セミナー総合ガイド2018
76/144

74教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別マネジメントスキル部下・後輩指導日程・開催地2018年10回9月27日(木)~28日(金)2019年11回1月28日(月)~29日(火)<定員24人>東京代官山No.Webキーワード部下育成のためのコミュニケーショントレーニング効果的な部下育成スキルを体験中心のトレーニングで習得する59G3532通学2日大阪名古屋東京東京参加者の声伝え方やフィードバックなど何気なく行っていたことがどのような影響があるのか、相手がどう思うかが体系的に理解することができました。これから意識して取り組みたいです。(30代、男性 各種サービス)参加者の声メンティの経験ができたことや、実際には練習の機会が少ないメンターの練習ができたことはよかった。メンターはカウンセリングやコーチングの勉強になるため、メンター制度の導入有無に関わらず、自分が上司・先輩・管理職ではなくても役に立つと感じました。(20代、男性 学校・教育)対象者メンター、育成リーダー、OJTリーダー、教育担当者ねらい1.メンタリングの効果を理解し、メンターの役割を確認する2.メンティとの信頼関係を築き、動機づけへつなげる関わり方を習得する3.演習やグループディスカッションを重ね、実践力に磨きをかける4.メンター同士の情報交換から相互啓発を促す概 要「メンター」とは「助言者」であり、組織におけるメンター制度では、社員の成長を促す役割を指します。キャリア形成や仕事において、対話による気づきを促し、意欲を引き出す支援を行います。「仕事にやりがいが見いだせない」「仕事が覚えられない」「社会人生活になじめない」という理由で社員が離職するケースがあります。このセミナーでは、そのような社員が抱えるであろう不安に寄り添い、支援するメンターを養成します。▲プログラムNo.Webキーワード信頼関係を築くメンター研修メンタリングに生かす基礎スキルの習得を図る60G36801.オリエンテーション○研修のねらい ○メンター制度導入の背景○メンターへの役割期待2.メンタリングの手法(1)メンティとの関係づくり ○カウンセリングマインド ○積極的傾聴力 ○効果的伝達力 ・メンティとの対話(メンティの気持ちを察し、分かりやすく語りかける関わり方を練習)(2)メンティの動機づけ ○目的別問いかけ力 ○承認と注意 ○フィードバック ○GROWモデル ・メンタリング体験(メンティとの対話の深め方や動機づけを練習)(3)ケーススタディ ○こんなときどうする!(メンティのタイプや陥りやすいケースごとの対処方法を検討)3.研修のまとめ○メンターの行動計画 ○質疑応答17:009:30●旧名称:「新入社員との信頼関係を築くメンター研修」参加費講 師75,600円梅本 和比己参加費講 師38,880円佐藤 知央日程・開催地2018年4回6月25日(月)2019年5回2月25日(月)<定員24人>東京代官山対象者より効果的な部下育成を実現したいと考えている管理者、職場リーダーねらい1.部下育成についての目標を明確にする2.部下への柔軟な対応スキルを身につける概 要部下の育成に悩む管理者やリーダーが増えています。多様な価値観を持った部下の育成には、新しい考え方とスキルが必要になっています。このセミナーでは、心理学に裏付けされた技法の実習と講師による模範演技によって、一味違ったトレーニング体験をしていただき、明日からの部下育成に役立つスキルを習得していただきます。▲プログラム1.アイスブレイク(他人紹介)○この研修の目標2.育成指導を妨げるブレーキ○管理職に必要な自己理解 他3.対応困難な部下の育成○困難な対応のコミュニケーション技法 他4.効果的なスキル(ラポール・傾聴)○良いコミュニケーションの前提条件 他17:309:301日目5.フレーミング・リフレーミング○フレーミング○リフレーミング(行動と意図の区別) 他6.やる気を高める叱り方・ほめ方○反抗的な部下への対応 ○自信を失っている部下 他7.上司としての自己一致○管理者の役割と自己一致○やりがいに気づく 他17:309:302日目通学1日大阪名古屋東京東京演習講義80%20%演習講義40%60%「メンター」とは、メンティとの「ナナメの関係」に位置づけられ、主に助言をする役割です。しかしながら、職場における「メンター」とは、メンティの状況に合わせて、時には指導を行ない、考えを引き出すように問いかけ、さらに助言も行うことが求められています。つまり、「メンティ」の様子をよく見極め、適切な関わり方をすることが必要です。このセミナーでは、具体的な事例を参考に、メンターに寄り添うためのメンタリングスキルに磨きをかけていただきます。講師の声佐藤 知央 講師管理職やチームリーダーには、明らかに今までとは違う「働き方」をする人々への対応が求められています。変化とスピードの速い現代のビジネス環境だからこそ必要な、「多様化を許容」する柔軟かつ強力な対応法を提案したいと考えています。講師の声梅本 和比己 講師

元のページ  ../index.html#76

このブックを見る