通信研修総合ガイド2018
177/428

対象者対象者正しい日本語を使いこなしたい方、状況別にスマートな受け答えができるようになりたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料19,440円一般受講料 24,840円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・2冊・サブテキスト・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類講師添削型状況に応じた受け答え(第2分冊)正しい日本語(第1分冊)豊かな語彙力表現力(サブテキスト)「正しいことばづかい」を構成する3要素学習イメージ(サブテキスト『語彙力・表現力 一問一答』から)Q「色をなす」は、どんな顔色? 「色」を使って表情や心情を表現することがありますが、「色をなす」の使い方として、最も適切なのはどれでしょう?  A.息子の勤務先で大地震があったと聞き、彼は心配のあまりに色をなした。  B.先ほどまで同僚と談笑していた彼女だが、「今から本番です」という声が掛かると、さっと色をなして背筋を伸ばした。  C.彼は長年信頼してきた部下の背信行為に気付き、色をなして人目をはばからずに怒鳴りつけた。(答え) C(解説)「色をなす」とは、憤怒のために顔色を変えることを表します。Cの彼の顔は、おそらく真っ赤になっていることでしょう。これに対し、Aのように驚きや心配、恐れのために蒼白になることを「色を失う」といいます。また、Bのように真面目な顔つきになることを「色を正す」といいます。コースのねらい●顧客やビジネスパートナーから信頼される、正確な日本語を理解します。●状況に応じた好感度の高い受け答えができるようになることを目指します。●相手から一目置かれる豊かな語彙力・表現力を身につけます。特 色●日本語を正しく適切に使いこなすための原理・原則を、しっかりマスターします。●ワンランク上の受け答えを、豊富な例題・実例で理解します。●クイズ形式の「一問一答」で徹底的にトレーニングを積み、実践力を養います。カリキュラム1信頼される正しい言葉遣い① 言葉遣いの基本の基本② 押さえておきたい敬語のルール③ 間違いやすい漢字の読み書き④ 知っておきたい語句の意味⑤ 分かりやすい文章表現のコツ2状況に応じた好感度の高い受け答え① 日常会話を円滑にする言葉遣い② 相手の協力を引き出す言葉遣い③ 自分の意思を伝える言葉遣い④ 仕事を円滑に進めるホウレンソウ⑤ できると言わせる電話応対⑥ ビジネス文書における言葉遣い⑦ 常識が問われる場面の言葉遣いサブテキスト語彙力・表現力 一問一答① 言葉の使い方の勘違い② 文法上の勘違い③ 聞き覚えや読み方の勘違い④ 漢字の書き表し方の勘違い⑤ ことわざや四字熟語の勘違い⑥ 語源の勘違いeTexteTexteText受講者の声人の話を聞くときに「相づち」を打ちますが、良かれと思ってやっていたことが、せっかちな印象を与え、相手をせかしてしまうことにもなりかねないと分かりました。意識して改善していくつもりです。(百貨店 40代)中学校?小学校?の頃に習ったはずの漢字の読み書きや敬語のルールなど、あらためて触れるのは楽しいものでした。同時に、仕事の場面でちょこちょこ間違えて使っている自分に気づくこともでき、有意義でした。(製造業 30代)119コースコードA281▶ビジネスリテラシー▶コミュニケーションここで差がつく!正しいことばづかい正しいことばづかいは、「正確な日本語」「状況に応じた受け答え」「豊かな語彙力と表現力」から!言葉づかいはその人の知性や教養といった人間性を表すものであり、正しい言葉をスマートに使いこなせることは、「一歩上をいく」ビジネスパーソンのたしなみとして、必要なことです。このコースでは、「日本語の文法・用法の正確さ」はもちろんのこと、「状況に応じた最適な受け答え」「豊かな語彙力と表現力」を身につけることも目指します。■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報175

元のページ  ../index.html#177

このブックを見る