通信研修総合ガイド2018
211/428

対象者対象者日々の判断・行動の助けになるような現実的なビジネススキルを身につけたい方日常の仕事を見直して、さらなる飛躍につなげたい方158半年購読159年間購読B8E0B8F02か月在籍期間 4か月2か月在籍期間 4か月16,200円一般受講料 21,600円(再受講不可)21,600円一般受講料 27,000円(再受講不可)受講期間受講期間特 別受講料特 別受講料※申込書には選択コースのコースコード(4桁)とコース名を必ずご記入ください。教材構成・テキスト・・・・・・・2冊 (特別編集版)・「プレジデント」本誌 半年購読・・・・・・・・・12冊 年間購読・・・・・・・・・24冊・学習の進め方・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型『プレジデント』本誌(プレジデント社発行)1963年4月、日本で初めての海外提携誌(米国TIME Inc.発行『フォーチュン』誌)として月刊誌でスタート。ビジネスリーダーの指針となる経営戦略&自己啓発・ビジネスマーケティング情報・リーダー学・海外情報等を提供。2000年2月、スピードと決断を求められる時代に即応して月2回刊とし、ビジネス誌として高い評価を得ています。《テキスト誌面イメージ》ホウレンソウ編グラフの効果的な使い方POINT山田さんあまり売れなかったけど、なんとかよく見せたい実力以上に見せる会議の話し方TASK:3効果的なグラフ使い9、10月は多くの商品を営業した山田さん。前月に比べ、全体ではわずかに受注総数が増えたものの、商品によっては売り上げが下がったものもあった。会議では、できるだけ上司にいいところを見せたいが、どのように報告したらいいだろうか?STORY情報を全部出すのはNG情報が多いため、人によって注目点が異なり、「Bの受注が大幅に伸びた」「Mは比較的受注が多い」など、多様な理解が発生してしまう。本来伝えたいメッセージだった「受注総数の増加」がかすんで、ほとんど伝わらない。グラフの内容を「6%アップ」にしぼり、さらに適切な棒グラフと矢印を採用したことで、業績が伸びた事実が強調された。あくまでもゴールは、グラフによってメッセージを伝えること。グラフを作るのがゴールにならないよう気をつけたい。●山田さんの9、10月の営業成績●9、10月の担当全商品の受注数この1カ月での君の成果を報告したまえ上司レゼンの際、聞き手を説得する材料として、グラフを効果的に使いたいものです。しかし、使い方を誤ったグラフをよく見かけます。その特徴は情報量が多いこと。こうしたグラフは解釈の余地が増え、聞く側の関心がよそにいったり、話題がそれたりして、いい印象を生みません。 グラフの鉄則。それは「ひとつのビジュアルにつき、ワンメッセージ」です。ノイズになるような情報は極限までカットすることで、メッセージの強度は増します。特に短時間のプレゼンでは、メッセージが一目瞭然で伝わらなければ、グラフにしている意味がないと言えるのです。 ただし、誌面の例のように総売り上げが伸びているのなら、その数字を強調すればいいのですが、必ずしも好ましい結果ばかりとは限りません。そういう場合は「この商品だけは売れている」「前月よりも伸び率が上昇している」など、ポジティブな要素を探し出し、評価基準を変えて〝局地戦〞を仕掛けるのです。これは単なるごまかしではありません。データの詳細は、必要に応じて出せばいい。 視点を変えて何かの傾向を発見することで、仕事のヒントが生まれることもあるからです。プ山田さん各商品別にはご覧の通りですが、トータルでは10月の数字は 9月を上回りました製品Cや製品Hは大きくダウンしているじゃないか!上司50403020100ABCDEFGHIJKLM 9月受注数10月受注数●9月から10月の受注数の伸び2702652602552502452409月受注数10月受注数6%UP!伸びた部分を強調!差を強調したいときに効力を発揮する棒グラフ。単にすべてをグラフ化せず、どれくらい増減したのかを数値や矢印で補足したり、基準値を上に設置したりするといい。特にマイナスからプラスへ転じたとき、プラスからマイナスへ転じたときなどはインパクトを与えるために有効。棒グラフある量の大小を表現したいとき1000-100-200-3002013年度2014年度売上  10月の受注数は、9月の6%アップを実現しました!結論山田さん実際、人は線で表現すると視線がその線をたどっていく習性がある。変化を強調するには、線をいくつも重ねず、3、4本におさえる。罫線も時により省略してもいい。特に突発的な増加(減少)ではなく、長期的なトレンドを表現したいとき、時系列での変化を示したいときには有効。線グラフ連続的な変化を表現するとき円グラフで表現する際、小さなデータは視覚的に見づらいため、伝えたい要素以外の「その他」はなるべくまとめる。