セミナー総合ガイド2018
100/144

98教育 ・ 研修人事 ・ 採用営業力強化戦略 ・ マーケティングビジネススキルメンタルヘルスモチベーションダイバーシティ対応マネジメントスキル新入社員経営幹部育成詳細内容・空席確認・申し込み手続きは右記の手順で行ってください。本学Webにアクセス12Webキーワード(5桁)を入力&検索事前課題のあるセミナー一覧階層別ビジネススキルプレゼンテーション説得力・表現力●少人数定員制のため、早めに満席になりがちです。早めのお申し込みをおすすめいたします。●事前準備(当日持参):プレゼン発表ワーク用の資料を用意していただきます。●Microsoft Powerpoint®のデータやフリップなど、プレゼン発表用の資料を1つお持ちください(2回の演習で同じものを使っていただきます)。普段お使いのものでも新規に作られたものでもかまいませんが、演習で発表いただく都合上、守秘などの点で問題がないように加工をお願いいたします。●詳細はお申し込み担当の方経由で参加票とともにお送りする説明書をお読みください。●このコースは、ブラッシュアップ用の応用コースです。「スキルは基本コースレベルだが、演習が2回あるから」という選び方をしたというお声も伺います。●こちらのコースは「基本の習得をほぼ終えている方」向けのコースです。基本的な内容は確認程度にとどめていますので、研修効果を上げるためにも、基本習得前の方は「106. プレゼンテーション基本」にご参加ください。日程・開催地2018年 127回 6月 25日(月) ~ 26日(火) 128回 7月 18日(水) ~ 19日(木) 129回 8月 23日(木) ~ 24日(金) 130回 9月 20日(木) ~ 21日(金) 131回 10月 18日(木) ~ 19日(金) 132回 11月 27日(火) ~ 28日(水)2019年 133回 1月 16日(水) ~ 17日(木) 134回 2月 4日(月) ~ 5日(火) 135回 3月 4日(月) ~ 5日(火)<定員8人>東京代官山2018年 34回 7月 3日(火) ~ 4日(水) 35回 12月 10日(月) ~ 11日(火)<定員8人>大阪西梅田▲プログラム1.オリエンテーション○研修のねらいと進め方○プレゼンテーションでの悩み2.プレゼンテーション技術(概論)○プレゼンテーションとは ○プレゼンテーションを構成するもの○プレゼンテーション基本事項の確認3.プレゼンテーション実習(1)○ひとり10分の実習 ○相互コメントと振り返り○自己課題の発見4.内容面のパフォーマンスを向上する○プレゼンテーション構成のチェック ○シート、スライドのチェック○構成、シートの改善18:009:301日目5.伝達面のパフォーマンスを向上する○姿勢、表情、態度 ○発声、話し方、話すスピード○アイコンタクト、ジェスチャー ○VTR研究とミニトレーニング6.プレゼンテーション実習(2)○ひとり15分の実習(ビデオ撮影) ○相互コメントと振り返り7.トータルパフォーマンス向上に向けて○自己課題の発見と改善策 ○自己宣言とまとめ18:009:302日目参加費講 師75,600円今山 隆、椎橋 絵美子、二瓶 哲、濱田 修之 他対象者プレゼンテーションの基本スキルをセミナーなどで習得された方で、ブラッシュアップを考えている方ねらい1.基本を押さえた自分のプレゼンテーションスタイルを確立する2.プレゼンテーション場面での自己の持ち味を理解する3.トレーニングを通じてプレゼンテーション技術向上のヒントをつかむ概 要日々プレゼンテーションをしていると、思うように成果が上がらなくなることがあります。他人の真似をしてもうまくいかず、自分のプレゼンテーションを見失うこともあります。そのようなときは、ブラッシュアップトレーニングがおすすめです。セミナーに集まった仲間や講師から寄せられたアドバイスで、多くの方が強みを伸ばしています。日程・開催地2018年 9回 8月 28日(火) 10回 11月 5日(月)<定員24人>東京代官山通学1日大阪名古屋東京東京●事前準備:ご自身が作成した資料でビジュアル面を改善したい資料を当日ご持参ください。●改善点をクラス内で共有しますので、自社の情報管理上問題のない範囲内でお願いします。▲プログラム1.オリエンテーション2.デザインとは○デザインの効果とは ○デザインをどう認識するか3.認知心理学○プレグナンツの法則 ○デザインのコツ4.デザインの原則○デザインをする時に気をつける7つのポイント5.デザインの要素○グラフィックデザインの構成要素6.デザインの事例○さまざまな事例で理解する7.「高級トマトジュースを顧客に提案する」○顧客の設定 ○チラシの制作(グループワーク)○プレゼンテーションと講師講評8.自分の資料をブラッシュアップ○デザインアドバイス17:0010:00演習講義60%40%最近はビジネス場面でも資料の内容だけではなく、視覚的要素が重要視されるようになりました。そのため私たちのようなデザイナーが現場で使っているスキルをビジネスに生かせることが増えてきています。今回はデザイナー以外の職種の方でも仕事で使えるデザイナーの思考とテクニックを余すとこなくご紹介させていただきます。参加費講 師38,880円浅井 由剛対象者プレゼンテーション資料、企画書、チラシなどのビジネス資料をデザインの技術でブラッシュアップを図りたい方ねらい1.デザインの意義、要素(線・色・文字(フォント)・余白・レイアウト)を知る2.伝えるためのコンセプトとデザインのテクニックをトレーニングする3.プロの視点からアドバイスを得て自分の資料を改良する概 要プレゼンテーション資料、企画書、チラシなど、ビジネスで使う資料をより伝わる内容にするためにデザインの意義や要素を学びます。具体的には、実際の作品を見ながら資料の文字(フォント)、色、余白、レイアウトなど、デザインの要素やバランス、類似と対比などデザインの原則を押さえます。総合演習でチラシを制作することで、デザイナーの思考プロセスを体験し、デザインのテクニックを実際に活用していただきます。プロのデザイナーの講評やアドバイスを得ることで魅せる資料を作成します。通学2日大阪名古屋東京東京大阪No.Webキーワードプレゼンテーション実践トレーニング1クラス8名限定! 少人数指導で自分のプレゼンテーションをブラッシュアップする107G3566No.WebキーワードA4 1枚で伝えるデザインの技術デザイナーの思考とテクニックを使って、相手の視覚に訴える108G3645演習講義80%20%参加者の声聴衆が主役ということを改めて実感し学べるカリキュラムでした。「あがりを押さえる」は心強いアドバイスでした。スケジュールに余裕があり、理解する時間もあったのでよかったです。(40代、男性 製造)参加者の声実際に自身で作成している資料のアドバイスや、演習時のアドバイスがデザインについて普段意識していなかったことなので、非常に参考になりました。(20代、男性 エネルギー)講師の声浅井 由剛 講師

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る