通信研修総合ガイド2018
367/428

資格とその概要・主な受験資格試験の概要・試験時期受験者数/合格者数/合格率コース紹介P.日経TEST日経TESTは日本経済新聞社と日本経済研究センターが主催するテストで、正式名称を「日経経済知力テスト」といいます。TESTは経済知力テストを英訳した「Test of Economic Sense and Thinking」の略称です。日経TESTは、ビジネスの世界に入ろうとしている方々から、ビジネスの世界ですでに活躍中の方々まで、ビジネスに携わる全ての方々を対象に、経済の「基礎知識」「実践知識」「視野の広さ」に加え、「知識を知恵にする力」「知恵を活用する力」という経済知力がどの程度備わっているかを測ります。■主な受験資格どなたでも受験できます。■出題範囲経済・ビジネスの基礎、金融・証券、産業動向、企業経営、消費・流通、法務・社会、国際経済など幅広い範囲から出題。問題はすべて四肢択一のマークシート形式。■試験地全国主要都市■問い合わせ・申し込み先日経TEST運営センターTEL.03(5577)9741http://ntest.nikkei.jp/■受験受付試験日の約3か月~2か月前(日経TEST運営センターに確認のこと)■試験6月(予定)、11月(予定)日経TESTの成績は1000点を上限とするスコアで表示しています。受験者:(延)約160,000名平成27年受験法人(延):約500社(平成28年12月)206サービス接遇検定サービス接遇実務について理解を持ち、そのサービスを行うのに必要な知識、技能を持っているかを測る試験で、級位には3級、2級、準1級、1級があり、それぞれの級位によって、必要とされる技能の段階に違いがあります。■主な受験資格どなたでも受験できます。■出題範囲Ⅰ.理論:サービススタッフの資質、専門知識、一般知識Ⅱ.実技:対人技能、実務技能に関する五肢択一のマークシートと記述問題の筆記試験。24問のうち4問が記述問題。時間は100分。■試験地札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡ほか■問い合わせ・申し込み先(公財)実務技能検定協会東京都新宿区高田馬場1-4-15TEL.03(3200)6675■受験受付試験日の約2か月~1か月前(約1か月間)■試験6月、11月の年2回実施■2級受験者:10,306名合格者:5,989名合格率:58.1%(平成29年6月)228生産士生産士は1~4級の4つの資格について(学)産業能率大学が認定するものです。各級の認定基準は以下のとおりです。1級:設計から製造までの一貫した生産管理ができる2級:調達から製造までの一貫した製造管理ができる3級:製造活動を構成する作業職場の管理ができる4級:作業活動の管理ができる■主な受験資格受験対象級に関して産業能率大学が実施する生産士1級~基本通信講座を修了後、3年以内が条件。■試験科目各級の通信講座4科目■試験地東京、名古屋、企業内実施■問い合わせ・申し込み先(学)産業能率大学 生涯学習センター東京都世田谷区等々力6-39-15TEL.03(3704)9113http://www.hj.sanno.ac.jp/cp/page/9381■試験①東京、名古屋(11月)②企業内実施(随時)■1級受験者:249名合格者:101名合格率:40.6%■2級受験者:416名合格者:247名合格率:59.4%■3級受験者:518名合格者:297名合格率:57.3%■4級受験者:138名合格者:120名合格率:87.0%(平成28年度)239・240物流技術管理士補物流の生産性向上を目指して設立された(公社)日本ロジスティクスシステム協会が実施する資格です。■主な受験資格通信研修「物流の仕事がわかるコース」と「物流技術を極めるコース」の2コースを修了していること(いずれかのコースの受講開始時から3年以内にもう一方のコースも修了していること)が条件。対象者には実施1~2か月前にスクーリング(2日間)の案内が届きます。■問い合わせ・申し込み先(公社)日本ロジスティクスシステム協会東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3FTEL.03(5484)4021http://www.logistics.or.jp/■スクーリング受付実施日の1週間前まで■スクーリング2月頃、7~8月頃の年2回(予定)2日間243MOSMOS(Microsoft Oce Specialist)とは、Microsoft社が認定するMicrosoft Oceの操作に関するグローバルなパソコン操作の認定資格です。■主な受験資格どなたでも受験できます。■試験科目Oceの各バージョンおよびソフトごとに試験科目が分かれており、さらにWord/Excel2010では、基本的な操作方法を確認する「スペシャリスト(一般)レベル」とより高度な操作を問う「エキスパート(上級)レベル」の2段階に分かれています。合格後は1科目ごとに資格が認定されます。また、マイクロソフト オフィススペシャリスト(MOS)の受験方法には、「全国一斉試験」と「随時試験」の2通りがあります。■問い合わせ・申し込み先MOS公式サイト-マイクロソフト オフィス スペシャリスト(運営:(株)オデッセイ・コミュニケーションズ)http://mos.odyssey-com.co.jp/■試験「全国一斉試験」毎月1~2回(いずれかの日曜日)「随時試験」各試験会場が設定した日程※試験詳細はMOS公式サイトにてご確認ください。累計受験者数のみ公表3,903,802名(平成29年3月)254・255※詳細については、各実施団体にお問い合わせください。資格試験情報マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報365

元のページ  ../index.html#367

このブックを見る