通信研修総合ガイド2018
114/428

コースのねらい●いまどきの若手社員が生き生きと活躍・成長できるよう指導するための考え方・手法を学びます。・若手社員との健全な関係性を築くための考え方・手法を身につけます。・若手社員が成長するための指導や活かし方に関するさまざまなアプローチ方法を身につけます。・若手社員の育成を通じて、指導者・リーダーとしての自己成長を図ります。特 色●いまどきの若手社員の特性・特徴を踏まえた、指導・育成の考え方や具体的手法を学ぶことで、若手社員の指導に苦労・困惑している現状に、ピンポイントで応えます。●指導すべきところはきちんと指導するとともに、相手の良さを認め活かす、指導側も学ぶといった価値観のもと、1人ひとりに寄り添った指導力を身につけます。●エクササイズやケースを通じて、指導場面で直面するさまざまな問題や葛藤に向き合い、乗り越えるためのポイントを具体的・実践的に学びます。カリキュラム1若手社員の受け入れ方・接し方・育て方① 人材育成に関わる環境変化と指導する意義~オブジェクト~② 若手社員を受け入れる~マインドセット~  いまどきの若手社員を知る/指導者としての心構え/若手社員を受け入れる③ 若手社員と接する~コミュニケーション~  若手社員とのコミュニケーション/説明力を高める/質問力を高める/  傾聴力を高める/雑談力を高める④ 若手社員を育てる~ディベロップメント~  若手社員を指導する/経験から学ばせる/日常の機会指導⑤ 若手社員の指導者となる~リーダーシップ~  指導者としての自分を知る/どのような指導者になりたいか2実践!若手指導・育成コミュニケーション若手社員を指導する際に直面するさまざまな事柄について、 10個のケースを通じて実践的に学習します。①「言われたことしかやらない」②「無駄や苦労を嫌がる」③「自己主張をしない」④「デジタルネイティブな新入社員」⑤「自分で考えようとしない」⑥「何度も同じ失敗をする」⑦「職場になじまない」⑧「言い訳が多い」⑨「自分勝手なやり方で仕事を進める」⑩「OJTリーダーが忙しくて指導が追いつかない」※教材構成・カリキュラムなどは変更になる場合があります。eTexteText57コースコードB9N0▶若手フォローアップ▶若手を指導する~定着と早期戦力化をめざす~若手社員の受け入れ方・接し方・育て方対象者対象者若手社員を指導する立場にある人(OJTリーダー)若手と接する機会が多いビジネスパーソンチームリーダー、管理・監督者などチームを率いる立場にある人受講期間受講期間2か月在籍期間 4か月特 別受講料特 別受講料15,120円一般受講料 20,520円教材構成eTextあり・テキスト・・・・・・・2冊・添削・・・・・・・・・・・2回リポートの種類+講師添削型関係性を構築し、適切な指導を行う若手社員の置かれた状況や1人ひとりに合わせた指導をする1人の個性を持った人物として相手を尊重し接する若手社員を受け入れ適切な指導ができる関係を構築するなんでこれやっていないの?“当たり前”のことでしょ!そのくらい自分で考えてよ!やって欲しいなら「これをやって」ってきちんと言ってよ!えっ、すみません・・・そもそもなんでこれ必要なの?2018 NEW若手指導に関わる「当たり前」の基準を塗り替えるかつてと異なり、上司や先輩が正解を知っていて、ただそれを教えていればよい時代ではなくなりました。また、コミュニケーションや仕事のスタイルなど、先輩世代からは「ダメ出し」をされがちな若手社員ですが、情報収集力や情報整理力の高さ、演出力の高さ、自己成長意欲、社会貢献意欲など、先輩社員にとっても見習うべき点が多くあるはずです。若手社員の能力を活かし、育てていくためには、より若手社員の現状を認め、寄り添った指導が求められます。このコースでは、若手社員の早期戦力化と継続的な成長のための具体的な考え方やスタンス、指導法などを学習していきます。■主な対象者内定者・新人一般・中堅主任・係長課長部長マネジメント次世代リーダー職 能 別パソコンスキル語  学ビジネス教養資格取得支援資格試験情報ビジネススキルマネジメント(階層別)112

元のページ  ../index.html#114

このブックを見る