通信研修総合ガイド2018
178/428

対象者対象者マナーのセンスアップを図りたい方、より良い人間関係を築きたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料16,200円一般受講料 21,600円教材構成標準添付 eTextあり・テキスト・・・・・・・2冊・DVD・・・・・・・・・・1枚・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類執筆・マナー指導西出 博子(ウイズ・リミテッド日本支社 代表)・状況に応じた対応・国際感覚・ホスピタリティなど・冠婚葬祭・接待・趣味や娯楽などよりレベルの高いマナー基本のマナーより多くの場面で使えるマナー大人のマナー《テキスト誌面イメージ》39取引先から無理な値引きを要求された!上司から別の仕事の依頼を受けた!「そうですね……上司に相談してみないとわからないものですから……」「今は無理です。できません」「申し訳ございません。弊社の方針でどうしても引き受けかねます。ご要望に添えず申し訳ありませんが、また次の機会に、あらためてご提案させていただけますと幸いです」「はい、かしこまりました。ただ、今は先日の調査の報告書を作成しております。これが完成してから取り掛かってもよろしいでしょうか」しまって申し訳なかった」と思わせないように配慮することが大事です。● 誘いを断るときは愛想よく ビジネスにおいては、「お付き合い」も大切なコミュニケーションのひとつです。飲み会などの誘いであっても、いかにも迷惑そうな態度で断るのは、良識ある大人のマナーとはいえません。「せっかくのお誘いなのですが」と、相手からの誘いをいったん肯定した上で、愛想よくお断りするようにしましょう。また、「今回は都合が合わないけれど、次回は参加したい」といった気持ちを伝えると、相手が不快になることは、まずありません。【覚えておきたいフレーズ】例 「 弊社の方針でどうしてもお引き受けいたしかねます」 「 あいにくですが、その日は先約がございまして、出席いたしかねます」 「 今回はご期待に添えず残念ですが、またの機会によろしくお願いいたします」 「 諸事情を考え合わせますと、今回はご辞退申し上げるほかございません」 「 お話はわかりましたが、今はこういう状況なのでご理解ください」 「 せっかくのお誘いなのに残念です。今度また誘ってください」 「私の一存では決めかねます」1相手の気持ちを考慮して! 2断るときは、はっきりと!ここで差がつく!ポイントチェック断り上手になろうそれじゃ次回に……うん。それでお願い今は無理です相談してみてよ弊社の方針でどうしても引き受けかねますこちらの資料まとめを優先してよろしいですか上司に聞いてみないとわからないもので…………○excellent○excellent×bad×badManner Essenceマナーエッセンス第5項38相手のことを考えて断る ビジネスであれ、プライベートであれ、依頼や誘いを断るのは難しいものです。「相手が不快に思うのではないか」「もう注文が来なくなってしまわないか」といった葛かっ藤とうから、不本意にも承諾し、後で苦労する羽目になったこともあるかもしれません。 例えば、今、仕事を手いっぱい抱えているところへ、さらに新しい仕事の依頼が来たとします。こんなとき、無理をして引き受けて、後で穴を開けたり、重大なミスをしてしまったりするくらいなら、かえって最初からきっぱり断る方が、相手にとっても損のない選択である場合もあります。とはいえ、断り方によっては相手を怒らせてしまう可能性もあるそんなとき、「私だって忙しいのに」「それはあなたの仕事でしょう」といった言い方をすれば、相手を傷つけ、不快な気分にさせてしまいます。「事情はよくわかりました」と、いったんは相手の立場や気持ちに理解を示しましょう。● できるだけ早く返事を 相手は、あなたの返事を受け取った後、場合によっては予定を組み直したり、新たな対応策を考えたりしなくてはなりません。言いにくいからと返事を引き延ばしていると、相手にその分迷惑をかけてしまうことになります。断るなら、できるだけ早く返事をすることが気づかいです。