通信研修総合ガイド2018
190/428

対象者対象者部門を問わず、オフィスで働く新入社員から中堅社員まで受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料8,640円一般受講料 14,040円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類《テキスト誌面イメージ》1514いたよりも時間がかかってしまったり、急に頼まれてやらなければならないことが増えてしまったりして、先延ばしにした仕事が残ってしまうんです。 いくらきちんとしたタイムスケジュール表を作っても、うまく実行できなければ意味がないんだよ。仕事中、作業が急に発生してしまうことは僕にだってある。でも、それをもらさずに管理していくことがいちばん大事なんだ。 管理、ですか…。しているつもりなんだけどなあ。 「つもり」じゃだめだよ、井上くん。ところで、スケジュールを立てたり、実際に仕事を進めたりするときに、「優先順位」を意識できているかい? 優先順位っていっても、全部優先じゃないんですか? だって、仕事だし…。 井上くんが次に考えるべきことがわかったよ。仕事の「優先順位」だ。4つの優先順位に振り分けてみよう。③急ぎだけど重要でない仕事①重要かつ急ぎの仕事④急ぎでも重要でもない仕事低重要度今すぐ手をつけないと間に合わない作業、5分で終わってしまう作業などはここに入る人に任せても問題ない仕事はここに入るはっきり言って「時間の無駄」緊急度高低②重要だけど急ぎではない仕事もし先送りにしてしまったらどうなる!?1日の仕事を考えて予定を組む予定通りに仕事をするこの間に、「②重要だけど急ぎでない仕事」が「①重要かつ急ぎの仕事」に…急に入ってきた仕事(③急ぎだけど重要でない仕事」)があればそれを先に行う【悪循環の例】残業…1日の仕事の優先順位を判断する「②重要だけど急ぎでない仕事」も予定に組み込む「②重要だけど急ぎでない仕事」を優先的に行う「①重要かつ急ぎの仕事」と、「急ぎだけど重要でない仕事」を先取りして済ませる。【好循環の例】重要な仕事も時間内に終了いんです。 タイムスケジュール表をつけるようにしたと、先週言っていたじゃないか。もしかして、もう投げ出しちゃったのか? タイムスケジュール表は、ほら、ちゃんとつけてますよ。でも、思って あれ、井上くん。今日はずいぶん遅いけど、どうしたんだい? そんなに案件が詰まっていたかな。 原田先輩、お疲れ様です。頼まれ事が多くて、気付いたらこんな時間になってしまって。やってもやっても終わらな仕事の優先順位を考えるうえで大切なのは、どれくらい急ぎかという緊急度だけでなく、重要度も同時に判断することです。井上くんは、緊急度の高い仕事を優先して行えてはいますが、重要な仕事を先送りしてしまったがために、いつも時間に追われてしまうという状態に陥っています。スケジュールを立てるとき、仕事の優先順位を判断し、「①重要かつ急ぎの仕事」だけでなく、「②重要だけど急ぎでない仕事」も先取りして予定に組み込むようにしましょう。②を順調に進められれば、①に当てはまるような緊急の仕事は目に見えて減っていくはずです。緊急度と重要度の2方向から優先順位をつける予定見積(時間)実績(時間)備考8:009:00スケジュールチェック0.5メールチェック0.510:00定例会議資料作成11.511:00月次計画作成1112:00ランチ10.75計画作成が押した13:00打ち合わせ10.7514:00メールチェック0.50.5見積もり作成0.50取引先へ電話15:00会議用資料準備0.50.516:00定例会議1117:00メールチェック0.50.5議事録作成・送付0.50.518:00提案書作成10見積もり作成19:0020:00「①重要かつ急ぎの仕事」や「③急ぎだけど重要でない仕事」といった緊急度の高い仕事を優先できているものの、重要度を考えられていないため、「②重要だけど急ぎでない仕事」を先送りしてしまっています。放置した結果、「②重要だけど急ぎでない仕事」が「①重要かつ急ぎの仕事」になってしまい、いつも時間に追われるという結果に。まずは、緊急度が高まる前に「①重要かつ急ぎの仕事」と「急ぎだけど重要でない仕事」を済ませてしまうこと。そして「②重要だけど急ぎでない仕事」も優先的に予定に組み込み、実行もれがないようにすることが時間コントロールの基本です。第1章 時間の使い方を見直して集中できる時間を作るいつも締め切りに追われるのはなぜ?優先順位はこう決める2【仕事の優先順位】急に取引先への電話を頼まれたので見積もり作成はできなかった。後回しにした見積もり作成を残業して行った。時間があればやろうと思っていた提案書は作成できなかった。予定していたよりも30分超過してしまった。それにより次の予定が押し、ランチの時間に食い込んでしまった。コースのねらい●自分の仕事を3つの観点から見直し、仕事の効率をアップする方法を学習します。①「仕事の密度」では、仕事に集中できる時間を生み出す方法を学びます。②「仕事の質」では、インプットとアウトプットの質を上げて仕事の効率アップを目指します。③「仕事の速さ」では、仕事の準備や処理の基準を設けることで、ムダなモノや時間を上手に省く方法を学びます。特 色●仕事の効率を上げるための方策を14項目に絞ってコンパクトに学習し、スグに仕事に生かすことができる内容です。●職場で起こる身近なケースを上司や同僚・先輩との会話形式で紹介し、効率よく仕事をするための具体的な方法をナビゲートしていきます。関連したテーマのケーススタディも設けていますので、自分のケースに当てはめて考えることができます。●テキストはチェックリストやイラスト、図などを多く使い、ポイントがつかみやすいように解説しています。カリキュラムテキスト時短&ムダ取りで仕事の効率をアップする仕事術① 序章・チェックリストでわかる、あなたの仕事の効率レベル・働き方の棚卸しで、仕事のムダを見つけよう② 仕事の密度50%アップ・1日の見直しで、集中時間を生み出す・優先順位はこう決める・ToDoの見える化・仕事のヌケやモレを作らない・朝時間/隙間時間の活用③ 仕事の質50%アップ・読みたくなるメール作成術・「報連相」のタイミング・情報収集のポイント・アイデアだしのテクニック・会議を200%活用する④ 仕事の速さ50%アップ・デスクの整理術・書類を「捨てる・渡す・保存する」・スキルを身につけPCを味方にする・電話とメールの使い分けeText受講者の声日頃から仕事の効率を良くしたいと思っていました。集中力はある方ですが、同じことをしても人より時間がかかってしまいます。その上、片づけることが苦手で、机のどこに何があるのか探すことが少なくありません。この弱点を少しでも改善できればと思い受講を決めました。(医療用医薬品販売 50代)132コースコードB8M0▶ビジネスリテラシー▶セルフマネジメント/仕事の効率化時短&ムダ取りで仕事の効率50%アップ!できそうでできなかった仕事の「密度・質・速さ」をアップするポイントをつかむ!一歩上をいくビジネスパーソンに欠かせない3つ(仕事の密度・仕事の質・仕事の速度)のスキルを向上させて、仕事の効率を上げることを目指します。仕事量が増えたとしても、質を落とさずスピーディにこなすためのコツをコンパクトに学び、ちょっとした工夫や気遣いで、仕事の効率を上げるポイントをつかみます。仕事の密度を濃くしてムダな時間を減らすなど、時間を有効に活用する具体的な手法を中心に、日頃の仕事のムダを見つけて、仕事の速さや質を上げる効果的な方法を学びます。2017 NEW■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)188

元のページ  ../index.html#190

このブックを見る