通信研修総合ガイド2018
145/428

対象者対象者身の回りの整理・整頓が苦手な方モノや情報、時間を整理・整頓して、仕事の効率を上げたい方心のモヤモヤを整理・整頓して、気持ちをスッキリさせたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料12,960円一般受講料 18,360円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・サブテキスト・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型佐々木 かをり(ささき かをり)(プロフィール)株式会社イー・ウーマン、株式会社ユニカルインターナショナル 両社代表取締役社長。愛用手帳「アクションプランナー」(www.actionplanner.jp)を活用して、自分を動かし、満足度を高める時間管理術は、全国での講座に加え、企業・学校でも活用されている。各種テレビ・ラジオ・新聞・雑誌のコメンテーターを務め、『必ず結果を出す人の伝える技術』『自分を予約する手帳術』など、著書も多数。《監修者》《テキスト誌面イメージ》1きれいな机をキープする習慣(1)退社時に机周りを整えるきれいな机を常にキープしている人は、使ったモノを机の引き出しの居場所に必ず戻すことを習慣化しています。使ったら、その都度戻すことが難しい場合は、退社時のタイミングでそれぞれの所定の場所へ戻すようにします。そうすることで、翌日も気持ちよく仕事をはじめることができるうえに、理想的な仕事環境をキープすることができます。また、机周りの整理・整頓に加えて、セキュリティ管理も日頃から徹底したいものです。名刺などの個人情報が含まれる書類、人事情報や機密情報が盛り込まれている書類を保管している場合は、退社時に机の引き出しを忘れずに施錠しましょう。(2)整理・整頓のコツをつかむどんなに忙しくても整理・整頓を続けるには、ちょっとしたコツがあります。下記のコツを試しながら、自分の仕事環境に合った方法を探っていきます。机がきれいな人は仕事ができるここで学ぶこと文房具と書類を一度整理・整頓したとしても、日頃からきれいな状態をキープすることを心がけなければ、もとの状態にすぐに逆戻り。そうならないために、きれいな机をキープする習慣や整理・整頓に便利な文房具をご紹介します。46STEP3産能大_整理・整頓コース_校了.indd 4614.2.19 10:32:10 PMモノの整理・整頓第2章①「1日1カ所15分」整理・整頓をするなどのルールを作るはりきって一気に整理・整頓をしようとして、途中で挫折した苦い経験はありませんか? 「1日1カ所15分」は簡単に習慣化しやすく、しかも成果が出やすいのでおすすめです。例えば、今日は「実行中」のクリアホルダーの中身を整理・整頓すると決めたら、15分間、それに専念します。毎日続けていくことで、自然と整理・整頓の正しい手順が身につきます。少しずつ確実に成果を出していければ、整理・整頓に対する苦手意識が払ふつ拭しよくされ、自信もつきます。重要なのは、無理なく定期的に整理・整頓できるルール作りです。1日15分という頻度の整理・整頓が負担な場合は、週1回、半月に1回、もしくは月に1回など、試行錯誤をしながら、仕事に支障をきたさないペースをつかむようにします。個人の仕事と保管書類の量を考慮しながら、定期的に整理・整頓するルールを作りましょう。②必要以上に整理・整頓しないいざ整理・整頓しようとすると、必要以上に細かく分類することに集中し、完璧を目指してしまうことがあります。このような整理・整頓の方法では、モノはかえって使いづらく、仕事が非効率になってしまいます。「どう使いたいのか」「どのように分類・保管すれば使いやすいのか」を見失わずに、必要以上に整理・整頓しないことも頭の片隅に入れておくとよいでしょう。47産能大_整理・整頓コース_校了.indd 4714.2.19 10:32:10 PMコースのねらい●どんどん増える資料や書類、あふれる情報などを整理して、自分の仕事環境を改善する方法を身につけます。●身の回りを整理・整頓することで、思考と精神に余裕を持たせることを学びます。特 色●「わかる」「できる」ためのトレーニング ① まず、汎用的な整理・整頓の基本ステップを学習します。 ② 「モノ」「情報」「時間」「心」の4つについて、整理・整頓を怠ったときのリスクを確認した上で、具体的な整理・整頓の仕方を共通の基本ステップに沿って身につけていきます。 ③ 「モノ」「情報」「時間」「心」それぞれの整理・整頓ステップを、トレーニングブックで実践していきます。カリキュラムテキスト整理・整頓力を磨く① 整理・整頓はなぜ大切?② モノの整理・整頓③ 情報の整理・整頓④ 時間の整理・整頓⑤ 心の整理・整頓サブテキスト整理・整頓Step by Stepトレーニング① モノの整理・整頓をしてみよう② 情報の整理・整頓をしてみよう③ 時間の整理・整頓をしてみよう④ 心の整理・整頓をしてみようハイパフォーマンス・プラン!例えば▶▶仕事を完遂する能力を高めたい!BFシリーズ内のコースと自由に組み合わせて受講し、仕事推進力をさらに高めることができます。整理・整頓力おすすめの組み合わせ(例)段取り力eTexteText受講者の声モノの整理・整頓ができれば、時間配分も上手になれるのだと思います。仕事も家事も効率よくできれば、心にも余裕ができそうです。そうなれるよう、整理・整頓を習慣化したいです。(販売)仕事環境のムリムダムラをなくして、仕事の生産性を上げるデスク回りが快適に整っているか、情報がアクセスしやすく使いやすい状態か、仕事の時間管理がきちんとできているかといったことは、単に仕事環境だけでなく、ビジネスパーソンの思考や精神にも影響を与えます。このコースでは、一人ひとりのビジネスパーソンが仕事を完遂するために必要となる、仕事のしやすい環境を自らつくる方法を学びます。88コースコードB5Y0▶ビジネス・ファンダメンタルズ・シリーズ▶やり抜く力考えるやり抜く伝える~心と仕事をスッキリさせる~整理・整頓力を磨く文部科学省認定マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報143

元のページ  ../index.html#145

このブックを見る