通信研修総合ガイド2018
389/428

Q受講するコースを決めるにあたり、手がかりがほしいのですが。A『通信研修総合ガイド』および本学ホームページにてコース詳細をご覧いただけます。本学ホームページではテキスト見本や添削見本も確認できます。本学アドバイザー経由でモニター受講も承りますので、お気軽にお問い合わせください。人材育成担当者の声約10年ぶりに通信研修の自己啓発制度を導入しました。運用経験のある者が一人もおらず不安でしたが、インターネットでの募集システムの提供をはじめ、募集や運用上の工夫を一緒に細やかに考えていただき、スムーズに導入と運用を行うことができました。募集も、ポイントを押さえた情報提供のおかげで初年度から高い受講率を達成することができました。(製造業)導入準備募集とPR開講と学習管理振り返りと実務への橋渡し育成実施上の条件の確認・整理育成方針・目的の確立採用コース選定運用方法決定 対象者への周知学習&リポート提出振り返りと実務の場での実践振り返り・実践の場の設定お申し込み(取りまとめ・送付)次期学習計画策定奨励金の支給・人事データベースへの記録受講スタート受講修了通信研修活用形態の検討募集とPR方法の検討募集お申し込み受講料のお支払い学習の進捗確認指名受講型自己啓発型運用ガイドサービス概要・運用規約本学事業案内索 引□受講対象者を選考する□導入コースを選定する□受講者へ受講意義を説明する◆学習する人とコースを決める□受講対象者の上司・部門長への説明、 受講への理解、支援の要請◆受講者への支援体制を整える□スケジュール(開講時期など)を設定する□修了基準を確認する◆学習の進め方を決める●送付物●お支払い方法●費用補助●受講促進・修了促進・実践促進の準備□受講を促す施策の準備□学習結果を仕事に生かす段取り□修了を促す施策の準備□継続的な学びを促す段取り□受講者へ直接………□直接産能大へ提出…□受講者へ直接………□受講者へ直接………教材の送付先……………リポート提出先…………添削結果の返却方法……修了証の受領方法………□担当者経由□担当者経由□担当者経由□担当者経由導入時申込時修了時□申込時に補助(□全額 □一部)□一括申込(全額企業(団体)負担)□企業(団体)□受講者□修了時に補助(□全額 □一部)など□紹介するコース(群)を選定する□受講者へ実施意図を説明する◆コースを決める□グループ受講を勧める(支援する)□上司やメンターからの支援を促す◆受講者への支援体制を整える□募集(受講申込)方法を決定する ・パンフレット/Webの効率的な使い分け□申し込み取りまとめの方法を決める□受講申込(開講)スケジュールを決める□社内周知の段取りを組む ・社内ネットワークでの告知 ・ポスター掲示 ・メール◆募集の進め方を決める・受講登録のお知らせ送付先・成績の報告先※その他、組織内での検討事項※通信研修活用形態の詳細は、次ページにてご紹介します。通信研修活用形態の検討/採用コース選定3ご希望の通信研修の活用形態は、指名受講型ですか、自己啓発型ですか?具体的な運用方法の決定4実施へ向けて動き始める前に、実際の活動を見通して段取りをしておきましょう。グループ学習企業事例など、Webでご紹介しています!◆学習する人とコースを決めるご希望の通信研修の活用形態は、指名ToDoチェックリスト<指名受講型>決まった対象者に特定のコースの受講を指示(推奨)する形態です。◆コースを決めるですか、自己啓発型ですか?◆名受講型でToDoチェックリスト<自己啓発型>受講可能なコースラインアップを用意し、希望者が任意で受講する形態です。受講者の仕事に関連の強いコース興味をもたれているコースコース別に補助率設定も有効メール文例集などご提供しています受講者の仕事に関連の強いコース学習の進めやすさに影響します387

元のページ  ../index.html#389

このブックを見る