通信研修総合ガイド2018
69/428

対象者対象者管理者(課長)クラスおよびその候補者受講期間受講期間3か月在籍期間 6か月特 別受講料特 別受講料21,600円一般受講料 27,000円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・3冊・別冊・・・・・・・・・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・3回リポートの種類1.マネジャーの視座と役割2.人材の育成と活用3.マネジャーの問題解決人の育成・活用役割の認識マネジメントの実践的理論を体系的に学習!仕事の問題解決《テキスト誌面イメージ》44職場において、方向づけと動機づけをうまく行うには、まず職場構想をまとめ、職場のメンバーと共有することがポイントとなります。(1)職場の仕事を定義し直す経営学者・思想家として著名であったP.F.ドラッカーは、その著書の中で以下のように述べています。皆さんは、自職場の仕事について、「何が目的か.何を実現しようとしているか.なぜそれを行うか」、信念をもっていますか? また、その信念を、職場のメンバーと共有していますか? もし信念が不明確ならば、一度、自職場の仕事を定義し直してみてはどうでしょうか。職場構想の構築と共有1マネジメント活動の7つの要件2節メンバーの活動に方向づけと動機づけをうまく行うには、「マネジメント活動の7つの要件」を実行してみることが大切です。本節では、前節で挙げた7つの要件について、1つひとつ確認します。ここで学ぶこと組織で働く者は、優れた仕事を行うために、自らの組織の使命が社会において重要な使命であり、他のあらゆるものの基盤であるとの信念を持たなければならない。この信念がなければ、いかなる組織といえども、自信と誇りを失い、成果を上げる能力を失う。知識労働の生産性の向上を図る場合にまず問うべきは、「何が目的か.何を実現しようとしているか.なぜそれを行うか」である。手っ取り早く、しかも、恐らく最も効果的に知識労働の生産性を向上させる方法は、仕事を定義し直すことである。**P.F.ドラッカー著、上田惇生編訳『プロフェッショナルの条件』ダイヤモンド社2000より引用45第2章 成果につながるマネジメント(2)職場構想を掲げるしかし、仕事を定義し直すといっても、思いついたことを書き出しただけでは、職場のメンバーと共有するのに十分とはいえません。そこで、自職場の仕事を定義し直す際には、職場構想としてまとめるとよいでしょう。職場構想とは、職場で中長期的に実現していきたい事柄について、ミドルマネジャー自身の考えを組み立てた内容のことです。それは、図表2-4に示すように、ミッション、ビジョン、さらに行動指針を加えて、3つの項目でまとめると説得力のあるものとなります。ミッションとは、「その職場が何のために存在するのか」を示したものであり、「その職場の存在意義」を表現したものを指します。ドラッカーの言葉を借りれば、「何が目的か」を明らかにしたものです。ビジョンとは、「職場のあるべき姿」のことです。ドラッカーのいうところの「何を実現しようとしているか」を明らかにしたものです。ミッションとビジョンをまとめる過程では、「なぜそれを行うか」ということを、職場を取り巻く状況との関係から明らかにする必要もあります。また、さらに職場のメンバーが従うべき行動指針も加えることで、職場構想はより分かりやすいものとなります。職場構想の構築と共有は、メンバーの活動に方向づけと動機づけを与えることになるでしょう。図表2-4職場構想に含むべき3つの項目ミッション行動指針何が目的かなぜそれを行うかビジョンう何を実現しようとしているかとしているか職 場 を 取 り 巻 く 状 況職場構想コースのねらいマネジメントの実践的な知恵を身につけます。●管理者必須のマネジメント知識を習得します。●人と仕事のマネジメントの実践的な知恵を身につけます。特 色●マネジメント理論・知識を体系的にまとめた3分冊で、管理者に欠かせない知識や考え方を効率的に学習できます。●図表やイラストを多用したテキストで、分かりやすく解説しています。カリキュラム1マネジャーの視座と役割① マネジメントとは何か② 成果につながるマネジメント③ 組織と人間のとらえ方④ ミドルマネジャーのリーダーシップ2人材の育成と活用① 人材育成の基本知識② 人材育成の進め方③ 動機づけの図り方④ 職場労務管理のための基礎知識3マネジャーの問題解決① マネジメントと問題解決② 問題解決の進め方③ 問題解決のための思考法④ 問題解決の手法別冊管理者のためのコンプライアンスコンプライアンスの基礎知識と管理者の役割を分かりやすく解説しています。※このコースは「4.理論と実践で学ぶマネジメント」(4~6分冊、別冊)と共通の教材を使用しています。eTexteTexteTexteTextマネジメントの必須知識を体系的に習得するマネジメントのセオリーを知らずして、よいマネジメントは実践できません。このコースでは、リーダーシップ、組織、部下育成、問題解決など、実際にマネジメントを展開する上で役立つ知識やノウハウを体系的に学習していきます。5コースコードB361▶中級管理者(課長)クラスマネジメントの実践知識■主な対象者内定者・新人一般・中堅主任・係長課長部長マネジメント次世代リーダー職 能 別語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキル資格試験情報マネジメント(階層別)パソコンスキル67

元のページ  ../index.html#69

このブックを見る