総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

技術・マネジメント関連用語解説-ICT編-

索引

用語解説

C言語

C言語とは、オペレーティングシステムなど制御プログラムを記述するのに適したプログラミング言語の一つ。米AT&Tベル研究所のDennis M. Ritchie氏 とBrian W. Kernighan氏が開発した。後に、ANSI(米国規格協会)とISO(国際標準化機構)で規格化されている。

ページ先頭へ

Java

Javaとは、オブジェクト指向プログラミング言語の一つ。米サン・マイクロシステムズが開発した。Java言語で記述されたプログラムは、実行時にはオペレーティングシステムや機種に依存しない中間コードを経由して実行されるので、実行環境が装備されている全てのプラットフォームで同様に動く。この「マルチプラットフォーム対応」が大きな特徴となっている。

ページ先頭へ

SaaS: Software as a Service

SaaSとは、ソフトウェアの機能をネットワーク経由で提供する仕組み、あるいはその仕組みを利用した提供形態のこと。いわゆるパッケージソフトウェアとの対比で語られることが多く、「必要な機能だけをネットワーク経由で利用することができ、しかも使用した分だけ費用を払えば良い」というメリットが強調される。

ページ先頭へ

SAP

SAPとは、独SAP社が開発・販売するERPソフトウェアを中心とする統合ビジネスアプリケーションスイート(特定用途向けに一まとめにされたソフトウエアパッケージ)の名称。SAPの由来は"Systems, Applications, and Products in Data Processing"である。ERP/SCM/CRMを中心に多くの企業に採用され、ERP系のパッケージソフトウェアとしては、国内第一のシェアを持つ(2010年時点)。

ページ先頭へ

SNS: Social Networking Service

SNSとは、人と人とのつながりをコミュニティに発展させ、ネットワーク上で拡げていくことをねらいとしたサービスを指していう呼称。 ほとんどの場合、Web上のサービスとして提供される。Facebook、mixi、twitterなどが有名(2012年時点)。

ページ先頭へ

SOA: Service Oriented Architecture

SOAとは、情報システムをサービスの集合体として捉えて構築しようとする考え方。ソフトウェアやハードウェアといった製品の視点から捉える従来の考え方とは違い、必要な機能を必要なだけ組み合わせてシステム構築を行おうとするアプローチをとる。

ページ先頭へ

UML: Universal Markup Language

UMLとは、オブジェクト指向技術に基づいて、ビジネスシステムや業務の流れなどを図解・分析する際に使われるモデリング言語のこと。UMLが定めているモデルには、①ユースケース図、②クラス図、③シーケンス図、④ステートチャート図、⑤アクティビティ図、⑥コラボレーション図、⑦コンポーネント図、⑧配置図などがある。

ページ先頭へ

XML: eXtensible Markup Language

XMLとは、文書情報などの言語仕様を定義するための言語のこと。マークアップ言語の一種で、WWWコンソーシアム(W3C)がSGML(standard generalized markup language)をベースに標準化した。異機種間のデータ連携やデータ表現フォーマットの事実上の標準(デファクトスタンダード)である。

ページ先頭へ

アジャイル開発

アジャイル開発とは、定められた期間の中で要求や条件の変化に柔軟に対応できるよう、「俊敏さ」を重視したソフトウェア開発手法の総称。提唱者たちによるアジャイル宣言では、プロセスやツールよりも個人の相互作用に、包括的なドキュメントよりも動作するソフトウェアに、契約交渉よりもユーザーとの協調に、計画に従うよりも変化に対応することに、より高い価値をおくことが掲げられている。
【参照文献:情報・通信用語大辞典(日経BP編)】

ページ先頭へ

クラウドコンピューティング(cloud computing)・クラウド(cloud)

クラウドコンピューティングとは、これまで自前のサーバーや手元のコンピューターで行っていた処理が、インターネット上のサービスを利用することで、代替可能になるという考え方をいう。クラウドとは、その際に利用されるネットワーク上のサービス群を指して言う。グーグルCEOのエリック・シュミット氏が2007年に提唱した。

ページ先頭へ

デバッグ(debug)

デバッグとは、ソフトウェアの開発工程において、欠陥(不具合)を取り除く作業のこと。コンピュータプログラムに紛れ込んだ欠陥を虫(bug)になぞらえ、それを除去するという意味で、この言葉を使う。

ページ先頭へ

ミドルウェア(Middleware)

ミドルウェアとは、オペレーティングシステムとアプリケーションの中間に位置し、その仲立ちをするソフトウェアの総称。アプリケーションに対してオペレーティングシステムよりも高度で具体的な機能を提供する。アプリケーション間連携ソフト、データベース管理システム、トランザクション処理モニター、通信ソフトなどがこれにあたる。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム