セミナー総合ガイド2018
106/144

104教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別ビジネススキル情報・データ活用財務・計数日程・開催地2018年 13回 9月 3日(月)2019年 14回 2月 4日(月)<定員24人>東京代官山通学1日大阪名古屋東京東京▲プログラム1.オリエンテーション○アンケート調査のねらい○効果的なアンケート調査を行う3つのポイント2.アンケート調査の手順と概略○アンケート調査の手順○標本抽出の方法適切な標本数は?3.調査票のつくり方○質問文のつくり方?3つのポイント課題に従い質問文をつくってみる○選択肢のつくり方?3つのポイント課題に従い選択肢をつくってみる○デリケートな質問4.調査結果の集計の仕方○クロス集計 ○グラフの種類○調査票に応じたグラフ表現のコツ5.調査票作成○調査票を実際につくり、メンバー同士で回答してみる○相互フィードバック6.まとめ17:0010:00アンケート調査の基本的な方法を学びます。統計分析の事前知識は必ずしも必要ではありませんので、統計が苦手な方も安心して参加してください。本音を探り、実務に活用する調査のコツを一緒に学んでいきましょう。No.Webキーワード1日でわかる! アンケートのつくり方本音を引き出し、実務に活用する効果的なアンケート調査票のつくり方を学ぶ119G3515参加費講 師37,800円冨沢 日出夫対象者アンケート調査の実務担当者で経験の少ない方ねらい1.アンケート調査のプロセスにおける効果的な手法を知る2.効果的な質問文・選択肢作成を知り、より良いアンケート調査票のつくり方を学ぶ概 要顧客満足度調査や職員意識調査など、アンケート調査はビジネス活動の中で必要不可欠な存在となっています。しかし、多くの企業や団体では必ずしも調査の専門家が行っているわけではなく、担当スタッフが他の業務を兼ねながら行っているのが現状です。このセミナーでは、アンケート調査初心者の方を対象としてアンケートに関する基本的なノウハウを習得します。通学1日大阪名古屋東京東京●電卓をご持参ください。日程・開催地2018年 62回 6月 27日(水) 63回 7月 30日(月) 64回 10月 10日(水) 65回 12月 3日(月)2019年 66回 2月 1日(金)<定員24人>東京代官山2018年 9回 10月 23日(火)<定員18人>名古屋名古屋2018年 9回 7月 25日(水) 10回 11月 7日(水)<定員20人>大阪西梅田大阪名古屋▲プログラム1.オリエンテーション○新しい会計基準と企業経営への影響2.貸借対照表と損益決算書の概要○貸借対照表、損益計算書の概念と関係○【演習】3.財務分析(1)-収益性-○損益計算書の構造と収益性分析○【演習】4.財務分析(2)-安全性-○貸借対照表の構造と安全性分析○【演習】5.財務分析(3)-資本利益率-○資本利益率の位置づけと種類○売上債権回転率とたな卸資産回転率○【演習】6.キャッシュフロー計算書とキャッシュフロー経営○キャッシュフロー計算書の必要性○キャッシュフロー計算書の分析○キャッシュフロー経営とは○【演習】17:009:30No.Webキーワード1日でわかる! 決算書の読み方企業事例を見ながら、決算書の読み方の重要ポイントを押さえる120G3603参加費講 師30,240円藤田 尚対象者B/S、P/L、キャッシュフロー計算書の基本的な見方を身につけたい方ねらい1.貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を大枠で読み取り、決算書を総合的に見る力をつける2.「企業経営」と「数字」をリンクさせて考える大切さを学ぶ概 要財務諸表(B/S、P/L、キャッシュフロー計算書)を見ることで、その会社が目指す方向性を知ることができます。このセミナーでは、今日的なパラダイム変化を踏まえた決算書の読み方のポイントを、実際の企業の財務諸表を使って分かりやすく解説します。演習講義30%70%演習講義30%70%参加者の声アンケートづくりの奥深さがよく分かりました。また、アンケートづくりをきちんと学ぼうとしている方が、さまざまな業種、職種の方にいらっしゃるということを知り、私共の会社ももっと学ばねばならないと思いました。心理学的、統計学的裏付けに基づくお話で、説得力がありました。(40代、女性 各種サービス)参加者の声一般論の数値だけでなく、業界によって違う、現実は違うといった内容が聞けてよかったです。自分で勉強してもなかなか理解できなかったことが分かりやすく説明していただけました。やはりプロに聞くのが早いですね。(30代、男性 不動産)主要財務諸表である貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を大枠で読み取ることができるようになることを目的にしています。財務・会計特有の「細かさ」にとらわれず、おおらかな気持ちで楽しく会社の「数字」に触れていただきたいと思っています。講師の声藤田 尚 講師講師の声冨沢 日出夫 講師

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る