総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「”話し合う”ということと幸福の関係」【Hapinnovation Lab Letter Vol.11】

「"話し合う"ということと幸福の関係」

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第11回目はどのような展開になるか?!

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員


ベイタ博士

さて、今回のテーマは、暮れのHapinnovation Labの忘年会で出た“話し合う”ということじゃったのう!
それにしても、忘年会は楽しかったのぉ!メイさんの一声で、かくも多くの人が揃うとは、流石じゃな。
さらに、宴会部長の洒落さんのお店のチョイスがこれまたたまらんのう!セブンさんの席替えの仕切りも流石だった!おかげで、わしゃあ、久々に合コンに出席したみたいな気になったワイ。
そうそう、洒落さんは、たまには研究会にも出て来ておくれな!

    ハピノ研究員

    ベイタ博士!関心ばかりしてないでくださいな。今回は、”話し合う“ということと幸福についてです。
    先月のスポーツジム話しやら合コン話しやら、最近のベイタ博士は、横道に逸れすぎです。

    さて、今回のテーマのことで、いつも関西から参加していただいているウエさんから質問がきていますので、まず、ウエさんにお話しを伺いましょう。

      ウエ

      ハピノさん、どうもありがとうございます。
      うちの会社は、規模も大きく、いろいろな考えを持った人が働いています。そのため、まとめるのが凄く大変です。
      その結果、組織全体が会議というと、“話し合う”というよりは、落としどころを先に決めて議論しているようなところがあります。むしろ上層部の意向を追認するだけの、いわゆる「アリバイづくり」の場を会議と呼んでいる風潮があります。

      実は、上層部もこの状況に危機感を持っており、ある役員には、「君たちは、僕たち役員の考えていること以上のことを提案できないのか?一体全体、どんな会議をやっているのだ?」といった厳しい指摘をされてしまっています。

      なんとか参加者が主体性を持った“話し合い”ができる場にしたいと願っているのですが・・・。
      うまい方法が知りたくて、なにかヒントをもらえないかと思い研究会に参加しています。

        ベイタ博士

        ウエさんが、遠くから参加してくれていることは知っておったが、そういう課題を持っていたんじゃな。
        最近、わし自身も顧問先で“会議がうまく機能しない”ということをよく聞くんじゃ。
        詳しく話を聞くと、会議はしている、それも以前に比べて多くの会社で会議は増えているようなんじゃな。
        しかしな、その会議が、一方的な伝達ばかりじゃというんじゃよ。これだけ、ICT(※1) が発達しているのに関わらず、伝達の会議が増えているのはどういうことじゃろうなぁ?

        そもそも企業は、何で会議を必要とするのじゃろう。そこをしっかりと考えなければならないのう。
        もちろん伝達ということも必要じゃろうが、企業内の会議の場は、意見のすり合わせの場であり、助け合うための調整の場であり、それはベクトルを1つにするための重要な行為じゃ。そして、問題解決の場でもある。会社に起こっている問題を皆で理解し、解決するための知恵を出し合う場じゃな。

        最近は、こういう課題が出ると、すぐに“会議の進め方”といったハウツーを欲しがる傾向があるが、“Hapi_Lab”では、そういう捉え方はしたくないのお。話し合うことの持つ意味をしっかりと噛みしめたいのじゃ。
        実は、わしゃあの、会議という言葉や議論という言葉はあまり好かんのじゃ。わしたちに必要なのは、「おしゃべり」や「対話」だと考えているんじゃ。

        確かハピノは、「対話」についてよく研修をやっていたな。ここで「対話」のことについて解説をしておくれ。

          ハピノ研究員

          はい、ベイタ博士!お任せください。ではまず、ベイタ、あっ違います“ベタ”なところからご説明しますね。

          (ベイタ博士の独り言・・・うん、最近のハピノは随分とおやじギャグを言うようになったのう、良いことじゃ!)

