通信研修総合ガイド2018
330/428

対象者対象者家庭や職場の身の回りの書類、物品を整理収納することで、家庭や仕事の生産性を向上させたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月(在籍期間変更不可)特 別受講料特 別受講料18,700円一般受講料 18,700円(再受講不可)教材構成・テキスト・・・・・・・2冊・別冊「整理収納実例集」・・・・・・・・・・・・1冊・資格取得ガイド(認定申請用紙つき)・添削・・・・・・・・・・・2回HOMEOFFICE&実践編オフィス&ホームオフィス&ホーム整理収納アドバイザー SANNO Institute of ManagementHOMEOFFICE&理論編 SANNO Institute of ManagementR整理収納アドバイザーRHOMEOFFICE&実践編オフィス&ホームオフィス&ホーム整理収納アドバイザー SANNO Institute of ManagementHOMEOFFICE&理論編 SANNO Institute of ManagementR整理収納アドバイザーReTextありリポートの種類「整理収納アドバイザー® オフィス&ホーム」資格とはこの講座を修了し、所定の申請用紙で特定非営利活動法人ハウスキーピング協会に申請すれば、「整理収納アドバイザー® オフィス&ホーム」資格を取得できます。「整理収納アドバイザー® オフィス&ホーム」は「整理収納アドバイザー® 2級」と同等資格で、●職場環境の改善に役立ちます●自宅が片付いて快適に過ごせるようになります●整理収納アドバイザー® 1級予備講座の受験資格が得られます《テキスト誌面イメージ》008009第1章 整理とは何か家庭の整理とオフィスの整理レッスン21.家庭の整理とオフィスの整理■ 家庭の整理とオフィスの整理は何が違うか  家庭の整理とオフィスの整理はどこが違うのでしょうか。家庭はプライベートな場所であり、自分や家族の日々の生活の場です。一方、オフィスは「仕事をする」という目的のもとに、年齢も立場もスキルも異なる人たちが集まっている場です。「家の整理はできそうだけど、オフィスは色々な人がいる場所だから難しそう…」と思いがちです。さて実際はどうなのでしょうか。 家庭とオフィスは、環境の違いからまったく異なるものであるとの印象を抱かれやすいようですが、基本となる整理の理論、整理収納のプロセスはまったく変わりません。整理収納アドバイザーとしてこれからあなたが学ぶ整理と収納の知識は、場所や環境がどこであろうとも、オフィスの引出しでも自宅のウォークインクローゼットでも、どんな場合にも使えるスキルなのです。つまり、整理収納アドバイザーの知識をきっちりと会得すれば、どんな場所でも使いやすく片付けられるようになります。 ただし、オフィスと家庭では置かれているアイテムや、どんなアイテムの数が多いのか、という点が異なります。生活用品が中心で衣類や本、雑貨などの数が多い家庭の場合と違い、オフィスのデスクにあるのは資料や契約書などの紙類、文房具がメインです。その他、共有スペースには製品サンプルやパンフレットなど、業種・部署によって保管しなくてはならないさまざまなアイテムが置かれています。そのため、家庭とは違った収納のスキルが要求される場合が出てきます。 紙類の整理収納はファイリングのスキルを活用することで、効率のよい保管システムを構築することができます。ファイリングに関しては、整理と収納の基本事項をしっかり学んだのち、実践編のなかで学ぶことにしましょう。ここで学ぶこと▶ 家庭における整理とオフィスにおける整理の共通点・相違点について知っ  ておきましょう▶ オフィスで整理を行う上で注意したいことがらについて考えてみましょう▶ 整理の新しい概念を知り、より前向きに取り組めるようになりましょうレッスン2家庭の整理とオフィスの整理 探し物は一生で一番無駄な時間の使い方と言われます。それは職場でも家庭でも同じですが、より数字に直結するオフィスの場合で考えてみましょう。Q. 100人社員がいる会社で、1日に1人5分間の探しモノをした場合、  1年間でどれほどの無駄が生じるのでしょうか?   5分×100人×200日(年間稼働日数)=1666.66時間 1666時間×3,000円(生産性/時間)=4,998,000円            ⇩A.   1年間で約500万円もの生産性ロスが出ていることに! たった5分の探し物でも毎日繰り返されるとこれほど大きな無駄になる可能性をはらんでいるのです。そのうえ、探し物に使っていた5分間というのは、もし探し物をしていなければ「顧客に電話をかける」「書類を作る」など、別の有意義な行為に使えるはずです。つまり、利益を得る機会を失っていることになり、損害は500万円に止まらないといえるでしょう。▲机の上や引出しが散らかっていると、仕事がスムーズに進まず効率が落ちます▲モノの指定席が決まれば探し物がなくなり、仕事に集中できます●整理前●整理後〈 1-2 〉〈 1-1 〉■ 整理がオフィスにもたらすメリット オフィスの整理のもうひとつの特徴は、生産性(利益)に直結していることでしょう。机や共有スペースが整理整頓され、探し物をすることがなくなれば、時間の無駄も精神的なイライラも軽減できます。結果、作業効率が上がり、生産性の向上をはかることができます。ファイリングの知識実践編テキスト「第3章 ファイリングの基本」で学びます。リンクコースのねらい●職場や家庭の整理・収納に関する、基本的な知識を身につけます。●職場の身の回りの書類・物品を整理・収納することで、仕事の生産性の向上を図ります。●整理・収納が進まない原因や問題点を見つけ出し、モノとの関わり方から見直すことで、整理・収納に関する根本的な問題を解決します。特 色●この講座を修了して一般社団法人/特定非営利活動法人ハウスキーピング協会に申請することで、協会認定の「整理収納アドバイザー®オフィス&ホーム」資格を取得することができます。●テキストでは整理収納についての基本的な知識やノウハウを身につけ、別冊の実例集ではケース別に整理・収納方法を具体的に理解します。●このコースは、資格認定団体である一般社団法人/特定非営利活動法人ハウスキーピング協会認定通信講座で、テキスト・事例集は同協会執筆のオリジナル教材です。●テキストは写真も豊富に紹介し、とても分かりやすい内容になっています。●資格取得分野のみならず、職場活性化、仕事効率化を推進するリーダーを対象とした指名受講、制度受講にもお勧めのコースです。カリキュラム1理論編①整理とは何か②整理の理論を身につける③モノと人との関係を考える④整理を妨げる要因を知る⑤整理収納の5つの鉄則2実践編①収納の基本を身につける②整理収納の5つの鉄則を実践する③ファイリングの基本④まとめの演習演習①実例を通して学ぶ<家庭編>演習②実例を通して学ぶ<オフィス編>別冊整理収納実例集整理収納アドバイザーが全国各地で行った実際の現場のBEFORE & AFTERを詳しく紹介※教材構成・カリキュラムなどは変更になる場合があります。eTexteText*資格試験情報➡P.371職場や家庭の整理・収納に関する、基本的な知識を身につける!一般社団法人/特定非営利活動法人ハウスキーピング協会が認定する「整理収納アドバイザー®2級」は、本来、家庭内の整理・収納がメインの資格です。しかし、企業内で社内の整理整頓を提案したり、任されることも多く、最近ではオフィスの整理・片付けの専門化として注目されています。このコースは、家庭内だけではなく職場での活用の要素も加えた2級相当の同協会認定「整理収納アドバイザー®オフィス&ホーム」資格を取得できるコースです。368コースコードB8P0▶建築・不動産・住まい~片付けのエキスパート~整理収納アドバイザー®オフィス&ホーム養成2017 NEWマネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)328

元のページ  ../index.html#330

このブックを見る