● 事情を説明し、はっきり断る 相手の話を聞いて、それでも断らので、角の立たない断り方を身につけ、上手にトラブルを回避しましょう。断るポイントとコツ● まずは相手の依頼をよく聞く 相手の話を聞く前に断るのは、「あなたのために動くつもりなど毛頭ありません」と突き放しているようなものです。断ることがわかっていても、まずは相手の依頼に耳を傾けるのが礼儀です。また、心持ち前のめりの姿勢をとると、当事者意識を示すことができ、相手も「状況をわかってくれている」と安心して話すことができます。● 相手の立場や気持ちに理解を示す 相手は、切実な思いであなたに協力を求めているのかもしれません。なくてはいけないときは、事情を説明して、はっきりと断るようにしましょう。あいまいな断り方は、後でトラブルのもとになります。代案を申し出るときは、「そこまでは協力できないけれど、ここまでの範囲なら可能」というように、明確な線引きが必要です。 いずれにしても、自分の事情を伝えずに我慢して引き受けるのは、一見、心づかいのようでいて、相手に迷惑をかけたり、判断を誤らせたりすることにもなりかねないということを心得ておきましょう。● 相手の責任にしない配慮を 断るときは、「私の力が至らず申し訳ございません」と、お詫びのニュアンスを含めて言えば角が立ちません。相手に「こんなお願い事をして角の立たない断り方❶ まずは相手の話をよく聞く❷ できるだけ早く返事をする ❸ 事情をきちんと説明する コースのねらい洗練されたマナーを身につけます。●状況を判断し、大人としてふさわしい行動を選択する「一歩上をいく」マナーを身につけます。●初級ビジネスマナーを復習した上で、品格・品性のあるマナーを習得します。特 色●基本のビジネスマナーの習得はもちろん、より上級のマナーを身につけたい方にも満足いただける内容です。●イラストを多用したテキストで、実際の状況やとるべき動作をイメージしながら学習できます。●DVDを活用することで、文字やイラストだけでは分かりにくい雰囲気やニュアンス、タイミングや距離感を直感的・体験的に理解することができます。※DVD教材は、テキストでの学習内容をより深めるためのものであり、DVD教材を見ることができなくても修了には影響ありません。カリキュラム1スマートな大人のビジネスマナー① 基本ビジネスマナーの再確認② ワンランク上をいくビジネスマナー ・「一緒に仕事がしたい」と思われるコミュニケーション法 ・心を伝える手紙とメールのマナー ・センスが光る電話応対ほか③ 国際感覚を備えたビジネスパーソンになる2洗練された大人の社交マナー① もう迷わない!冠婚葬祭② 恥をかかない会食と贈答のマナー ・スマートな接待術 ・一目置かれる和食の作法 ・物を通じて心を贈る!贈答のマナーほか③ 人生を豊かにするマナーDVD大人のマナー完全マスター① こころの違いが大人のマナーの証② 一味違う大人になるためのマナー教室eTexteText受講者の声学習してみてすばらしいテキストに出会えたと思っています。気にはなっていたけれどあらためて勉強するという気にはなかなかなれずにいた私ですが、今回学習したことによって、自信を持って接客に取り組んでいこうという気がわいてきました。今後他の方面で仕事をしていくにあたっても十分なバイブルに出会えたことに感謝いたします。ありがとうございました。(百貨店 40代)120コースコードA9J0▶ビジネスリテラシー▶コミュニケーションここで差がつく!大人のマナー大人としての状況判断、スマートな「しぐさ」「身のこなし」「言葉づかい」を身につけるこのコースでは、状況を素早く的確に読み取り、スマートに対応する「大人のマナー」を身につけます。ビジネスマナーの習得はもちろん、ビジネスパーソンとしての品格・品性のランクアップを図りたい方におすすめのコースです。イラストを多用したテキストとDVD教材により、実際にどのようにすればよいのか具体的に理解できます。■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)176

元のページ  ../index.html#178

このブックを見る