ラーメン学

2019/01/22(火)開講

日本の国民食「ラーメン」を食べる学ぶ

今や日本の国民食といえるラーメン。昨今では、ラーメン店を訪れる外国人の姿も目立ちます。

本講座では、そんなラーメンの歴史を体系化し学問としてラーメンを学ぶことを提案します。一口にラーメンと言っても店舗のラーメン、インスタントめん、イベントラーメン。醤油に塩に味噌に豚骨に、中華そばにつけ麺に油そば。ラーメンは非常に多種多様な世界です。好みが細分化され、個性や多様さが求められる現在、ラーメン好きならずとも、ビジネスや生活のヒントに役立つことでしょう。

定員になり次第受付を終了します。

こんな方にオススメ

  • ラーメンが好きな方
  • ラーメン店の経営者・関係者
  • 飲食のビジネスに関わる方

どんなことが学べる?

ラーメンが国民食になるまでの歴史や、過去10年でのラーメン業界の変遷、人気店の系譜をひもときます。

また、ラーメンから派生したつけ麺流行の理由、これからのラーメンの進化など、「ラーメン」を学問としてとらえ、体系的に学びます。

講座の詳細

講座 ラーメン学
開催日 2019年01月22日(火)
会場 産能セミナールーム 東京駅サピアタワー教室
開催時間 19:00-21:00
講師 株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 ラーメン評論家
大崎 裕史(おおさき ひろし)
講師プロフィール 株式会社ラーメンデータバンク取締役会長 ラーメン評論家 ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。最盛期は1日17万PVとラーメンサイトとしては異例の人気を博し、ラーメン雑誌やテレビに出演。2005年にラーメンデータバンクを設立。毎年750~800杯のラーメンを食べている。2018年4月までにラーメン25,000杯を食破!
参加費(税込) 5,000円