在多くの企業、地域、自治体等で行われています[2]。

こうした、「できるだけ多くの関係者が集まって自分たちの課題や目指したい未来などについて話し合う大規模な会話の手法」(香取・大川,2011,p.15)を総称して「ホールシステム・アプローチ」と呼称します。

「ホールシステム・アプローチ」にはさまざまな手法があり、その代表例に、前述の「ワールド・カフェ」や「AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)」、「OST(オープンスペース・テクノロジー)」、「フューチャーサーチ」などの手法があります。

これらの手法は、下図のように、①全体性を感じ取る②未来の可能性を思い描く③実現に向けた検討項目を洗い出す④行動計画を作成する、という4つの段階を経ながら、話し合いが進められるように標準プロセスが設計されています(香取・大川,2011,p.189)。

ホール・システム・アプローチの標準プロセス

ホールシステム・アプローチに共通する特徴

 これらの手法には共通するいくつかの特徴があります。

できるだけ多くの利害関係者を巻き込む

1つ目の特徴として、「対話のテーマに関係するできるだけ多くの多様な関係者を参加させること」が挙げられます。「ホールシステム・アプローチ」と呼称されるように、対話のテーマに関わる「全体システム(ホールシステム)」を巻き込みながら変革に向けた話し合いを進めていくことが志向されているわけです。

前述のケースで、A大学の未来の姿を考える際、A大学の現役の教職員だけでなく、A大学になんらかの関係を持つ方々も幅広くワークショップに参加させるようにしていたのはそうした理由からです。

対話(ダイアログ)を大切にしている

そして、どの手法も「対話(ダイアログ)」を大切にしていることが共通する特徴の2つ目に挙げられます。
「ワールド・カフェ」をはじめ、これらの手法は、参加者が投げかけられた「問い」について、自分の思っていることをオープンに話し、また、相手の考えを真剣に聴き、多様な考えを統合しながら新しいアイデアや発想を生成していくという点が共通しています。

ポジティブな思考や発想を大切にしている

 参加者相互の対話を促すためには、適切な「問い」が必要となります。

 前述のケースでも、3つの問いが参加者に投げかけられましたが、いずれの問いも参加者の前向きな発想を促すようなポジティブなものでした。

 「ホールシステム・アプローチ」の手法の1つである「AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)」という手法でも、問題解決に際し、組織や個人の問題点に着目するのではなく、自分たちが持っている「強みや価値(ポジティブコア)」、組織が本来持っている問題解決能力に着目し、それらを最大限発揮させることを大切にしているという点で、ポジティブな手法であると言えます。こうしたポジティブな思考や発想を大切にしている点が3つ目の特徴として挙げられます。

自主的・自律的な対話のプロセスを重視する

4つ目の特徴として、これらの手法は、ファシリテーターの介入がなくとも、各グループでの対話が自主的・自律的に運営されることを重視しているという点が挙げられます。

したがって、「ワールド・カフェ」でも、「OST(オープンスペース・テクノロジー)」でもワークショップをコーディネートするファシリテーターは、個々のグループで行われる対話への介入は必要最小限にとどめます。

参加者が自主的に話し合いを進めることで、投げかけられた問いに対して自分たちなりの意味づけを行うことができ、また、参加者が自分たちの見出した意味づけに納得することで、参加者の主体的な行動を自然に引き出すことができるという思想が前提にあります。

五感を重視する

A大学のワークショップでは、A大学の100年後の姿を「絵」や「寸劇」で発表したグループがありました。

このように、「未来の可能性」についてのイメージを表現する際、「絵」や「寸劇」、「物語」を活用するなど、ありたい姿を描く際には五感を重視した方法が活用される点も特徴の1つです。

「ワールド・カフェ」で、各グループの対話がなされる際、カラフルなペンを用いて、対話の内容を自由に「落書き」していくのも、そうした五感を重視していることの表れです。

おわりに

今回は対話型コミュニケーションの手法である「ホールシステム・アプローチ」について紹介し、その特徴について見てきました。

「対話」を促進するためには、こうした「ホールシステム・アプローチ」の各手法の内容や背景、設計思想についての理解が必要です。

また一方で、参加者に投げかける「問い」のデザインや、参加者がリラックスできるような「おもてなしの場作り」など、対話の場をデザインする際の観点についての理解も必要です。

次回は、こうした対話の場をデザインする際の観点について紹介していきたいと思います。


[1]「ワールド・カフェ」の詳細は、香取一昭・大川恒(2009)『ワールド・カフェをやろう! 会話がつながり、世界がつながる』日本経済新聞社.や、アニータ・ブラウン&デイビッド・アイザックス著、香取一昭・川口大輔訳『ワールド・カフェ カフェ的会話が未来を創る』株式会社ヒューマンバリュー出版.をご参照ください。

[2]たとえば、横浜市では2009年に横浜開講150周年を記念して「イマジン・ヨコハマ」というプロジェクトを実施し、その一環で、多くの市民が横浜の未来について語り合う大規模な「ワールド・カフェ」が開催されています。このプロジェクトの詳細は香取・大川(2011)をご参照ください。

参考文献香取一昭・大川恒(2011)『ホールシステム・アプローチ 1000人以上でもとことん話し合える方法』日本経済新聞社

各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。