セミナー総合ガイド2018
73/144

71教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成カテゴリー別 公開セミナー★このガイドに掲載されているセミナーはすべて企業内研修での実施が可能です。貴社・貴団体担当アドバイザーにご相談ください。事前課題のあるセミナー一覧階層別チーム・プロジェクトマネジメント部下・後輩指導マネジメントスキル日程・開催地2018年30回11月13日(火)~14日(水)2019年31回2月25日(月)~26日(火)<定員24人>東京代官山No.Webキーワードチームマネジメント研修新たなリーダーシップの行動原則を習得する53G3301通学2日大阪名古屋東京東京参加者の声ロールプレイングの内容が実際の職場にとても近いものが多くあり、現場での実践のように体験できました。とても楽しく受講できたので、覚えている量も多いと思います。(30代、男性 金融)参加者の声リーダーとしての行動原則、要因、チームの状態を体系化して理解できた。自分に足りていないもの、これから意識していかなければならないことに気づけた。(30代、男性 エネルギー)対象者職場の部下・後輩を指導する中堅社員から係長相当職までの方、OJTリーダーを担当する方、職場内人材育成を考えるマネジャーねらい1.メンバーの主体性を引き出すアプローチの重要性を認識でき、それに則ったビジネスコーチングスキルが習得できる2.メンバーの状況や個性に合わせたビジネスコーチングが展開できる概 要組織目標の達成と人材育成を効果的に進めるための基本的な考え方を学び、実践的なビジネスコーチングスキルを習得し、ロールプレイングで実感するセミナーです。人材育成にあたっては、「コーチが教えるのではなく、本人が主体的に仕事に取り組めるように支援する」ことを重視します。また、コーチングの原則を学習するだけではなく、メンバーの個性に応じた育成という応用面についても学習します。▲プログラムNo.Webキーワードビジネスコーチング研修豊富な演習とロールプレイングでビジネスコーチングスキルを実感できる54G36281.ビジネスコーチングの概要○ビジネスコーチングとは ○ビジネスコーチングの全体像○ビジネスコーチにとってのメリット2.ビジネスコーチングにおける主体性の重要性○ビジネスコーチング場面を体験する ○ビジネスコーチングの基本的な進め方 ○メンバーの主体性を引き出す○主体性を引き出すコーチングスキル3.メンバーの主体性を引き出すコーチングスキル○状況説明のスキル ○発問のスキル ○傾聴のスキル17:309:301日目4.総合ロールプレイング ~総合ロールプレイング15.メンバーや状況に応じたビジネスコーチング○職場メンバーの指導に関する問題の整理○問題解決に向けたビジネスコーチングの実践 ~総合ロールプレイング26.メンバーの個性に合わせたビジネスコーチング○柔軟にビジネスコーチングを進める ○メンバーの学習スタイル○ビジネスコーチの指導スタイル ○柔軟性の理解7.今後のビジネスコーチングに向けて○自己啓発課題の整理17:309:302日目メンバーの育成は重要だと分かっていても、メンバーの育成や成長を生み出しにくい状況が組織の中には存在しています。ビジネスコーチが指示や命令によってメンバーを動かそうとしているだけでは、状況はなかなか変わりません。メンバーの成長を生み出すとともに、職場における成果を創出するために、「ビジネスコーチ」の養成によって、メンバーへの「働きかけ方」「関与の仕方」を変えていきます。それにより、メンバーが言われたからやるのではなく、メンバーが主体的に仕事に取り組むことを通じて、自らが育つ環境を整えていきます。参加費講 師75,600円藤田 尚、川村 みどり演習講義70%30%参加費講 師75,600円佐々木 順子、門脇 竜一、鈴木 浩子、二瓶 哲 他対象者プロジェクトリーダー、チームリーダー(候補者は除く)ねらい1.リーダーとして、メンバーを率いて成果を上げるための具体的な動き方を理解する2.リーダーの6つの行動原則を実践するために必要となる技術(知識・スキル)を習得する3.自分自身の今後の課題を明らかにする概 要「チーム」のリーダーに求められるのは、従来のような精緻な計画立案とその実行管理だけではなく、自律的で多様なメンバーを束ね、変化を取り込みながら、常により高い成果を追求し、その目的を果たすことです。このセミナーでは、本学が実施した「チームリーダーシップに関する調査」から導き出した6つの行動原則を理解することで、限られた時間で高い成果を実現するチームリーダーシップのあり方と、その具体的な方法論を体得していただきます。▲プログラム1.求められるリーダー○チームの必要性と特徴○高い成果を生み出すためのチームづくり2.コミットメントを獲得する○チームの外部に働きかける リーダーの行動原則1:「外部方略を展開する」○チームの中心価値を押さえる リーダーの行動原則2:「行動指針を徹底する」18:309:301日目3.変化を取り込み、高い成果を追求する○外部とのインターフェイスを広げる リーダーの行動原則3:「外に開く」○外の視点で活動を見直す リーダーの行動原則4:「前提にとらわれない」4.相互理解・信頼に基づき「チーム力を最大化する」○メンバーの特性を表出させる リーダーの行動原則5:「個を活かす」○チームの動きをとらえて共有化する リーダーの行動原則6:「オープン・シェアリング」5.まとめ18:009:302日目日程・開催地2018年191回6月4日(月)~5日(火)192回7月19日(木)~20日(金)193回8月27日(月)~28日(火)194回9月25日(火)~26日(水)195回10月18日(木)~19日(金)196回11月15日(木)~16日(金)197回12月10日(月)~11日(火)2019年198回1月16日(水)~17日(木)199回2月14日(木)~15日(金)200回3月4日(月)~5日(火)<定員24人>東京代官山2018年23回11月12日(月)~13日(火)<定員18人>名古屋名古屋2018年37回7月26日(木)~27日(金)38回11月21日(水)~22日(木)<定員20人>大阪西梅田通学2日大阪名古屋東京東京大阪名古屋演習講義40%60%時間の切迫度、タスクの性質、メンバーの多様性・関係性が大きく異なる今日の職場(チーム)の中でリーダーは、今までの実行管理型とは違い、課題を自ら創造し、メンバーの参画意識を高め、相互信頼を確立するというリーダーシップの発揮が求められます。そこで必要なリーダーの行動原則をケーススタディやロールプレイングなどを通じ習得します。講師の声藤田 尚 講師講師の声佐々木 順子 講師

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る