セミナー総合ガイド2018
50/144

48教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員階層別経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別部長層●●プログラムは一部変更になる場合があります。事前課題:自部門の分析をシートに記入し、当日ご持参ください。1.オリエンテーション2.部門業績管理の重要性3.部門業績管理の基本知識○損益計算の基本用語 ○全社、事業部、部門での業績管理の体系4.マネジメントコントロールの考え方5.自職場の業績を見つめなおす○取引先、部下、上司、社内の他部門との関係性、運営の仕組み(会議・指導など)6.自職場の業績のロジックツリー○ケース学習 ○自職場の検討(活動、指標(案)の作成)17:309:301日目7.業績向上の鍵を探る○キーとなる活動、キーとなる指標(KPI)○優先順位付けの方法論8.部下への動機づけ・指導○層別アプローチ(部下のマッピング)○重要活動の指導方法(状況説明など)○部下を納得させる説明・指導9.業績モニタリング○KPIの体系化 ○モニタリング○業績コックピットの活用10.まとめ17:309:302日目部門戦略を実現していくために、自部門の活動を設計していく方法論を学習します。具体的には、業績管理の考え方、目標ブレークダウンによる見える化、KPI(Key Performance Indicator)による管理方法、解決策による業績改善シミュレーション方法を習得することを目指します。参加費講 師86,400円本村 秀樹対象者部門長、部長、管理職ねらい1.部門戦略実行にロジカルに貢献する手法を学ぶ2.機能するKPIの設定によって行動の優先順位(プライオリティ)付けをする方法を学ぶ3.部門戦略実行の文脈の中で、財務・戦略・マーケティングの知識を効率的に学ぶ概 要部門戦略を実現していくために、自部門の活動を設計していく方法論を学習します。具体的には、業績管理の考え方、目標ブレークダウンによる見える化、KPI(Key Performance Indicator)による管理方法、解決策による業績改善シミュレーション方法を習得することを目指します。日程・開催地2018年 3回 9月 13日(木) ~ 14日(金)2019年 4回 1月 30日(水) ~ 31日(木)<定員20人>東京代官山演習講義40%60%通学2日大阪名古屋東京東京No.Webキーワード部門戦略実行研修業績管理による戦略の実現を目指す11G3677講師の声本村 秀樹 講師産能マネジメントスクール 公開セミナーの特徴1自社を離れるからこそ 見えることがある私たちの調査によると、企業支援を受けておこなった学習活動の中で、社内集合研修に次いで公開セミナーが選択されています。しかも、管理職では一層その傾向があります。その理由として、多くの人が、公開セミナーは自社を離れて、社外の人と交流できることを挙げています。自社の中にいては見えないことがあります。自社を離れるからこそ気づくこと、見えることは必ずあります。産業能率大学の公開セミナーはそのための最適な場となるのです。

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る