セミナー総合ガイド2018
72/144

70教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別マネジメントスキルチーム・プロジェクトマネジメント日程・開催地2018年5回10月2日(火)~3日(水)2019年6回2月21日(木)~22日(金)<定員24人>東京代官山No.Webキーワードチームビルディング実践組み立てブロックで体感!51G3661通学2日大阪名古屋東京東京参加者の声ファシリテーションにおいて最も重要なことが準備にあることを改めて感じることができた。テクニックを学ぶだけでは意味がないので、実際に活用して身につけていきたい。(20代、男性 通信・情報・IT)参加者の声チームで仕事をすることが多いので今回学んだことを生かしていきたいと思う。(20代、男性 通信・情報・IT)対象者マネジャー、プロジェクトリーダー、プロジェクト型業務セクションのリーダー、中堅社員ねらい1.活性化された会議を行うための、準備から進め方までを習得する2.会議に活用する「要約フィードバック」力を磨く3.要約内容を図示する「ファシリテーショングラフィックス」力を磨く概 要ミーティングで起こりがちな問題点を効果的に解決するための方法として、 (1)ミーティングを設計する技術、(2)ミーティングを活性化させる技術、(3)まとまらない話をまとめる技術、(4)ミーティングを締めくくる技術、の4点について、実践的な演習やケーススタディを通して学習します。▲プログラムNo.Webキーワードミーティングマネジメント短時間で質の高い会議を進行するための具体的なスキルを身につける52G36001.オリエンテーション○この研修のねらい○ミーティングを活性化するファシリテーターの役割2.ミーティングを設計する技術○ミーティングの事前準備○ミーティングで留意すべきポイント3.ミーティングを活性化する技術○ミーティング環境を造る際に考慮すべきこと○意見を出しやすくするためのミーティングツールの活用4.まとまらない話をまとめる技術○ロジカルリスニングと要約フィードバック5.ミーティングを締めくくる○ミーティング全体を振り返る○合意形成事項を確認する○実行計画を策定する17:309:30会議を活性化するために、会議の準備、話し合いを要約してまとめる技術・締めくくる技術などについて演習を交えながら学び、習得していただきます。職場の会議活性化のために、ご受講をおすすめします!参加費講 師75,600円福岡 宣行演習講義70%30%参加費講 師38,880円森 幸子、廣部 靖、藤田 尚日程・開催地2018年17回9月10日(月)18回11月12日(月)2019年19回2月6日(水)<定員24人>東京代官山対象者リーダー、主任、チーフ職および候補者、小規模職場集団を取りまとめる立場の方ねらい1.自職場を想定しながらチームワークの意味とその形成手法を身につける2.「チームワーク形成に必要な基本」を演習を通じて体感的に理解する3.チームワークを円滑に行うための自分自身の軸のあり方を理解する概 要近年、チームワークは、1人のリーダーが全体を引っ張る「統率型のチームワーク」から、メンバー全員がおのおのの状況に応じてリーダーを担う「相互啓発型のチームワーク」へと求められる形が移行してきています。しかし、相互啓発型のチームワークを実践するためには、チームメンバーが「チームワーク能力」を身につけていることが不可欠です。Dickinson&Mclntyre(1997)はチームワークを「コミュニケーション」「チームの志向性」「リーダーシップ」「モニタリング」「フィードバック」「支援行動」「相互調整」の7つの要素でモデル化しました。つまり、良いチームワークは、メンバーがこれらの7つを実践できる能力を持っていることだと言えます。このセミナーではチームワーク能力を、仮想の職場を用いた演習を通じて体感しながら習得することができます。また、チームワークをより深く理解するには、チームの状態を客観的に見ることが重要なため、アンケートを用いてセミナー中のチームワーク状態を測定し、定量的に確認しながら進めます。演習は組み立て職場を想定していますが、どのような業種・職種の方でも職場で活用できるように工夫しています。業種が商社、小売、通信、サービス業の方々や、職種が事務職、営業職、システムエンジニアなどの方々にも役立ちます。▲プログラム1.オリエンテーション○チームワークとは ○他己紹介 ○自己を表現する:オブジェで自分を表す2.チーム形成の進め方1)孤独な私(個人での仕事) ○各人で組み立て2)ひとりじゃないの(ペア仕事) ○手順書作成とPDCA:手順書作成3)チームの意味(分担・平準化):チームで改善3.振り返り○アンケートの集計17:009:301日目4.チームのコミュニケーション○コミュニケーションのスキル○3層のコミュニケーション:職場のインタビュー5.チームで改善○問題の発見(チームで共有):問題の原因分析○業務の改善とQCD:治具の作成と改善活動6.振り返り○メンバーの強みを振り返る○オブジェ再構築17:009:302日目チームワークは「感じる」ものです。それ故に、日々の業務の中で良いチームワークを感じても、知識として残らず再現することは容易ではありません。このセミナーではある職場を想定し、ブロックを組み立てる仕事を通じて、仕事でのチームワークを客観的に振り返ることができます。良いチームワークとは何か?を頭と体で理解することで、職場で再現できるようになることをねらっています。通学1日大阪名古屋東京東京演習講義50%50%講師の声福岡 宣行 講師講師の声森 幸子 講師

元のページ  ../index.html#72

このブックを見る