通信研修総合ガイド2018
183/428

対象者対象者データを仕事に活かしたい方データ解析の基礎を身につけたい方ビジネスで使える統計の基礎を身につけたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料14,040円一般受講料 19,440円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・サブテキスト・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類■CRISP-DMにおける各フェーズの要点(抜粋)① ビジネスの理解② データの理解③ データの準備④ モデルの作成⑤ 評価⑥ 展開出典:Journal of DATA WAREHOUSING Volume5 Number4 Fall2000和訳:福中公輔《サブテキスト誌面イメージ》284 グラフによる表現より視覚的に情報を訴える方法として、表ではなくグラフ(図)を用いることがあります。複雑なデータもグラフで表現することにより驚くほど分かりやすく説明できることがあるため、報告書などでも多用されます。しかし便利な半面、当該変数には適さないグラフを作成することにより、相手に意図しない印象を与えてしまう危険性もあります。ここではExcelを使ってグラフの作成方法を解説するとともに、どういう場合にどのグラフを選択したらよいのかの注意点を述べることにします。❶ 棒グラフ棒グラフは単純集計の結果を視覚化するための図です。従って、1つの変数について、その変数が「名義尺度」「順序尺度」「カテゴリー数が少ない場合の間隔尺度」などの質的なデータとして扱える場合に利用することになります。しかし、棒グラフが持つ情報量は単純集計の表が持つ情報量と全く変わらないため、表を掲載する場合には積極的に利用する理由があまりありません。プレゼンテーションの際など、視覚的に訴えることに価値が見いだせるようなシチュエーションでのみ活用するようにしましょう。ここでは若谷プロジェクトのデータにおける「上司関係満足」の変数について、Excelを使って棒グラフを作成する方法を解説します。0609_統計始めの一歩.indd 282016/06/09 14:0329第2章 ビジュアライゼーション手順1「挿入」タブの「ピボットグラフ」をクリックするまず「挿入」タブの「ピボットグラフ」アイコンをクリックします。1.「挿入」を選択2.クリック私が 若谷です!0609_統計始めの一歩.indd 292016/06/09 14:03コースのねらいビジネスパーソンが身につけておきたいデータ解析の基礎知識と手法を学習します。●ビジネスで使えるデータ解析の基本を学びます。●データ解析や統計分野における基礎的な用語を学びます。●「目的を明確にして、それを達成するために分析の計画を練り、業務課題を解決するための施策を展開する」というデータ解析の一連の流れを理解します。特 色●初学者でも抵抗なく学べるように、ビジネスで定番となるデータの分析手法をビジネスシーンに即して学び、計算は表計算ソフトを使います。ビジネスで使うデータ分析の基本的なノウハウを中心に学びます。カリキュラムテキストビジネスデータ分析入門①業務課題の解決にデータを活かす データの利用/課題解決フレームワーク②会社の現状把握 パフォーマンスと会社に対する満足度調査 ― データ解析とデータ③パフォーマンス評価に影響する要因を探るⅠ ― 初歩的な予測の方法―単回帰分析④パフォーマンス評価に影響する要因を探るⅡ ― 精度の高い予測をするために―重回帰分析⑤パフォーマンス評価に影響する要因を探るⅢ ― カテゴリーの違いを予測に用いる―カテゴリカル変数⑥施策の展開 分析結果を実務に活かす/分析や分析手順の誤用サブテキスト統計 始めの一歩①変数とその作法(変数と定数/数式での表記法/変数の分類)②ビジュアライゼーション(ビジュアライゼーションとは/単純集計/クロス集計/グラフによる表現)③要約統計量(数値要約/代表値/散布度/関連性)④応用的な話題(相関に関する注意Ⅰ・Ⅱ/観測値の標準化)⑤単回帰分析・重回帰分析の実行(単回帰分析と重回帰分析の概要/ 分析用データの準備/分析の実行/結果の検討に有効な指標の算出方法)●テキスト・サブテキストに掲載している仮想プロジェクトのデータは、専用Webサイトからダウンロードすることができます。●データのダウンロードについて※ご利用には、SWS(SANNNO Web Support:P.393参照)への利用登録と接続が必要です。※データファイルはWindows7で正常に作動することを想定したものですが、ご使用のパソコン環境およびソフトのバージョンによっては、表示が若干異なることがあります。なお、データファイルはOce Excel 2013以降に対応しています。eTexteText受講者の声メインテキストの他に基礎知識を補完するサブテキストがあり、知識をステップアップしながら学習できたのでスムーズに理解することができました。(流通業 30代)実際のデータサンプルが提供されているので読むだけではなく、やってみることができました。また章の中が細かく区切られていて、時間が取れないときでも少しずつでも進めることができました。(電子部品メーカー 50代)125コースコードB7H0▶ビジネスリテラシー▶思考力使える!ビジネス統計入門仕事に活かすデータ分析の基礎を学ぶ統計のスキルがビジネスパーソンにとって大切なリテラシーの1つであることは、誰もが理解しています。しかし統計のスキルをビジネスに活かせる人は、多くはありません。このコースではビジネスに活用するデータ解析の考え方と分析の基礎知識や手法を学習します。一般のビジネスパーソンが使いやすい手法を中心に、実際の計算は表計算ソフトを使って学習を進めますので、統計学の特別な知識がない方でも安心して学んでいただける内容です。■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報181

元のページ  ../index.html#183

このブックを見る