セミナー総合ガイド2018
101/144

99教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成カテゴリー別 公開セミナー★このガイドに掲載されているセミナーはすべて企業内研修での実施が可能です。貴社・貴団体担当アドバイザーにご相談ください。事前課題のあるセミナー一覧階層別説得力・表現力ビジネススキル日程・開催地2018年 60回 7月 9日(月) ~ 10日(火) 61回 10月 2日(火) ~ 3日(水) 62回 11月 12日(月) ~ 13日(火)2019年 63回 1月 22日(火) ~ 23日(水) 64回 3月 7日(木) ~ 8日(金)<定員20人>東京代官山通学2日大阪名古屋東京東京●このセミナーではパソコンを用いたプレゼンテーションの実習は行いません。▲プログラム1.図解表現と分かりやすい説明○とにかく図解をつくってみよう ○図解の4つの定型を覚える○図解化のプロセスを身につける2.1枚の図解で考えをまとめ、論理的なストーリーに組み立てる○図解を使って説明の設計図をつくる○印象づける図解化のコツ、情報整理のポイント○目次では見落としてしまうものを発見する3.個別学習○「ポストイット組み立て法」による演習4.ワークショップ-発表と討論-17:0010:001日目5.相手を動かすストーリーのまとめ方○共感を得、納得を引き出す説明ストーリーを図解で組み立てる○説明に足りないもの、見落としているものを見つける6.個別演習○各種ワークシートによる演習7.ワークショップ-発表と討論-○他の参加者の事例や考え方から学ぶ8.まとめ○相手から納得を引き出す説明ストーリーと資料づくり17:0010:002日目図解をまとめるプロセスを通じて論理的に考え、目の前のことだけにとらわれるのでなく、全体を見据えて考える思考法を身につけます。またグループワークを通じ、普段接することのできない異業種を含めた他社・他組織の参加者の考え方や方法から学びます。No.Webキーワード構造化スキルを高める 図解思考入門生産性が向上し、周りを動かす情報の整理・活用方法109G3069参加費講 師64,800円飯田 英明対象者図解を用いて問題を整理し、相手に分かりやすく伝える表現方法を学びたい方ねらい1.図解化のプロセスを学ぶことで、論理的に考える力、構造的に説明する力を身につける2.説明ストーリーの展開が分かりやすく、かつ説得力ある資料づくりをマスターする3.情報を提示するだけの一方的な説明から、限られた時間の中で要点を押さえ、確実に納得を引き出す説明へと変える方法を身につける概 要「図解パターンを覚えても、どんな図にまとめたらよいか思い浮かばない」というような場合は、図解を描くことよりも、むしろその前準備が重要です。このセミナーは、図解の「全体構造が分かる」「どんな要素があるのかが分かる」「要素同士の関係が分かる」という効用によって、図解の対象である説明内容の組み立て方を学び、メッセージとして表現していくための入門編です。日程・開催地2018年 5回 10月 23日(火)2019年 6回 3月 6日(水)<定員24人>東京代官山通学1日大阪名古屋東京東京●四則演算程度の計算能力とExcel操作スキルをお持ちの方を対象といたします。●電卓をご持参ください。●旧名称:「数字のチカラで相手を動かせ! -数字を使ったプレゼンテーショントレーニング-▲プログラム1.100%の理解ではなく、75%の納得感を与えよう◯あの有名企業も経営者も、勝負所では数字で「プチ自慢」をしている◯あなたはなぜその保険商品を契約したのか2.「どんな数字で説明すればいい?」の答え◯「インパクト」よりも「モノサシ」を重視する ◯実践!相手の「モノサシ」を考えるトレーニング3.説得できる人は何をしているのか◯数学者パスカルの言葉に学ぶ、説得の技術 ◯カルロス・ゴーンがした数字の約束◯シティバンク会長がした数字の命令 ◯伝えるその数字に「熱」がなければ意味がない4.伝え上手が実践している「数字をつくる」テクニック◯伝える数字は自分のアタマでざっくりつくる ◯9割の人が「高い」と感じるモノを「安い」と思わせる◯あのブランドの広告コピーはこうして作られた ◯あのビジネス誌は「勝負ページ」で数字をこう使っている5.3分間で相手を説得するトレーニング◯実践!数字とグラフだけで上司に3分間プレゼン◯説得するためのキーワードは「順序」と「ノイズカット」◯がん保険の広告に学ぶ、数字で伝え説得する技術6.総合演習~数字でわかりやすく伝え、「なるほど」と言わせよう~○「高い」と思っている人に「安い」と思わせるプレゼン○来期の数値計画を伝え、部下を適切に動かせ17:0010:00ビジネスパーソンは誰もが忙しい。だから、短い時間で端的に、かつ具体的な言語でコミュニケーションしなければなりません。つまり、数字という言語をいかにうまく使うかにあなたのビジネスの成否はかかっていると言っても過言ではありません。60分かけて正確に伝えるよりも、3分だけで「なるほど」と納得感を与えるようなプレゼンテーションを目指しましょう。答えは、このセミナーの中にあります。No.Webキーワード数字を使ったロジカルプレゼンテーションビジネス場面で効果的な数学的表現方法見につけロジカルなビジネスパーソンに変身!110G3663参加費講 師32,400円深沢 真太郎対象者営業部や企画部など、数字で提案を行う機会が多い方、上司や顧客に数字で説明し、説得を試みる機会が多い方など(ただし、四則演算程度の計算能力とExcel操作スキルを持つことが前提)ねらい1.日々のビジネス上の会話に数字を使う意識を身につける2.単に数字を使うのではなく、どの数字を使えば相手が納得できるかまで考える力をつける3.プレゼン資料に使うグラフの使い方に工夫をするようになる4.説得力があり、短時間で終わるプレゼンができるようになる概 要ビジネスの世界では「数字で語ること」が求められます。なぜなら数字は誰にとっても明確な共通言語だからです。しかし、分かっていてもつい定性的なコミュニケーションに逃げてしまうもの。そこで必要になるのは、日々の会話や商談の中で数字を口から出すクセをつけることと、ちょっとした思考のコツを身につけること。そして数字を使ったプレゼンテーションの肝を知っておくことです。このセミナーでは数字を使ってコミュニケーションをし、相手に納得感を与える技術を学びます。ビジネス上で起こり得るさまざまなシーンを取り上げ、ビジネスシーンにおいて効果的な数的表現方法を体感していきます。数字に苦手意識のある方や中堅社員の方には特におすすめです。演習講義70%30%演習講義80%20%参加者の声講義とワークが適度に入っていて、内容がつかみやすかった。内容も自分の業務で使っていたので、実践に役立つと感じた。(30代、男性 エネルギー)参加者の声参加する前は、あまり業務と関係性がないのではと思っていましたが、ターゲットに効果的な数字を使ったプレゼンテーションが、販売戦略に密接につながることを強く認識できました。「数字」を使い、相手のモノサシで伝えられるよう、今後の仕事に生かしていきます。(40代、女性 商社・卸売)講師の声深沢 真太郎 講師講師の声飯田 英明 講師

元のページ  ../index.html#101

このブックを見る