通信研修総合ガイド2018
173/428

対象者対象者敬語の基本から応用を学習したい方受講期間受講期間2か月在籍期間 3か月(在籍期間変更不可)特 別受講料特 別受講料11,880円一般受講料 17,280円(再受講不可)教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・ドリル型eラーニング『快走! 敬語200問マラソン』・『快走! 敬語200問マラソン』サポートガイド・学習の進め方・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類《eラーニング画面イメージ》《テキスト誌面イメージ》≫Short Case●「はい、産能株式会社でございます」◇「営業部の高橋部長はいらっしゃいますか」●「失礼ですが、どちら様でしょうか」◇「Yしょ…のさ…と申します」●「恐れ入ります、もう一度お願いいたします」◇「YY商事の佐藤でございます」●「YY商事の佐藤様でいらっしゃいますね、失礼をいたしました」1ポイント解説相手が名乗りを忘れることもあります。ときには、あえて名乗らず取り次ぎを求める人もいます。名前が分からないまま取り次いだり、用件に応じたりするのはとても不用心なことです。遠慮せず、相手の氏名、社名を尋ねましょう。その際にポイントになるのが、丁寧な尋ね方です。名乗らないのは相手の落ち度だけに、配慮のない尋ね方をするととがめているように聞こえます。どのような場合でも、不快感を与えるのは避けましょう。そこで、「失礼ですが」「恐れ入りますが」などの前置きの言葉を使って尋ねるとよいでしょう。さらに、何度も尋ねた場合には、失礼をおわびします。!話し方アドバイス名前を尋ねる場合にも、明るいトーン、口調を心がけましょう。低いトーンでは「あんた、誰?」と怪しむように聞こえます。また「どちら様でしょうか!?」と語尾を強めるのも、とがめているようです。「うっかり忘れただけですよね、お名前が分かりましたらすぐに取り次ぎますよ」という前向きな気持ち、思いやりが伝わるようにしたいものです。2Scene相手が名乗らない/ 名前が聞き取りにくい28全力!敬語トレーニング_02.indd 282014/11/26 9:32:022仕事に役立つフレーズ応用例「失礼ですが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」名前を尋ねる別の表現です。「恐れ入りますが~」も使えます。謝る必要はないので「申し訳ありませんが」ではありません。「恐れ入りますが、御おん社しゃ名もお願いいたします」名前しか名乗らず、それでは誰だか判断できない場合です。会社とは限らない場合は「どちらの○○様でしょうか」とも言えます。「恐れ入ります、お電話が遠いようでございます」聞こえにくいことを遠まわしに伝える慣用表現です。「電波が遠い」「電波状況が良くない」とも言います。いずれも相手に配慮した表現です。「何度も恐れ入ります。サエキ様でしょうか、ササキ様でしょうか」少しでも聞こえたら、それを手がかりにして尋ねるのも機転の利いた方法です。聞き取ろうと努力している姿勢を伝えましょう。3言ってはいけない!NG集NG!「えっ?」「はい?」つい出てしまう聞き返しですが、ビジネス会話では失礼な印象を与えます。特に電話では相手をとがめるように聞こえますので、注意しましょう。NG!「ええと…失礼ですが…」困った様子を見せたり、語尾を濁して相手に察してもらうのもよくありません。常にしっかりと整えた言葉で発言するように心がけます。NG!「お名前を頂戴できますか」「頂戴」は、物をもらうときに用います。ですので「お名刺を頂戴できますか」は言えますが、名前や社名には用いません。NG!「声が小さいんですけど。もう少し大きな声でお願いします」聞こえないのを相手のせいにするのはよくありません。「お声が小さいようですが、こちらの声は聞こえますか」と尋ねるのも1つの方法です。第2章 電話応対敬語29全力!敬語トレーニング_02.indd 292014/11/26 9:32:02コースのねらい敬語のバリエーションを増やし、日々の仕事の質を高める!●敬語の意味、使い方、活用例を整理し、敬語を正しく使う上でのポイントと留意点を学習します。●さまざまなビジネスシーンを取り上げ、敬語の実践的な使い方と会話のバリエーションをマスターし、幅広い表現力を身につけます。●つい言ってしまいがちな間違いフレーズ例を知り、ふだん自分が使っている言葉を点検・修正し、コミュニケーション力の向上を図ります。特 色●テキストは紙版に加え、eTextでも読めます!「快走! 敬語200問マラソン」とともに、スマートフォン、タブレット、パソコンのいずれでも学習できます。●正しい敬語の使い方とあわせて話し方や口調、声、表情の作り方についても学習します。●ドリル型eラーニング「快走! 敬語200問マラソン」では敬語の入門レベルから応用、難問までチャレンジします。カリキュラムテキスト全力! 敬語トレーニング① 敬語の基本(セクション1~6) ・敬語力をビジネスに生かす ・丁寧語・美化語 ・謙譲語Ⅰ・Ⅱ       ・尊敬語 ・ウチとソトの使い分け   ・よくある間違い敬語② 電話応対敬語(シーン1~9)③ 訪問・来客応対敬語(シーン1~9)④ 状況対応敬語(シーン1~10)⑤ オフィス内敬語(シーン1~9)eラーニング快走! 敬語200問マラソン各ビジネスシーンでの実践的な敬語表現について、1問1答形式で解答していくドリル型eラーニングです。20問ごとにある「チェックポイント」で暗号をメモしながら、全200問のゴールを目指します。リポートで満点をとるためにはすべての暗号(1リポートにつき5つ)を獲得して、リポートで解答する必要があります。※教材構成・カリキュラムなどは変更になる場合があります。●「快走! 敬語200問マラソン」の学習について下記の端末のいずれかでインターネット接続できる環境が必要です。 ・パソコン・ネットブック・スマートフォン/タブレット (iPhone、iPadのiOS端末/Android端末)※その他、一部利用できない端末がございます。あらかじめご了承ください。※サイト接続にかかる通信費は、受講者様のご負担となります。(パケット定額制プランなどでのご利用を強くお勧めします。)※登録方法は開講時にご案内いたします。ご利用方法の詳細はサポートガイド(教材同梱)をご参照ください。※ご利用できる期間は学習登録が完了してから90日間です。eText115コースコードB6R0▶ビジネスリテラシー▶コミュニケーション~スマホ・タブレット・PCでトレーニング~「敬語」マラソン通信研修×モバイルeラーニングで敬語力をアップ!ビジネスパーソンが敬語を改まって学ぶ機会は意外と少ないというのが実情です。そのため、周りの人の言葉遣いをまねて覚えるのですが、「周囲をまねする習得法」はリスクを伴います。敬語は聞き覚えだけでなく、しっかりと正しい知識を身につけないと永遠に修正できません。このコースでは、日々の仕事でよく出会うシーンを取り上げ、敬語の使い方を実践的に学んでいきます。若手社員のみならず指導的立場の中堅社員、管理者の方にもぜひ受講いただきたいコースです。■レベル初級中級上級マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報171

元のページ  ../index.html#173

このブックを見る