総合研究所について

仕事の生産性を高めるマネジメント

本書では、個人と組織が一体となって、継続的に生産性を向上していくことのできる“人財”について提唱しています。

何が生産性向上の決め手となるのか

出版社:産業能率大学出版部
価格:2,000円(税抜)
編著者:(学)産業能率大学総合研究所生産性向上研究プロジェクト
備考: 187 頁/ 2010年 7月

本書は主としてマネジャーの方を対象に「組織としての生産性向上に貢献するためのマネジメントの考え方・方法論」について、産業能率大学の創立者である上野陽一先生が提唱された「能率10訓」を基本コンセプトにして紹介しています。

主な内容は、生産性向上を追求するマネジメントに必要な次の5項目です。

(1)生産性の考え方・心得を理解する…「能率10訓」
(2)会社の成績を知る…「決算書」
(3)業務を見直し、仕分けをする…「見える化」「ムダ・ムリ・ムラ」
(4)改善手法を活用し、実行する
(5)メンバーを育成・支援する

こうしたことを理解し、「組織の全体最適を考えた上で部分最適の追求ができる人」になることをめざします。
仕事の生産性を高めるマネジメント

主な内容

第1章:生産性向上はなぜ必要か
第2章:生産性向上と能率10訓の実践
第3章:生産性向上のための経営指標
第4章:生産性向上へのアプローチ
第5章:生産性向上のためのマネジメントのあり方