セミナー総合ガイド2018
112/144

110教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別ビジネススキル業務効率化日程・開催地2018年 10回 8月 28日(火) 11回 11月 8日(木)2019年 12回 1月 30日(水)<定員24人>東京代官山通学1日大阪名古屋東京東京▲プログラム1.タイム・イノベーションⓇとは○時間の性質と時間を活用する人間が抱える問題○人生における時間価値を高めるには2.時間の使い方の習慣分析○人生における時間価値を高めるには○時間の使い方35のチェックリスト○人生脚本のドライバー&ストッパー○ケーススタディで学ぶ時間の使い方3.時間の使い方の基本○時間の考え方の3つの基本4.時間感覚を研ぎ澄ます○自分の時間の使い方を分析し時間感覚を研ぎ澄ます5.タイム・イノベーションスキルの8つのスキル○状況分析 ○項目列挙 ○潜在問題対処 ○時間構造化 ○順序構成 ○コミュニケーション対応 ○実行管理 ○習慣化・ヌケ、モレなくやるべきことと時間、リスク対策を想定する・時間変更、飛び込み仕事など変化に柔軟に対応する6.自己の時間価値を高める方法17:309:30ビジネスパーソンとしての仕事の成果と自身が求める人生における成果、双方の創出と、時間価値を高める方法の習得活用がテーマです。頭で考えていたことでもその通りに行動せず(できず)、後でシマッタと思うことはありませんか。そのようなことへの対策や、実践で簡単に使いこなせるツールも用意しています。No.Webキーワードタイム・イノベーションⓇ タイムマネジメントのネクストステージ生産性の向上だけでなく、自分も成長するための新たな時間の使い方を身につける131G3575参加費講 師38,880円西村 秋彦対象者時間管理にお悩みの方、過去にタイムマネジメントを学習したけれど、なかなか効果的なタイムマネジメントができていない方ねらい1.自分の将来ビジョンの実現に結び付く有効な時間の使い方を身につける2.自分の時間の使い方の癖を把握することで、時間の使い方を捉え直す3.効率が良く、価値の高い時間を過ごすためのノウハウ・スキルを身につける概 要生産性の向上とワークライフバランスの実現による、時間価値の最大化をねらいとしたセミナーです。日々の5分、10分の積み重ねがすなわち人生です。日々の時間の使い方にその人の価値観が現れます。しかし、自分の理想とは異なる時間の使い方をしてしまっていると感じることが多いものではないでしょうか。理想とは異なる時間の使い方をしてしまうメカニズムをパーソナリティーから解き明かし、心理学・脳科学を取り入れたタイム・イノベーションⓇのノウハウと8つのスキルをケーススタディや演習を通じて学びます。日程・開催地2018年 4回 7月 5日(木) ~ 6日(金) 5回 10月 22日(月) ~ 23日(火)2019年 6回 2月 27日(水) ~ 28日(木)<定員16人>東京代官山通学2日大阪名古屋東京東京●●プログラムは一部変更になる場合があります。事前課題があります。(情報収集・帳票類のコピー持参など)▲プログラム1.マニュアルの役割○時代が求めるマニュアルの条件○マニュアルの意義と役割 ○効果的なマニュアル活用法2.業務マニュアルの作成○業務マニュアル作成の手順○業務マニュアルの目的・条件の明確化3.業務分析で仕事を洗い出す○フローチャートで仕事の手順を把握する4.業務改善と標準化を行う○業務改善のポイント ○標準化の意義と進め方17:009:301日目4.の続き5.わかりやすく読みやすいマニュアル表現○マニュアル文章の組み立て方○文章表現の工夫 ○レイアウトを有効に使う6.業務マニュアル作成○各自のテーマに基づき、実際にマニュアル(一部分)を作成する7.マニュアルのマネジメント体制づくり17:009:302日目演習講義60%40%参加費講 師81,000円山田 弘道、福岡 宣行対象者業務のノウハウを体系的に整理し、マニュアルを作成したい方ねらい業務遂行においてマニュアルが担う役割を理解し、「活用される・活用できるマニュアル」の作成のプロセスを学び、実際に作成可能にする。概 要継続的に業績を上げ続ける企業や組織は、個人の能力に頼るだけでなく「組織の能力」をしくみ化して業務のマネジメントを実践しています。このセミナーでは、組織競争力の強力なツールとなるマニュアルの作成の進め方を学びます。また、パソコンを使用したマニュアル作成演習を行いますので、演習成果がすぐに職場で活用可能です(パソコンは会場に準備しています)。さらに管理工学の視点を生かし、マニュアル作成の前提となる「業務の改善と標準化」のポイントも併せて学習します。No.Webキーワード業務マニュアル作成研修業務改善と標準化を進める、マニュアル作成スキルの向上を図る132G3691演習講義50%50%参加者の声今までは、あいまいなスケジュール管理だったので、教えていただいた「週間行動計画」は非常に役に立つと思う。また、やる気がなくても、まずは始めてみることが大事であることを今後意識しようと思う。(20代、男性 エネルギー)参加者の声仕事上必要なことをより良く学ぶことができました。学ぶことによって我流で進めることなく、スムーズに作成できました。また、マニュアル作成は面倒なものと思っていましたが、効率よくできそうです。(40代、女性 製造)マニュアルは作成することも大変ですが、使用されるシーンまで見越して作らなければすぐに陳腐化します。作成に力点が置かれる研修が多い中、このセミナーではマネジメントや管理工学の視点を加え「活用されるマニュアル」の作成を体験します。講師の声山田 弘道 講師講師の声西村 秋彦 講師

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る