通信研修総合ガイド2018
370/428

資格とその概要・主な受験資格試験の概要・試験時期受験者数/合格者数/合格率コース紹介P.衛生管理者労働者の衛生に関わる技術事項を管理する役割を持ち、常時50人以上の労働者を使用する事業場においては、労働者によって所定数の衛生管理者をおくことが法律で義務づけられています。「第1種」「第2種」は、業種区分によって分かれています。「第1種」は、全業種が対象とされ、「第2種」は農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業を除く業種が対象となります。■主な受験資格次のいずれかに該当する者1. 学校教育法による大学または高等専門学校を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した者2. 学校教育法による高等学校または中等教育学校を卒業した者でその後3年以上労働衛生の実務に従事した者3. 船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者4. 10年以上労働衛生の実務に従事した者 ほか■試験科目「第1種」労働衛生、労働生理、関係法令「第2種」第1種のうち、有害業務に係わるものを除く■試験地全国7ブロックの安全衛生技術センター北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州■問い合わせ・申し込み先(公財)安全衛生技術試験協会東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館9FTEL.03(5275)1088http://www.exam.or.jp/■受験受付試験日の2か月~14日前(消印有効)■試験毎月1~4回■第1種受験者:61,500名合格者:28,003名合格率:45.5%■第2種受験者:29,186名合格者:16,189名合格率:55.5%(平成28年度)313メンタルヘルス・マネジメント検定働く人たちの「心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)」への関心が高まっています。大阪商工会議所が主催するこの検定試験は、人事労務管理の観点と心の病を未然に防ぎ、健康を増進することに重きを置き、企業・団体内の各階層の方々に必要なメンタルヘルス対策の知識・技術・態度を習得していただくためのものです。「Ⅰ種(マスターコース)」は社内のメンタルヘルス対策を推進する人事労務担当・管理者、経営幹部の方、「Ⅱ種(ラインケアコース)」は部門内や部下のメンタルヘルス対策を推進する管理職・管理監督者の方、「Ⅲ種(セルフケアコース)」は自らのメンタルヘルス対策を推進する一般社員・新入社員の方を、それぞれ対象としています。■主な受験資格どなたでも受験できます。■試験地札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡■問い合わせ・申し込み先大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定試験センターTEL.06(6944)6141http://www.mental-health.ne.jp/■受験受付「Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種」8月下旬~9月下旬「Ⅱ・Ⅲ種」1月上旬~2月上旬■試験「Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種」11月上旬「Ⅱ・Ⅲ種」3月中旬■Ⅰ種受験者:1,610名合格者:296名合格率:18.3%(平成28年11月)■Ⅱ種受験者:9,607名合格者:6,521名合格率:67.9%(平成29年3月)■Ⅲ種受験者:4,209名合格者:3,367名合格率:80.0%(平成29年3月)3143級FP技能検定FPの入門資格です。ライフプラン、資産運用、税金、不動産、相続といった事項についての基礎知識が問われます。試験は日本ファイナンシャル・プランナーズ協会と金融財政事情研究会がそれぞれ実施しており、実技試験の科目が異なります。ここでは前者の検定(実技試験は資産設計提案業務)を記載しています。■主な受験資格FP業務に従事している者または従事しようとする者■試験科目学科試験(筆記試験、マークシート形式)実技試験(筆記試験、記述式)■試験地全国各都道府県■問い合わせ・申し込み先日本ファイナンシャル・プランナーズ協会東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5FTEL.03(5403)9700http://www.jafp.or.jp/■受験受付11月上旬~12月上旬、3月中旬~4月上旬、7月上旬~下旬■試験1月、5月、9月日本FP協会の実施試験結果■学科受検者:15,609名合格者:11,218名合格率:71.87%■実技(資産設計提案業務)受検者:13,810名合格者:11,902名合格率:86.18%(平成29年5月)3152級FP技能検定(兼AFP資格審査試験)FP技能士の中級資格です。試験は日本ファイナンシャル・プランナーズ協会と金融財政事情研究会がそれぞれ実施しており、実技試験の科目が異なります。ここでは前者の検定(実技試験は資産設計提案業務)を記載しています。この2級FP技能検定に合格後、「AFP認定研修の受講・修了」し、「所定期限内に日本FP協会に登録」すると、AFP資格が取得できます。■主な受験資格(1)日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者(2)3級の技能検定に合格した者(3)2年以上の実務経験を有する者■試験科目:学科試験(筆記試験、マークシート形式)実技試験(筆記試験、記述式)■試験地:全国各都道府県■問い合わせ・申し込み先日本ファイナンシャル・プランナーズ協会東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5FTEL.03(5403)9700http://www.jafp.or.jp/■受験受付11月上旬~12月上旬、3月中旬~4月上旬、7月上旬~下旬■試験1月、5月、9月日本FP協会の実施試験結果■学科受検者:18,015名合格者:7,465名合格率:41.44%■実技(資産設計提案業務)受検者:13,197名合格者:6,175名合格率:46.79%(平成29年5月)315資格試験情報※詳細については、各実施団体にお問い合わせください。マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)368

元のページ  ../index.html#370

このブックを見る