通信研修総合ガイド2018
140/428

対象者対象者企画力を養い、実務に役立てたい方相手に印象づける効果的なプレゼン方法を身につけたい方受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料12,960円一般受講料 18,360円教材構成標準添付 eTextあり・テキスト・・・・・・・1冊・DVD・・・・・・・・・・1枚・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型企画を立てる企画書を作成するプレゼンの準備・心構えプレゼン技法相手を感動させるプレゼンテーション《テキスト誌面イメージ》80プレゼンテーションは、一方的に話す行為だと思われがちですが、実は話し手と聞き手の対話です。意識の中で双方向のやりとりが行われているのです。それが、スムーズで、心理的に心地よいものであれば、プレゼンテーション全体の流れは双方にとって気持ちよいものになるでしょう。まずは序論(つかみ)でよい対話が成立しなければ、本論以降の意識の交流はスムーズにいかない可能性が高くなります。(1)序論(つかみ)の全体像アウトライン構成で最も重要なのは「つかみ」です。ここで聴衆に“聞きたい”と思わせることができなければ、結局、本論を聞いてもらえないのですから。聞き手の心を「つかみ」、“この話は私が聞くべきものだ”と思ってもらうためには、序論(つかみ)の流れを聞き手の心理に従って並べる必要があります。その流れとは、大きく4つのステージ、細かくは10のステップに分かれます。順にみていきましょう(図表3-11)。3序論(つかみ)の流れ企画・プレゼン力_2c.indd 8014/03/06 9:16第3章プレゼンテーションの構築 ~企画提案を口頭で理解しやすく構成する~81■図表3−11 序論(つかみ)の流れ(2)序論(つかみ)を聞く人(聞き手)の心理序論(つかみ)は、10のステップの流れで進めていきます(図表3-11)。そのとき、聞き手はどのような受け止め方をするのか、心の声を書いてみましょう(太字部分)。ステージ1:雰囲気づくり①あいさつ:明るいあいさつで始める。    → 礼儀正しい人だ。聞いてあげてもいいな。      一体誰だろう?②名前:発言者の名前を告げる。    → あなたが何者か分かった。次に進んでいいよ。ステージステップ1.雰囲気づくり①あいさつ明るく礼儀正しくあいさつをする②名前発表者は誰か、姓名を名乗る③感謝聞き手に感謝を述べる④テーマスライド上のテーマをはっきり告げる⑤アテンションゲッター聞き手の興味(アテンション)を引くような質問をする2.ニーズの確認⑥ニーズの確認・設定質問を聞き手のニーズに関連させ、聞き手のための話であると確認する3.プレビュー⑦本論予告本論の3ポイントを紹介する⑧流れの予告プレゼンテーションの進め方を告げる4.目的⑨目的・期待聞いた結果どうしてほしいのか、目的を告げる⑩つなぎの言葉本論に移ってよいか確認する企画・プレゼン力_2c.indd 8114/03/06 9:16コースのねらい●企画を立て、それをプレゼンするまでの一連のプロセスとスキルを、“オールインワン”のパッケージで学びます。●論理的に相手に伝えられる企画書の作成法を学びます。●相手を納得させられるプレゼン技法を身につけます。特 色●「わかる」「できる」ためのトレーニング ① 企画を立てるステージと、企画書を作成するステップを順に学びます。 ② 企画提案を、口頭で、相手が理解しやすいように説明するプレゼン技法を学びます。 ③ 目で見て、耳で聞いて、確認しながら、プレゼンの心構えと効果的なプレゼン技法を確認します。カリキュラムテキスト企画・プレゼン力を強化する① 企画の構築② 企画書の作成③ プレゼンテーションの構築④ プレゼンテーションの実践⑤ 図解表現の工夫DVDプレゼン・トレーニングプレゼンテーションにおける立ち居振る舞いや実際のデリバリーを、DVDで体感しつつ、確認します。※DVDは、日本国内向けに生産・販売されているDVD対応プレーヤーで再生してください。パソコンやゲーム機などでの動作保証はしておりません。ハイパフォーマンス・プラン!例えば▶▶通る企画書をラクに作りたい!BFシリーズ内のコースと自由に組み合わせて受講し、仕事推進力をさらに高めることができます。企画・プレゼン力おすすめの組み合わせ(例)文章力eText受講者の声仕事でプレゼンを行う事が多いのですが、自分でも意識していなかったクセや、実行できていない表現方法等、学習を通じて沢山気付く事が出来ました。効果的なスライドの作成方法等、大変役立つ資料となりました。(製造)納得から感動へ 人を動かす企画書をつくり、印象的なプレゼンテーションを行うどんなに素晴らしいことを思いついても、自分のアイデアを仕事で実現するためには、企画を立て、企画書に落とし込み、プレゼンテーションを成功させるプロセスが必要です。このコースは、企画の準備から企画書の作成を経て、プレゼンテーションに至るまでのプロセスを学びます。83コースコードB5W0▶ビジネス・ファンダメンタルズ・シリーズ▶伝える力考える伝えるやり抜く~納得の企画書!感動のプレゼン!~企画・プレゼン力を強化する文部科学省認定マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)138

元のページ  ../index.html#140

このブックを見る