セミナー総合ガイド2018
48/144

46教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員階層別経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧経営幹部育成対象者取締役・監査役・執行役員、経営企画の責任者およびご担当者、これから役員になられる方々やコーポレートガバナンスを推進する人事・総務・法務部門などの責任者およびご担当者対象者経営幹部、経営幹部候補者、事業部門長・部門長ねらい1.「コーポレートガバナンスコード 原則4-14」によって、経営者層はその責務の理解を深めるために研鑽を積むことが求められており、コーポレートガバナンスコードの趣旨と意味を理解する2.経営者層として知っておくべきコーポレートガバナンスの要諦と不正リスクマネジメントのポイントについて学ぶねらい1.自社戦略、事業戦略の実現に向けて詳細化していく方法を学ぶ2.自社戦略、事業戦略の実現の中に事業間のシナジーの創造を織り込む考え方を学ぶ3.戦略を推進していくための組織の設計方法・マネジメント方法を学ぶ4.経営目標達成のための業績目標の設定方法を学ぶ概 要エンロン事件をきっかけに日本で起こったコンプライアンスブームから10年以上の時が経ちました。多くの企業においてコンプライアンス施策は一通り打ち終えている状況と言えるでしょう。しかし企業不祥事はなくなりません。経営者層としてはいったいどうすれば良いのでしょう。何をなさねばならないのでしょうか。このセミナーでは、「善管注意義務」をどのように解釈するか、われわれは何をどうすべきなのか等を具体的に検証します。概 要自社戦略、事業戦略を実現していくための方法論であるマネジメント・コントロールの考え方について、実企業をモデルにしたケースを通じて学習します。具体的には、事業間のシナジーを発揮させることを含めた戦略ブレークダウン、戦略を推進するために必要な組織編成と仕組みの設計などの組織マネジメント、戦略を推進し経営目標を達成するために鍵となるKPI(Key Performance Indicator)の設定に関する方法を習得することで、戦略を具体化していく力の向上につなげます。▲プログラム▲プログラムNo.Webキーワードコーポレートガバナンス研修「コーポレートガバナンスコード 原則4-14」義務化対応8G3695No.Webキーワードケースメソッドによるマネジメントコントロール(戦略の実行)戦略と組織活動を同期化する7G36761.経営幹部の資質と責任○経営幹部に求められる資質とは○役員の法的責任・義務・役割2.わが社に求められる時代の要請○強まる包囲網○会社法と金融商品取引法(J-SOX法)3.コンプライアンス経営の勘所○5つの勘所○不正のトライアングル○企業文化・職場風土4.そのとき、どちらに舵を切るか○ケース1 主力製品の重大不備○ケース2 業績達成か、従業員の健康か16:3013:301.オリエンテーション2.マネジメントコントロールの全体像3.戦略のブレークダウン○事業部間シナジーの発見と創造○事業部間シナジー分野の整理○シナジーの発見○重点市場の戦略シナジーの創造○市場別の戦略ブレークダウン○戦略ブレークダウンの進め方○バリューチェーンへの展開17:309:301日目1日目の振り返り4.組織マネジメント○戦略と組織の関係性○組織マネジメントの考え方○組織マネジメントの重要要素(仕組みと人づくり)○ファンクショナルバリューチェーン5.業績マネジメント○業績マネジメントの考え方○業績目標の連鎖○ゴール(KGI)とプロセス(KPI)6.研修の振り返り17:309:302日目自社戦略、事業戦略を実現していくための方法論であるマネジメント・コントロールの考え方について、実企業をモデルにしたケースを通じて学習します。具体的には、事業間のシナジーを発揮させることを含めた戦略ブレークダウン、戦略を推進するために必要な組織編成と仕組みの設計などの組織マネジメント、戦略を推進し経営目標を達成するために鍵となるKPI(Key Performance Indicator)の設定に関する方法を習得することで、戦略を具体化していく力の向上につなげます。講師の声小島 吉四郎 講師●事前課題:ケースの事前精読および事前課題への解答を当日ご持参ください。通学1日大阪名古屋東京通学2日大阪名古屋東京参加費講 師91,800円小島 吉四郎参加費講 師27,000円赤松 育子日程・開催地2018年 3回 7月 18日(水)<定員24人>東京代官山日程・開催地2018年 3回 11月 8日(木) ~ 9日(金)2019年 4回 1月 24日(木) ~ 25日(金)<定員20人>東京代官山演習講義50%50%演習講義30%70%東京東京大学卒業後20年近く、大手監査法人にて公認会計士・公認不正検査士として監査実務・J-SOXコンサルティング・不正調査に携わってまいりました。そこで得た知見をもとに、現在多くのクライアントにて経営層向けトレーニングを担当しております。ご多用な経営者層の皆さまにとって最重要な知識を、コンパクトにお伝えします。講師の声赤松 育子 講師参加者の声コーポレートガバナンス、コンプライアンスの仕組みが理解できた。「不正のトライアングル」は、新たな観点であった。(30代、 男性 通信・情報・IT)

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る