通信研修総合ガイド2018
329/428

受講者の声絵などが多く分かりやすいテキストなので、学習するハードルは低く感じられました。テキストが4冊に小分けされており研修リポートもテキスト単位となっているので、学習の目標をたてやすいのでよいと思います。また、インターネットで研修リポートが出せ、その受付記録の連絡とリポートの結果連絡が早くくること、解答の補足説明で、特に間違った問題について復習できるのもよいと思います。高等技術専門校の住宅インテリア科で半年間学習しているが、専門校での授業と併行してまたは復習としてこの講座は体系的に補完でき理解を深めるのに有効でした。(自由業 60代)コースのねらい●自分でできる物理的な工作、補修、改善、メンテナンスなどを含む幅広い範囲を対象として、DIYの基礎を学びます。●DIYを体系的に理解し、そのもととなる「住まい」について再考していきます。特 色●DIYアドバイザー試験は、(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会が実施し、資格の認定、および更新をするものです。このコースの内容は、資格試験に準拠しており、受験に適しています。●このコースは(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会が主催し、本学が実施する通信講座です。※(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会の会員企業には特典があります。本学の研修アドバイザーにご相談ください。※最新の教材をお届けするため、掲載の写真と異なる教材をお届けする場合があります。※テキスト、リポート、DVD教材「道工具編」は、「366. DIYアドバイザー試験対策」コースと共通の教材を使用しています。カリキュラム1DIYの基礎知識① DIYとはなにか  ② 住宅の種類と構造③ 日常安全性・住宅の維持管理  ④ 品質表示制度⑤ DIY関連法規等2DIYに必要な道具・工具① 大工道具  ② 作業工具  ③ 測定工具、切削工具④ 溶接工具  ⑤ 電動工具3DIYに必要な用品・材料① 建築金物  ② 塗料、接着剤、充てん材、粘着剤③ 住まいの手入れ用品  ④ 木材、建材⑤ 床材、内装材、左官  ⑥ 水まわり、ガス、電気4DIYの方法キッチン、浴室、トイレ・洗面台、洋室の壁、洋室の床、和室、窓、ドア・引き戸、水栓、排水、木工・家具、電気、住まいの安全対策、外まわり※教材構成・カリキュラムなどは変更になる場合があります。対象者対象者DIYに興味をお持ちの方DIYアドバイザーを目指す方DIYを基礎からしっかり学びたい方受講期間受講期間6か月在籍期間 8か月(在籍期間変更不可)特 別受講料特 別受講料30,240円一般受講料 30,240円(再受講不可)教材構成標準添付・テキスト・・・・・・・4冊・DVD教材〈「道工具編」〉 ・・・・・・・・・・・・・・・1枚・ライセンス・スクウェア・添削・・・・・・・・・・・4回リポートの種類※DVDは、日本国内向けに生産・販売されているDVD対応プレーヤーで再生してください。パソコンやゲーム機などの動作保証はしておりません。道具の知識実践力材料の知識DIYでは、道具の知識と材料の知識の融合が、実践につながります。《テキスト誌面イメージ》*資格試験情報➡P.371住生活の向上に貢献するDIYアドバイザーを目指すこのコースでは、DIY活動の基礎から実践までを体系的に学び、実際の場面にも活用できる技能を養成します。また、DIYの基礎を学ぶとともに、そのもととなる“住まい”について再考していきますので、DIYアドバイザー試験を目指す方だけでなく、DIYに関心をもたれている方にもおすすめのコースです。367コースコードA7J1▶建築・不動産・住まい(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会主催実践DIY(DVD教材つき)マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報327

元のページ  ../index.html#329

このブックを見る