セミナー総合ガイド2018
71/144

69教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成カテゴリー別 公開セミナー★このガイドに掲載されているセミナーはすべて企業内研修での実施が可能です。貴社・貴団体担当アドバイザーにご相談ください。事前課題のあるセミナー一覧階層別チーム・プロジェクトマネジメントマネジメントスキル日程・開催地2018年7回8月27日(月)2019年8回1月28日(月)<定員24人>東京代官山No.Webキーワードはじめてのプロジェクト プロジェクトマネジメント基本プロジェクトの理論と実践をつなぐ49G3635参加者の声今まで場当たり的な進め方でしたが、今回7つの手法を教えていただいたことで大変心強く感じました。今後、活用して習熟していきます。(40代、運輸・物流)参加者の声ミッションを明確にすることの重要性やQCDだけでなく、S(Scope)も重要であることがよく理解できた。(40代、製造)対象者プロジェクト型の業務のマネジャー、あるいはマネジャー候補者(近い将来にプロジェクトマネジメントを担う方)ねらい1.プロジェクトマネジメントの全体像を理解する2.『タスクマネジメント』機能と『チームデザイン』機能についての基本を身につける3.プロジェクトマネジャーとしての実践力を高める概 要プロジェクトマネジメントは、定められた期間と予算の制約下で、プロジェクトの成果創出に向けて最大のパフォーマンスを実現するための実践的なマネジメントの技術です。その考え方と技術は、『タスクマネジメント』機能と『チームデザイン』機能の2つに大別して捉えることができます。このセミナーではプロジェクト活動に合理的な筋道をつけ、活動の一貫性を図るとともに、「人の能力」をはじめとする諸資源を有効活用するための方法を学びます。▲プログラムNo.Webキーワードプロジェクトマネジメント実践研修プロジェクトを確実に遂行するポイントを学ぶ50G36861.オリエンテーション○ねらい、進め方○プロジェクトとは何か○プロジェクトマネジメントに関連する代表的な規格2.プロジェクトマネジメントの全体像○プロジェクトのマネジメント領域○タスクマネジメントとチームデザイン○プロジェクトマネジメントのプロセス3.プロジェクトのリ・オリエンテーション○ミッションの定義(意味づけ)○プロジェクト構想の策定4.望まれるリーダー像とチームデザイン○リーダーシップとパワー○成果を上げるチームづくり17:309:301日目5.タスクマネジメントと関連技法○プロジェクト計画 ・プロジェクトマネジメント計画書 ・スコープ記述書 ・WBS ・コスト ・要員計画○プロジェクトの実施と管理 ・計画と実績の差異の監視 ・リスクの監視コントロール○プロジェクトの評価・終結 ・無形資産としての教訓6.現状の振り返りと今後へ向けての取り組み○マネジメント行動のチェック○現状と将来像のギャップ17:309:302日目参加費講 師38,880円芝本 秀徳参加費講 師81,000円仁宮 裕日程・開催地2018年4回7月19日(木)~20日(金)5回10月4日(木)~5日(金)2019年6回2月18日(月)~19日(火)<定員24人>東京代官山対象者初めてチームを任された方、リーダーの立場になる方プロジェクト型の仕事に携わる方ねらい1.プロジェクトの持つメカニズムを理解する2.プロジェクトマネジメントプロセスの全体像を理解する3.プロジェクトマネジメントの基本文書を作れるようになる概 要企業では市場の変化への柔軟な対応と、高いパフォーマンスが求められる中で、プロジェクト型の仕事の進め方が一般的になりつつあります。当然、プロジェクトを円滑に進めるためのスキルとして「プロジェクトマネジメント」が注目されていますが、そのハードルの高さに学ぶことをあきらめてしまう人が多くいるのも事実です。このセミナーでは、プロジェクトとは何か、プロジェクトはどのようなメカニズムになっているのか、そしてプロジェクトを成功させるために必要なスキルと勘どころを分かりやすく解説します。▲プログラム1.なぜプロジェクトはむずかしいのか?○プロジェクトあるある ○プロジェクトの現実2.そもそもプロジェクトとは?○プロジェクトの3要素 ○不確実性に対処するアプローチ3.プロジェクトマネジメントプロセスの全体像○プロジェクトマネジメントライフサイクル○プロジェクトオーナー、プロジェクトマネジャーの役割4.プロジェクトを開始する○プロジェクトチャーター ○仕事を構造化する5.スコープを定める○徐々に不確実性を小さくする成果物づくり○WBS(分解のしかた)6.ステークホルダーを巻き込む○ステークホルダーを巻き込む○ステークホルダーを分析する7.チームをまとめる 上司と組織を動かす○タックマンのチーム形成4段階モデル○状況対応リーダーシップ8.組織のプロマネ力を高めるアプローチ○組織実行力向上ロードマップ○PM力向上のアプローチ17:0010:00通学1日大阪名古屋東京東京通学2日大阪名古屋東京東京演習講義50%50%演習講義50%50%プロジェクトの特徴は有期性と独自性の2つに象徴されます。つまり、プロジェクトとは「やったことがないことを、何が起こるか分からないのに計画して、予定通りのものを、期限までに終わらせる」ということです。こう言われると、かなり難しい要求であることが分かるはずです。このセミナーは難解なプロジェクトを講師の経験に基づき平易な言葉を使って分かりやすく解説します。講師の声芝本 秀徳 講師

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る