マネジメント的側面

戦略的思考

組織がさらに成長や発展を遂げるためには、、物事の全体を俯瞰し、現状を的確に捉え、進むべき道筋を描いて意思決定する力が重要です。
その力を磨くためは、戦略的な思考力の醸成が必要です。

働き方改革

「何をどのように変えることが働き方改革なのか」、「誰にとっての働き方改革なのか」。
組織や社員の働き方を取り巻く環境が変化する中で、自社としての働き方をどのように意味づけるかが重要であり、改革の土台になります。

リーダーシップ

リーダーとしての意欲と自覚を高めて、担うべき役割の発揮に向けたリーダーシップを磨き続けることで、自分らしいリーダーシップを獲得し、チーム全体の成果をあげていきます。

OJD・コーチング・部下後輩指導

激しい環境変化に立ち向かうためには、メンバー一人ひとりの主体性の発揮と成長し続ける職場づくりが重要です。
メンバーへのコーチングや指導育成、職場づくりに向けた最適な方法を学びながら、自らのスキルを高めていきます。

目標による管理

期初の目標設定から期中の達成支援、期末の評価という一連のPDCAサイクルを着実に回すことで、目標による管理を「効果的なマネジメント・ツール」として活用して、期待する成果獲得をめざします。

チームマネジメント・プロジェクトマネジメント

環境変化への柔軟な対応と成果獲得に向けて、プロジェクト型の仕事の進め方が求められています。
プロジェクトをチームとタスクの両面から捉えて、適切にメンバーと仕事をマネジメントしていく方法を身につけていきます。

人事考課・人事管理・労務管理・管理実務

効果的かつ効率的にマネジメントサイクルを回していくためには、人事管理や労務管理等の正しい管理知識と考え方を理解し、正しい運用を心がけることが必要不可欠です。

生産管理・管理技術・現場改善

製造現場において基本となる生産活動や生産管理の知識を体系的かつ網羅的に習得していくことで、モノづくりを支える人材の育成を継続して取り組み、モノづくり企業としての基盤を確立していきます。

リスクマネジメント/ハラスメント

企業を取り巻く環境変化から、これまでにない様々なリスクが顕在化しています。
またハラスメント等の労務リスクも増える中で、これらのリスクを未然に防ぐためには、社員の意識に働きかけることが重要になっています。

ダイバーシティ

グローバル化の進展や働く環境の変化に応えるために、ダイバーシティ(多様性)の推進は組織にとって不可避です。
ダイバーシティ推進の本質を考え、推進のための人材育成や個人の学び、組織づくりを考えていきます。

その他

マネジメントという概念を様々な観点から捉え直すことで、自分らしいマネジメントスキルを具体的に考えて、その発揮に向けたイメージをつかむことができます。