通信研修総合ガイド2018
192/428

対象者対象者仕事に追われる毎日を何とかしたいと考えている方仕事のスピードアップを図りたい方仕事の労力を減らし、より大きな成果を上げたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料15,120円一般受講料 20,520円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・2冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型English仕事をスマ余裕を生み出し、新たな活動につなげる!トに改善して…《テキスト誌面イメージ》31第1章改善のすすめ第2章改善対象を見つけよう!第3章おいしい改善案を出そう!第4章改善効果を高めよう!自分の仕事を「見える化」する問題が見えてくる今週の予定(未着手)今日の予定作業中完 了営業事務処理手配企画タスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカードタスクカード完了がない内勤業務が多い手配業務に着手できていない企画のタスクが少ないアイデアが出せていない事務処理が多い今週の予定今日の予定作業中完 了営業事務処理手配企画〈タスクカード〉業務名:A社への提案作業内容:複合機の更新提案アウトプット:見積もり依頼をもらう納期:4月15日(提案日)担当者:田中開始日:4月12日完了日:予定時間:4.5h実績時間:業事事務務事並べてみる書き出す●●●●●●●●●アウトプット●●●●●●●●●●●●アウトプット●●●●●●●●●●●●アウトプット●●●●●●30自分の仕事を「見える化」してみる仕事を手順ごとに分解して書き出してみよう第2章4改善対象を見つけよう! 既に述べたように、オフィスワークでは、毎日、毎時間、異なる条件の中でさまざまな仕事を行います。繰り返す頻度が少ないので、製造現場での改善のように、作業や動作を単純に分析して改善するという方法が通用しません。 オフィスワークの改善では、日々、異なり変化する条件での仕事の問題をあぶり出す仕組みが必要となります。 日々、変化する条件の下で問題をあぶり出すためには、自分の仕事を常に見えている状態にしなければなりません。 そこで、今週やることには何があり、その中で今日やることは何であるかがひと目で分かるように見える化します。 自分の仕事を見えるようにすることで、その仕事の集まり方や現在抱えている問題が浮かび上がってきます。 仕事の見える化の最もシンプルな方法は、仕事の内容を書き出すことです。スケジュール帳や予定表に書くことも見える化の1つですが、ここではタスクカードを作って書き出してみてください。カードにすることで、並べたり、まとめたり、あるルールで動かしたりすることができ、仕事の整理が容易になります。 タスクカードとして大きめの付箋紙などを用意し、今週やらなければならない仕事を書き出します。「○○提案書の作成」「□□の設計」「△△の月次締めの処理」などアウトプットのレベルならすぐに書けますが、これでは問題をあぶり出すことができません。もっと細かく、手順単位まで分解して、手順ごとに1枚のカードに書き出してください。 分解の目安としては30分から1時間単位です。手順ごとに分解して書き出すことで、仕事の段取りや条件などが明確になり、実施を阻害する問題が浮き彫りになります。また、手順単位でそれぞれの仕事を見比べることで、作業の順番違いや重複、不要な仕事が多いといった問題も見えるようになります。 何よりも、書き出すことが仕事の手順や段取りを事前に設計し準備することになり、それだけでも仕事の質や効率を高めることにつながります。 まずは自分の仕事を書き出して、問題をあぶり出しましょう。自分の仕事をタスクカードで「見える化」する仕事に潜む問題をあぶり出すオフィスワークの改善に必要なもの受講者の声実践的で内容が分かりやすく、即仕事に生かすことができ、良い学習になりました。(製造業 40代)さまざまな改善現場で生み出されたものが基になっているので、手法・ツールなどの説明が分かりやすく、学習がスムーズに進められた。(食品 50代)コースのねらい●自分の仕事のムダを見つけ、改善する方法を学びます。●より短い時間で同じ成果を、もしくは同じ時間でより高い成果を上げる仕事のやり方を身につけます。●数ある改善手法から自分に合った無理のない手法を見つけ、仕事のやり方をより良く変化させます。特 色●第1分冊では、仕事の改善の基本的な流れ(改善テーマを見つける→実行する)と改善の手法を分かりやすく学びます。●第2分冊では、「時間」「コミュニケーション」「品質」など、オフィスワーカーが改善したいと感じるポイントごとに、すぐに活用できるコツやテクニックを身につけます。●テキストは見開き完結。片ページが解説、もう片ページが図解の明解な展開です。カリキュラム1仕事の改善の進め方① 改善のすすめ・いつも「忙しい」のはなぜ?・改善の進め方を知ろう ほか② 改善対象を見つけよう・1週間の行動を記録してみよう・必要性の低い仕事・混乱させる仕事を見つけよう ほか③ 改善案を考えよう・ロジックツリーで原因を見つけよう・仕事を「見える化」しよう ほか③ 改善の効果を高めよう・改善効果はQCDSで評価しよう・失敗から学んでレベルアップしよう ほか2実践! スマート改善術① 段取りと手順組み立てをスマートにしよう!・仕事の段取り力を高めて仕事品質を高める ほか② 仕事の管理と報告をスマートにしよう!・報告スタイルの転換で「仕事のできる人」になる ほか③ 時間のムリ・ムダ・ムラをなくそう!・最遅着手スタイルで変更のリスクとロスを排除する ほか④ コミュニケーションをスマートにしよう!・メール仕分けの自動化で仕分けと見落としをなくす ほか⑤ 仕事そのもののムリ・ムダ・ムラをなくそう!・作業目的の見える化でムダの気づき力を高める ほか⑥ 品質をスマートに高めよう!・サービス品質基準の見える化で品質のムラ・ブレをなくすほかeTexteText自分の仕事のやり方をスマートに改善する!仕事の効率化や生産性の向上は、組織と個人の双方にとって常に重要なテーマです。しかし、いわゆるホワイトカラーの仕事では、その多様性・非定型性から、効率化・生産性向上の方法が体系化されているとは言えません。このコースでは、個々のビジネスパーソンが「自分の仕事のやり方をスマートに改善する」方法を学びます。メリハリのある働き方をしたい方、最小の労力で最大の成果を上げたい方におすすめのコースです。135コースコードB550▶ビジネスリテラシー▶セルフマネジメント/仕事の効率化~速い!上手い!気持ちいい!~ 仕事のスマート改善術■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)190

元のページ  ../index.html#192

このブックを見る