さらに強調したい数字は大きくし視覚的に訴える。人は無意識に円=欠けた部分がない=すべて満たされた状態=100%と認識しているため、割合を表現するときには円グラフが有効。円グラフある量の内訳を表現したいとき色を変えた平均値と一緒にグラフ化することで、「何が強いのか」という特性を際立たせることができる。軸の目盛りは多いとメッセージが鈍るので、5個程度におさえる。特に個人や取引先の総合評価を表現する際に有効。総合点の大小ではなく、バランスの有無を表現することに威力を発揮。レーダーチャートバランスの有無を表現したいとき基となるデータ:山田さんの営業成績製品 9月受注数受注総数250 10月受注数A1014B1530C4127D2029E95F511G1515H1913I86J3330K2127L1718M3740265売上リーダーシップ仕事への情熱 コミュニケーション能力実務経験専門知識Aさん管理職平均スキル70605040302010012345678910(日)所要時間年代 ■30代 ■40代 ■その他60373%データを活かすグラフを選ぶまずは報告したい基データを準備。シェアなどの割合は円グラフ、売上高の推移といった変化は折れ線グラフなど、それぞれのグラフには"得意分野"がある。伝えたい部分を、最適なグラフを使って表現することが相手の評価を分ける。46PRESIDENT 464747 PRESIDENTコースのねらい●『プレジデント』の記事を参考に、「日々の判断・行動の助けになる現実的なビジネススキル」を学びます。●人に好かれる言い方や振る舞い、謝り方、メールの書き方など、「ビジネスコミュニケーション力を高めるノウハウ」を身につけます。●自己管理術や短・中・長期の計画の立て方、説得力を高める数字活用法や資料の作り方など、「毎日の仕事の質や効率を高めるノウハウ」を身につけます。特 色●好評記事を再編集した『プレジデント』 の「特別編集版」で土台となるスキルを身につけ、隔週に届く本誌で最新のトレンド情報やノウハウを学びます。●本誌では、各業種の経営者や専門家が数多く登場し、体験談やノウハウ、考え方や哲学を紹介します。これらを参考に、自分の仕事を見直し、仕事の幅を広げるヒントが得られます。カリキュラム1人に好かれるビジネスコミュニケーション力① 人に好かれる言葉づかい・恥をかかない、誤解されないためのビジネス敬語30 ほか② 人望が集まる振る舞い方・「人望が集まる」ちょっとした仕草とは  ほか③ 謝り方のお手本・知らないと恥の上塗り お詫びのマナー  ほか④ 高感度を高めるメール・書き出し編  ほか2毎日の仕事を上手く進めるスゴ技① 毎日が楽しくなる自己管理術・忙しくても苦にならない5つの習慣  ほか② 「1日、1年、10年」計画法・人生の勝者になる「1日、1年、10年」計画法③ 説得力を高める数字活用術・説得力がケタ違い!マジカルレッスン3④ 図解・資料の作り方・素晴らしい報告書・提案書の練習  ほか購読『プレジデント』本誌「半年購読」は12冊、「年間購読」は24冊、隔週プレジデント社から直接お届けします。※教材構成・カリキュラムなどは変更になる場合があります。※このコースは、(株)プレジデント社の出版物を教材として使用しています。このコースの主催・企画は(学)産業能率大学であり、(株)プレジデント社は、教材となる『プレジデント』を提供しています。※初回には、特別編集版1・2、リポートセット、学習の進め方をお届けします。※『プレジデント』本誌については、別途、(株)プレジデント社から直接、お届けします。初回教材のお届け後、到着まで2週間程度かかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。※『プレジデント』の送付期間は、選択されたコースに定められた冊数が基準になります。『プレジデント』特別編集版と本誌の購読で「日々の判断・行動を支援する現実的なビジネススキル」を学ぶメールをはじめとするビジネスコミュニケーションは、相手との交渉の質を左右する要であり、実績数字の見せ方や効果的なプレゼンテーションなど仕事をうまく進めるスキルも欠かせません。このコースでは「プレジデント」本誌記事を再編集した特別編集版と本誌の購読により、「日々の判断・行動の助けになるような現実的なビジネススキル」を学びます。158・ 159コース選択制▶ビジネス・スタンダード▶ビジネストレンド『プレジデント』で高めるビジネススキル (半年購読/年間購読)■レベル初級中級上級2017 NEWマネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報209

元のページ  ../index.html#211

このブックを見る