          まず、一言で“話し合い”といっても、「会話」「対話」「議論」など、いくつかの言葉があります。これらをどういう意味で使っているかを整理してみましょう。

          「会話(conversation)」は、人間関係を良好に保つためには欠かせない日常の中で自然にやりとりをするものです。2人あるいは小人数でする「おしゃべり」に近く、有益な情報が得られ、話がはずめば楽しいものです。

          そして、「対話」というと、単なるおしゃべりよりもきちんと向かいあって話すイメージですね!英語では、ダイアログ(dialogue)という言葉がよく使われています。
          ダイアログという言葉の語源は、ギリシア語の dialogos だそうですが、「dia (横切って)、 logue (話す)」という意味だそうです。「1対1のダイアログ」もあれば、「何人ものダイアログ」もあります。
          最近では、このダイアログをベースにして、企業内外で多様な利害関係者が話し合う技法としてホールシステムアプローチ (※2)という手法が開発されています。ワールドカフェ(※3)やフューチャーサーチ(※4)、OST(※5)などが使われています。

          「議論(discussion)」は、自分の説を述べ論じ合うこと、意見を戦わせること。英語のディスカッションの語源には、「物事を壊す」という意味があるそうで、分析し、解体する、創造的かつ建設的な議論からいろいろなものが生まれると言われています。

          私は、ベイタ博士同様、改めて「対話(ダイアログ)」を重視するべきではないかと考えています。というのは、昨今は、経営活動のスピードがあがっている中で、悠長に話し合うことが難しくなっており、その結果として、ウエさんがおっやるような状態が発生してしまっているように感ずるからです。

            オコタ

            ハピノ先生、ちょっと口を挟んで良いですか?年明けのEテレで「白熱教室!幸福学」(※6)が放映されていましたが、そのなかで、ロバート・ビスワス=ディーナー博士が、「人と良いつながりを築ける人は幸福度が高い」と言っていました。
            今回のテーマに近づけて言うならば、「よい“話し合い”ができて、よいつながりを築けるならば幸福度が高まる」ということですか?

              ハピノ研究員

              あら、オコタさん、鋭いわねぇ~。そうなのよね、話し合うことは、人とのつながりを築くことの第一歩ですから。幸福という点で実に大切よね。

              私が「対話」に注目しているのは、“お互いの「前提の理解」を大切にする”ということと、「対話」を通じて、“心理的な社会的経験”を積むことができるということです。
              前者は、一緒に働く仲間の意見の背後にある考え方を理解することです。後者は、オコタさんのいうこと、つまり幸福ということと実に密接な関係を持ちます。
              社会的経験というのは、共働体験、つまり協力し合って何かを成すような体験のことを指しますが、人は、この社会的経験に対し、高い幸福感を感ずるのです。
              そして、「対話」の真骨頂は、話し合う中で、この社会的経験に到達することができるという点にあるのです。

                ウエ

                ハピノ先生!ありがとうございます。

                (オコタ:そうなんだ、社会的経験なんだ!)

                「会話」「対話」「議論」の3つの違いがよく分かってきました。すごく「対話」に興味がわきます。うちに欠けているのは、この「対話」のような気がします。
                「対話」は、どのような進め方をすれば良いのですか?

                  ハピノ研究員

                  はいウエさん、分かりました!対話の意味をもう少し深くご理解いただくためのお話しをさせていただきますね。

                  たとえば、数人で「最近、仕事ってなんだろうと考えてしまうんだよね」という「会話」を始めたとします。そして、それをきっかけに、「仕事ってなんだろう?そもそも仕事の意味ってなに?」といった「対話」に進みます。この手のテーマでは、皆、何かしらの持論を持っているわけですから、持論を披露するわけです。
                  そして、皆で“ああでもない、こうでもない”と話し合っているうちに、「なるほど」「それは良い視点だ」という皆が納得するような新たな考えかたが飛び出してきます。それが「対話」なのです。
                  すぐに結論が飛び出してくるわけではありません。何回か「対話」を繰り返していくなかで、一人ひとりが、相互の意見の違いの中から何かを発見していく、あるいは新しい共通の意味を見出していくというプロセスが生まれます。これこそが、まさに「対話」なのです。

                  この、それぞれが自分にとっての意味を発見するということが大切です。
                  一方的に説明されたのと、自ら考えて発見したのでは、腹落ちが違います。人は自ら参加しないものには納得がなかなかできません。納得すれば決意して行動しようとします。
                  つまり、腹に落とすためには参加が重要なのです。自分で考える、みんなで一緒に考えるプロセスが納得を生みます。一緒に創るというプロセスが大事なのです。
                  これは、まさに社会的経験で、幸福感の向上にも繋がるのです。

                    ベイタ博士

                    どうじゃ、ウエさん、理解は深まったかな?ハピノや、ありがとう!

