セミナー総合ガイド2018
78/144

76教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別マネジメントスキル管理実務日程・開催地2018年13回10月22日(月)~23日(火)2019年14回1月29日(火)~30日(水)<定員24人>東京代官山No.Webキーワード管理者・リーダーのための経営分析全体最適を考え、企業価値を高めるためのマネジメント活動を実践する63G3509通学2日大阪名古屋東京東京参加者の声実在する企業の情報をもとに分析する内容はイメージが湧きやすくてよかった。自社の計画理解に役立つと思う。また各分析手法の考え方と実際の課題解決との関係について理解が深まった。(40代、男性 製造)対象者経理・財務スタッフ(経営企画部門スタッフ)、企業の意思決定に関わる上級マネジャー、一通りの会計やファイナンス知識のある方(ただし専門知識を得るための研修ではない)、今後管理系で役員などの上級管理職を目指す方ねらい1.財務・経理担当者の業務は事業戦略とつながっており、企業の意思決定に資する業務であることが分かる2.難解な手法を身につけるのではなく、分析の構造や原理原則を身につけ、財務・経理部門のステイクホルダーと対等に渡り合えるようになる3.経営者意識を持つことで、将来CFO等として企業経営に関われる下地をつくる概 要経営戦略・事業戦略に資する位置づけとして財務戦略の全体を学びます。企業価値評価の方法の理解とその使い方、金融機関・株主との関係の築き方などを押さえます。企業金融と事業会社財務の現場の経験の長い講師が、ステークホルダーと交渉できるための財務戦略の原理・原則、運用・調達場面での意思決定のあり方などを分かりやすくお伝えします。一方的な講義形式ではなく、参加者の皆さんと講師の対話、参加者同士でのディスカッションを取り入れてセミナーを進めます。▲プログラムNo.Webキーワード経営に求められる財務戦略企業の意思決定を支える64G36961.オリエンテーション2.財務戦略と経営戦略○財務戦略と事業戦略の関係○経営から求められる財務戦略3.財務分析○財務諸表の分析を通じて仮説を構築する○複数のステークホルダーの立場に立った複眼的な分析の視点4.企業価値分析○企業価値はなぜ重視される○DCF(discountcashow)のカラクリと企業価値算定の勘どころ○プロジェクトの収益性評価○高く売りたい売り手vs安く買いたい買い手17:309:301日目5.個別の財務戦略○手元現預金の適正水準○配当戦略・自己株取得といった株主に対するベネフィット○最も企業価値が高まる負債資本構成6.資金調達○取引金融機関との関係性の築き方○複数の選択肢の中からの適切な資金調達手法の選択○融資を申し込む企業vsメインバンク7.IR○株主総会やIRミーティングなどの投資家コミュニケーション○企業vsアクティブな投資家17:309:302日目●電卓をご持参ください。●電卓をご持参ください。参加費講 師75,600円松尾 泰参加費講 師81,000円大野 潔日程・開催地2018年3回9月6日(木)~7日(金)2019年4回2月21日(木)~22日(金)<定員24人>東京代官山対象者すべてのマネジャー・リーダーねらい1.事業計画書を読み込んで、会社の進むべき方向性を把握する2.決算書を分析しながら会社状況を把握して、会社の全体最適を考えることができるようになる3.目標経営指標の設定と実現のために経営指標達成MAPを作成する4.管理者・リーダーとして何を考えながら仕事をするのかを考察する5.企業価値評価法を把握し定量的に企業を評価する概 要自社の進むべき方向を理解した上で、会社の全体最適を見据えながらマネジャーとしての目標を達成する方法を考察します。質の高いマネジメント活動をしているつもりではあるが決算書にどのように影響を与えるのかを把握できていない状況や、自部門の目標を達成することで他部門に与える負の影響を把握できていない状況などを打開します。▲プログラム1.オリエンテーション2.会社の進むべき方向性を把握する○中期経営計画から事業計画へのつながり○経営環境把握 ○経営戦略実現するための5つのパターン3.事業計画を読む○事業計画書作成プロセス○売上、利益計画作成(トップダウン、ボトムアップ)○行動計画への落とし込み4.目標経営指標設定○損益計算書 ○貸借対照表 ○キャッシュフロー計算書17:0010:001日目5.目標経営指標設定○損益分岐点 ○損益分岐点改善策の検討 ○目標利益設定6.予想損益計算書、貸借対照表○予想損益計算書作成 ○予想貸借対照表作成7.企業評価○銀行格付 ○企業価値を把握する8.仕事設計○目標経営指標実現のために17:0010:002日目通学2日大阪名古屋東京東京演習講義40%60%演習講義50%50%企業価値評価法を把握し定量的に企業を評価した上で企業価値を高めるためのマネジメント活動を考えるセミナーです。部・課の生産性の向上につなげられるように部・課の最適だけを追い求めることなく、会社全体の最適を考えることができることを目指します。講師の声松尾 泰 講師企業金融と事業会社財務の長い現場経験がある講師のセミナーです。企業価値、評価の方法の理解とその実践的な使い方から、金融機関・株主との関係の築き方を学びます。講師の声大野 潔 講師

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る