消費生活アドバイザー 2019年度学習のコツまとめvol.2「試験直前期の効果的な学習方法」

竹内 夏奈

資格講習会講師が伝える学習方法

消費生活アドバイザー 竹内 夏奈

学校法人産業能率大学総合研究所
資格講習会講師


消費生活アドバイザー資格試験を受験される皆さん、1次試験まであと1ヵ月ほどになりましたが、学習は順調に進んでいますか?
季節の変わり目ですので、体調管理には十分気をつけて学習を進めてください。

さて、今回は「試験直前期」の学習方法について、3つのポイントをお伝えします。

テキストの総復習

消費生活アドバイザー資格試験の1次試験は幅広い分野から出題されますが、その中で例年出題数が多い分野は消費者問題、経済一般知識、法律知識、企業経営一般知識です。

そのため、これらの分野で確実に点数を稼ぐことが合格に繋がります。もし、これらの分野でまだ不安な部分がある場合には、真っ先に取り組みましょう。

次に、全ての分野の総復習をしましょう。これまで学習してきたテキストなどを見直し、あやふやな部分の理解に努め、最後に暗記すべきところを確認しましょう。アンダーラインや補足説明で埋め尽くされたテキストは、皆さんの強い味方になるはずです。

直前に見直すページに付箋を貼っておくなど、試験前日、試験当日に確認するポイントを決めておくと安心できます。

過去問題を徹底攻略

テキスト等で学んだ知識が、実際の試験ではどのように問われているのか、過去問題を繰り返し解いて確認しておきましょう。実際の試験では、事例問題や分野をまたいだ出題、引っ掛け問題も出題されます。直近3、4年分くらいの過去問題に取り組むことで、出題傾向に慣れることが肝心です。

特に法律の事例問題は、テキストを読んで学習しているだけでは、なかなか正解にたどりつくことができません。

感覚で解くのではなく、事例の中のどの部分が、どの法律に基づいているのか、そして間違っているところがあるのか、ないのかを正しく判断できるようにならなければなりません。それができるようになるには、ある程度の練習が必要です。解説をじっくり読んで、正しく判断するためのコツを摑みましょう。

そして、過去問題で時事問題に当たった時は、最新情報へアップデートしておきましょう。消費生活相談の件数や、消費生活センターの数などは頻出です。消費者庁ホームページの「消費者白書」などで確認をしておきましょう。

模擬試験で実力チェック

模擬試験では、その年の時事問題を含めた予想問題など、最新のトピックや要点となるテーマが出題されます。最後の実力チェックとして、ぜひ活用されることをお勧めします。そして、ここで解けなかった問題は試験までの期間で必ず復習をしておきましょう。

試験当日までまだまだ点数を伸ばすことは可能です。模擬試験の点数に一喜一憂するだけでなく、残りの期間でどれだけ点数を伸ばせるかを考えましょう。

また、模擬試験は実際の試験と同様に多くの受験者が集まる会場で、時間を計って実施します。試験の雰囲気に慣れ、時間配分を確認しておくことも大切です。

1次試験突破を願っています

1次試験が近づき焦りが出る頃かもしれませんが、これまでの努力を思い出し、最後まで諦めずに頑張ってください。皆さんの合格を心から願っています。

1次試験免除の方へ

1次試験免除の方は、12月の2次試験に向けて、本腰を入れて対策を進めましょう。昨年の試験を振り返り、何が自分に足りかなったかを見極めてください。

今年こそは準備万全で試験に臨めるよう、多くのテーマについて研究をしておいてください。


この記事は、雑誌「消費と生活9・10月号に掲載されています。( 公式Webサイト )」