セミナー総合ガイド2018
65/144

63教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員階層別経営幹部育成カテゴリー別 公開セミナー★このガイドに掲載されているセミナーはすべて企業内研修での実施が可能です。貴社・貴団体担当アドバイザーにご相談ください。事前課題のあるセミナー一覧新入社員No.Webキーワードタフな職場を生き抜く 新入社員の仕事術職場での主体的な働き方について考え、ヒントを見いだす37G3694No.Webキーワード新入社員 ビジネス文書基礎ビジネス文書の基本を実例と作成実習を通して学ぶ38G3621通学1日大阪名古屋東京通学1日大阪名古屋東京日程・開催地2018年 3回 4月 5日(木) 4回 4月 6日(金) 5回 4月 9日(月)<定員30人>東京代官山参加費講 師23,760円安藤 準日程・開催地2018年 61回 4月 5日(木) 62回 4月 6日(金) 63回 4月 9日(月) 64回 4月 10日(火)<定員30人>東京代官山参加費講 師23,760円山浦 恵対象者新入社員対象者新入社員ねらい1.新入社員が主体性をもって仕事に取り組む姿勢を身につける2.さまざまな困難な仕事に直面したときの心の持ちようを身につける3.職場の人間関係を良好に構築するスキルを身につけるねらい1.「ビジネス文書」に対する考え方、特徴、基本ルールを学ぶ2.「社内文書」「社外文書」「ビジネスeメール」について、目的と活用場面、基本文例、作成のポイントを学ぶ3.ビジネス文書の学習を通じて、仕事上のマナーや仕事に対する姿勢を習得する概 要本学が実施した「新入社員の会社生活調査」によると、「働き始めるにあたって不安に思っていること」として、新入社員の7割以上の方が「上司・先輩とうまくやっていけるか」という回答をされました。次に多かったのが、「自分の能力で仕事をやっていけるか」という回答です。この研修では、新入社員が不安に思う職場の人間関係や自分の心の持ち方について、それぞれ積極的な対処法と守るためのスキルを身につけていきます。概 要仕事の基本スキルであるビジネス文書の書き方について学びます。話し言葉から書き言葉への変換から、基本的な「社内文書」、「社外文書」の形式やルールについて習得します。また、日常よく使用する「eメール」の留意点についても取り上げます。▲プログラム▲プログラム1.オリエンテーション○研修のねらい○自己紹介2.職場環境と仕事の困難○仕事の楽しさと困難○自己診断○困難に対する4つの考え方3.人間関係を良好にする○上司・先輩・取引先と仲良くなる○信頼関係を構築する仕事術○難しい人間関係の対応術4.困難に対する折れない心構え術○ポジティブフレーズ○嫌なことをいなす術5.自分の働き方を考える○職場での主体性を考える6.「受講レポート」の作成17:009:301.オリエンテーション2.ビジネス文書とは○文書主義の原則 ○ビジネス文書の特徴○ビジネス文書を作成すべき場面3.ビジネス文書の基本ルール○正しい表記法:用字、用語、記号、表現 ○関連知識4.社内文書・社内メール○社内文書の種類 ○社内文書の基本構成5.社外文書○社外文書の種類 ○社外文書の基本構成6.ビジネスeメール○eメールのメリット、デメリット○eメールでの伝達がふさわしくないもの○eメールの構成要素○eメールの作成テクニック7.まとめ8.受講レポートの作成17:009:30演習講義60%40%ビジネスでは「文書による取り交わしが最も正式である」という大原則があります。相手との関係を重視した文書のやりとりでは、言葉の選び方・表現の仕方・整え方に配慮が必要です。このセミナーでは、仕事において重要な鍵を握る、ビジネス文書の考え方、特徴、ルール、具体的な書き方を学びます。講師の声山浦 恵 講師演習講義70%30%東京東京参加者の声主体的な行動により、困難に対しアクションでき、解決につながることを学ぶことができました。引き出しを増やし、自分のスタイルを知り、立場を理解し、これからの困難に対応していこうと感じました。「考え方・学び・気づき」「知識ではなく知恵」など、これからにつながる重要なことを学べました。社会生活、人間関係に踏み込んで対処していきます。(20代、男性 通信・情報・IT)参加者の声講義で知識をインプットしてから演習で各自アウトプットする形式で展開されていたので、とても分かりやすく身につく講座でした。最も印象に残ったのは、eメールの作成です。今後一番活用することになるので意識していきたいと思います。(20代、男性)仕事では困難に直面することもあるでしょう。しかし、ちょっとした考え方の工夫で必ず前向きに乗り越えられます。また、良好な職場の人間関係には上司や先輩の立場の理解が第一です。私の経験もお伝えしながら、ワークを通じてずっと使える心構えと仕事術を身につけます。タフで元気な新入社員としてスタートを切りましょう。講師の声安藤 準 講師

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る