                    ここで「対話」を進めるにあたって注意しないといけないことをわしから伝えよう。
                    まず、理解して欲しいのは、最初にも触れたが、対話はハウツー的なスキルではないということじゃ。態度・姿勢じゃな。
                    だからして、1.偏見をもたない、2.自分の意見を押し付けない、3.相手の話によく耳を傾ける、ということが大切じゃ。習慣にしなけりゃいかんぞ!話し合いのときだけ良い人ぶっても駄目じゃからな!

                    そのうえで、対話だけが大切なわけではなく、やはり、議論も必要じゃな。しかしな、今回特に理解して欲しいことは、対話という前提を踏まえずに議論をすると、結局は押しつけになり、ウエさんの会社のような会議になってしまうんじゃ。

                    そこでな、対話を大切にすると共に、議論の際には、1.話しあう「内容」(コンテンツ)、2.話し合いの合理的な「進め方」(タスクプロセス)、3.話し合いの情的「進め方」(メンテナンスプロセス)、3つを大切にしてみてはいかがかな。

                    これは、組織づくりや職場づくりに有効な、組織開発(OD)で重視されていることなのじゃ。特に大切なのは、3.の話し合いの情的「進め方」の部分じゃ。
                    これは、話し合っているプロセスで、一人ひとりがどのような感情を抱いているのか、あるいはどんな前提で意見を言っているのか・・・というようなことになるのじゃが、そこを相互に尊重しあうことで、対話的な議論、つまり率直で深い話し合いになるんじゃ。

                      (図1)タスクプロセスとメンテナンスプロセス

                      さてさて、次回はいよいよ最終回じゃ。テーマはどうするのじゃったかな・・・ハピノや。

                        ハピノ研究員

                        そう、もう最後ですね・・・、寂しいですわ。もっと続けたいものですね・・・。そういっても約束ですから仕方ありません。

                        さて、最終回は、オコタさんの提案で、皆さんが振り返り講義をしてくださるそうです。
                        第1回から11回までの総集編ということになるのかしら・・・。

                          ベイタ博士

                          面白そうじゃのう。
                          そうそう、自分は新参者ですから・・・っと、発言を控えておったジュリーにも振り返りはお願いしようかの・・・。

                            参考書籍

                            「対話する力」中野民夫/堀公俊(著)

                            「ワールド・カフェ~カフェ的会話が未来を創る~」アニータ ブラウン他 (著), 香取 一昭 / 川口 大輔

                            ※1ICT:Information and Communication Technologyの略。情報通信におけるコミュニケーションの重要性をより一層明確化することを主眼として「IT」を「ICT」の表現に置き換えている。
                            ※2ホールシステムアプローチ: できるだけ多くの関係者が集まって自分たちの課題や目指したい未来について話し合う会議手法の総称。ワールドカフェやOSTなどもこのホールシステムアプローチの手法の1つである。
                            ※3ワールドカフェ:Juanita Brown(アニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱された、カフェにある空間で知識や考え方を共有し、相互理解を深めるコミュニケーション技法。
                            ※4フューチャーサーチ: Marvin Weisbord(マーヴィン・ワイスボード)氏とSandra Janoff(サンドラ・ジャノフ)氏によって開発された会議の手法。利害関係者を集め、過去・現在・未来についてのダイアログを行い、参加者全員が納得できる共通の価値の発見と、その実現のためのビジョン、実行計画、実行チームづくりまでを行います。
                            ※5OST:オープンシステムテクノロジーチ:Harrison Owen(ハリソン・オーエン)氏によって1985年に開発された会議の手法。参加者が解決したい課題や議論したい課題を自ら提案し、参加者が納得できる合意に到達することを大切にする。個人や組織の持つ自己組織化能力を活用することを重視している。
                            ※6白熱教室 幸福学: NHK Eテレ(旧 教育番組)で、2014年1月3日より、毎週金曜日に5回にわたって放映された。


                            ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                             「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                            ページ先頭へ

                            • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                            • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                            • デジタルカタログはこちらから
                            • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                            • 総合研究所 経営管理研究所
                            • グローバルマネジメント研究所
                            • サンノーWebサポート
                            • SuperGrace Web成績管理システム
                            • マナビバサンノー
                            • sannoメール登録

                            他のコンテンツを見る

                            SANNOが大切にしている活動スタンス
                            理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
                            人材育成・研修 用語集
                            人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。