セミナー総合ガイド2018
67/144

65教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員階層別経営幹部育成カテゴリー別 公開セミナー★このガイドに掲載されているセミナーはすべて企業内研修での実施が可能です。貴社・貴団体担当アドバイザーにご相談ください。事前課題のあるセミナー一覧新入社員No.Webキーワード新入社員研修 ビジネスマナー編新入社員のビジネスマナーを重点的に学ぶ41G3626No.Webキーワード新入社員研修 ビジネス基本編新入社員としての仕事の進め方の基本を学ぶ42G3627通学1日大阪名古屋東京通学1日大阪名古屋東京日程・開催地参加費講 師23,760円緒方 勝代2018年 7回 4月 3日(火)<定員18人>名古屋名古屋日程・開催地参加費講 師23,760円緒方 勝代2018年 7回 4月 4日(水)<定員18人>名古屋名古屋名古屋名古屋対象者新入社員対象者新入社員ねらい1.職場のマナーやこれから活動する上で必要となる組織人としての行動の基本を理解する2.電話・来客応対の目的を理解し、職場での実践力を高めるねらい1.組織の一員としての意識を確立し、仕事を進める上で必要な考え方を理解する2.チームワークとコミュニケーションの重要性を体感する概 要このセミナーでは、新入社員として身につけておきたいマナー・電話応対・来客応対を学びます。組織人として好感をもたれる身だしなみや言葉づかい、電話応対の基本といろいろなパターン、来客応対の基本とさまざまなお客様応対および訪問マナーについてロールプレイングをしながら身につけます。学んだ事柄が明日からの行動に反映されることが重要ですが、あるべき論で伝えられるだけでは新入社員は動けません。スキルや対応方法を伝えるだけでなく「なぜ」そうすることが必要なのかを伝え、参加者が行動に結び付けやすいようにセミナーを進めます。概 要このセミナーでは、新入社員として理解しておきたい企業のしくみ・仕事の進め方を学びます。仕事の基本である、P-D-C-Aや報・連・相を分かりやすく伝えます。また、組織活動を理解した上で、職場のルールを守り、コミュニケーションを取りながらチームワークを向上させることの大切さを認識します。学んだ事柄が明日からの行動に反映されることが重要ですが、あるべき論で伝えられるだけでは新入社員は動けません。スキルや対応方法を伝えるだけでなく「なぜ」そうすることが必要なのかを伝え、参加者が行動に結び付けやすいようにセミナーを進めます。▲プログラム▲プログラム1.オリエンテーション○ビジネスマナーの重要性2.組織人としてのマナー○好感をもたれる身だしなみ○言葉づかい~敬語の使い方3.電話応対の基本○電話応対の知識○電話の受け方、かけ方4.来客応対、訪問マナーの基本○おじぎの基本○来客応対・訪問マナーの知識○さまざまなお客様との応対○名刺交換の仕方○訪問マナー5.振り返りと受講レポートの作成17:009:301.オリエンテーション○組織人としての意識を持とう2.企業(組織)のしくみ○組織活動とは○組織の一員としての役割○自社紹介~ビジネスマナーを意識して~○職場生活のルール○職場の人間関係3.仕事の進め方○仕事を進める基本○P→D→C→Aのサイクル○指示の受け方、報告の仕方○仕事の優先順位○チームワークとコミュニケーション4.自己啓発の重要性○自己啓発とは○仕事に創造力を活かそう5.振り返りと受講レポートの作成17:009:30「なぜそうすることが必要なのか、どんな意味があるのか」を受講者と双方向のやり取りや実習を通じて、楽しく厳しく伝えていきます。新入社員がマナーの本質である「相手を思いやる気持ち」を理解し、不安を払拭し、自ら納得して学んだことを職場で実践できるようにしていきます。講師の声緒方 勝代 講師演習講義50%50%演習講義50%50%参加者の声名刺交換の練習で回数を重ねるごとに、スムーズに言葉や動作ができるようになりました。マナーに関して学んだことで、学生から社会人に切り替えなければならないという思いに駆られたこともプラスになりました。(20代、男性)参加者の声最も印象に残ったことは、仕事の進め方です。学生の時は順番に行うことがほとんどだったのですが、これからは仕事の優先度順に行うことになるからです。優先度の決め方など、これから少しずつ覚えていきたいです。(20代、男性)新入社員が自信を持って仕事に取り組めるように、押さえるべきポイントや知識をきっちり伝えていくとともに、主体性や積極性といった意識面にも重きを置きます。自ら納得して学んだことを職場で生かせるようにグループワークやゲームなどを多く用いて、体感しながら理解を促していきます。講師の声緒方 勝代 講師

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る