通信研修総合ガイド2018
20/428

前川 孝雄 氏特徴的なことを言えば、やはり環境変化の激しさということもあって、安定や安心というものを望む傾向がいっそう強くなってきている気がします。就職活動においても、もともと大手企業、人気企業に行きたいという傾向は強かったのですが、それがいっそう顕著になってきている印象です。 ただ一方で、大企業に入ったから自分の将来は一生安泰という時代でないことも分かっています。しかし、当面、それ以外に選択肢がないので、消去法で大企業を選んでいるようです。教え子たちの就職活動を見ても、たしかに大企業を選んでいる学生が多く見受けられます。その様子を見ていると、きちんと業界のことを調べている学生は、その業界のトップを徹底的に狙って、希望する企業に入っています。逆に、漠然と安定した企業という方向性だけで就職活動をやっている学生は、残念なことになかなか内定が出ないようです。大学の中盤から卒業直前までの短い時間で、業界研究、企業研究、さらに自己分析をして、自分はこれがやりたいと決めてから、それに基づいて自己PR、志望動機を考えるというようなベルトコンベア式の就職活動の仕組みができていて、この短期間の中で決めたことが「自己実現」と呼ばれています。しかし、学生や若手社員にインタビューをすると、本当にそれがやりたいことだったのか、分からなくなっているという話がよく出てきます。 例えば転職のタイミングという視点で見ると、いまの若手は二極化しているような気がします。この情報過多の時代で自分の道を迷わずに爆進している若者もいて、その中には、ある程度時間が経つと次のステップを考えて転職も考え始める人もいます。反面、一応の志望動機を持って入社したような大多数の人たちは、数年経って、ふと本当に自分がやりたかったことはこれなのかと立ち止まったときに、インターネット等の影響でさまざまな情報も入ってきますから、窓口がたくさん開いていることに気がつき、いろいろと迷いはじめるのです。そういう環境の中で、上司や先輩との人間関係がうまくいかないなど、ちょっとした問題があると、それがすぐに転職への引き金となっているように見受けられます。今の若い人たちに共通しているもの、もっと言えば若者は時代を映す鏡なので、全般的に言えると思うのですが、承認欲求が非常に強くなってきています。自分を認めてほしい、自分のがんばりを見てほしいという傾向です。少子化という時代背景もあり、ゆとり教育だけの問題ではなく、家庭内教育を含めて子どもたちは大事に育てられ、大学受験や就職活動の仕組みも、全部お膳立てされるのが当たり前という状況の中で、周りに承認を求める傾向が強くなってきていると感じます。褒めて育てられ、甘やかされているとも言えるでしょう。学生たちを見ていても、ちょっと打たれ弱いところがありますね。厳しいところはなるべくなら避けていくという傾向があります。ですから教師の方も、勉強してもらうために、環境を整えることから始めてなくてはなりません。整えられた環境の中ではいろいろとできるのですが、その環境がなくなるととたんに全然動けなくなることがあります。例えば、卒業論文を書くとき、それまでのグループワークなどはしっかりとできる。ところが、論文は主体性が求められる個人戦になってきますから、教師は大まかな方針を示すだけです。そうすると、なかなか動いてくれず、こちらの指示を待っているということがあります。以前は違う大学で教えていたので、別の大学であれば変わるかなと思っていたので漠然と大企業を選択し、数年後に働く意味を見失う若者たち小野小野前川前川前川--今の若手社員はどのようなキャリア展望を持っているのでしょうか。その考え方や傾向についてお聞かせください。承認欲求が強い世代は、打たれ弱い世代でもあり主体的にはなかなか動かない--そうした若手社員や学生たちの現状について、もう少し分析していただくと、どういう特徴が浮かんでくるのでしょうか。新コース・リニューアルコースのご紹介特集「働き方」「学び方」の温故知新学びの提案18

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る