通信研修総合ガイド2018
141/428

対象者対象者説得・交渉のスキルを高め、実務に役立てたい方相手とWin-Winの関係をつくり出し、ともに成果を分かち合いたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料12,960円一般受講料 18,360円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・サブテキスト・・・1冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型■交渉の準備交渉テーマの想定交渉相手の意志決定権者の特定交渉相手の情報収集交渉ストーリーの構築交渉を取り巻く状況分析《テキスト誌面イメージ》108(2)ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックドア・イン・ザ・フェイス・テクニックは、フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは逆に、最初に断られるであろう大きな要請をしておき、断られた段階で本来要請したかった内容を切り出すという手法です。人間というのは相手の要求を断ったことに負い目を感じ、2度続けて断ることには抵抗感が生じます。しかも最初に断った段階で相手が譲歩して、要求のハードルを下げてくれていますから、なおさら相手に報いなければ申し訳ないという気持ちが働き(返報性)、断りにくくなってしまいます。また、ある物の価値が、他の物と比較することによって上がったり下がったり感じられることを知覚のコントラストといいます。ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使うと、知覚のコントラスト効果で、1回目の要請に比べて、2回目の本題の要請が大したことではないように感じられてしまうということも、相手が要請を受け入れてしまう理由の一つとして挙げることができます。最初に大きな要請をし、断られてから本来の要請を切り出す。本来の要請第3章説得・交渉の実践スキル109ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックのスクリプト(台本)Gさんは今回計画されている社内イベントの担当で、そのイベントの予算について上司と交渉中です。Gさん「昨年のイベントは参加者が低迷したと聞いています。そこで今回は、参加率を高めるためにいろいろなプランを盛り込んでみました」上司「どれどれ、詳しく聞かせてもらおうか」Gさん「はい、今回は目玉として豪華ゲストを招きます。それでトークショーやライブをしてもらいます。これだけでも十分参加率アップは見込めるのですが、従来から不満の多かった食事も少し豪華にしたり、抽選会で景品をプレゼントしたりなども考えています。ただしその結果、予算は大幅にオーバーしてしまいましたが……」上司「気持ちは分かるが、予算オーバーは困る」Gさん「そうですか……。いいアイデアだと思ったのですが。やはり大幅な予算オーバーはマズイですよね。このプランの中で最もコストがかかっているのが豪華ゲストですから、それは諦めます。その代わり、食事を少々豪華にするのと景品の抽選会だけは残してください。実はそれでも予算は少しオーバーしてしまうのですが、ほんのわずかですから、お願いします!!」上司「そこまで言うなら仕方ないな」コースのねらい●説得・交渉にあたり、論理的アプローチと心理的アプローチの両方を意識し、相手とWin-Winの関係を構築するための知識とスキルを習得します。●双方の満足度を高めるための説得・交渉の手法を学びます。特 色●「わかる」「できる」ためのトレーニング ① 交渉の準備とそのための戦略構築スキルを学び、実際の交渉の場面で活用できる実践的なスキルを身につけます。 ② さらに、人間の行動や心理学的視点から説得・交渉を成功に導く知識を学びます。 ③ 説得・交渉の場面で使用できる話法を学習するとともに、さまざまな説得・交渉の場面を設定し、トレーニングします。カリキュラムテキスト説得・交渉力を高める① ビジネスにおける説得・交渉とは② 交渉の準備と戦略構築スキル③ 説得・交渉の実践スキル④ 説得・交渉を上手に運ぶための知識サブテキスト説得・交渉トレーニングブック① 説得・交渉の話法② 場面別 説得・交渉エクササイズハイパフォーマンス・プラン!例えば▶▶攻めの交渉がしたい!BFシリーズ内のコースと自由に組み合わせて受講し、仕事推進力をさらに高めることができます。説得・交渉力おすすめの組み合わせ(例)判断力eTexteText受講者の声普段無意識に使っている手法、また初めて目にする手法もあり、とても興味深く学ぶことができました。お客様との交渉時、事前シナリオを考えるにあたり、非常に有効な知識になると感じています。(情報)論理的・合理的なコミュニケーションでお互いの納得を引き出す業種や職種にかかわらず、ビジネスの日常には小さな説得から大きな商談まで、説得・交渉の場面が溢れています。駆け引きに強くなり、常に相手より優位に立とうとするだけでは、良好なビジネスの関係を築くことはできません。このコースでは、相手と合意に達するまでのコミュニケーションスキルの1つとして、お互いの満足度を高める説得・交渉力を学びます。84コースコードA2R1▶ビジネス・ファンダメンタルズ・シリーズ▶伝える力~Win-Winの関係をつくる~説得・交渉力を高める考える伝えるやり抜くマネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援ビジネススキルマネジメント(階層別)資格試験情報139

元のページ  ../index.html#141

このブックを見る