オンラインセミナーよくあるご質問(FAQ)

みなさまからよく頂戴する質問をまとめました。

Qの質問項目をクリックすると回答が表示されます。

オンラインセミナーについて

産能マネジメントスクールのオンラインセミナーはどういう形式ですか?

オンライン会議ツールのZoomを使った、公開セミナーです。

Zoom以外の会議システムを使ったセミナーはありませんか?

現在のところは、Zoomを利用したセミナーのご用意のみとなっています。従来セミナーのようなグループワークの効果を上げようとすると、機能的にZoomが一番最適でした。現在は、他の採用は見合わせておりますが、今後この点が解決できるシステムやアプリケーションが出てきたら、順次検討してまいります。

従来の教室に集まって行うセミナーとどこが違いますか?

従来の公開セミナーは、教室で相互に学びあい、啓蒙しあう雰囲気が醸成されやすかったのですが、オンラインセミナーは、個々の参加者の方々のセミナー参加環境が異なることもあって、自然発生的な醸成は難しいと考えます。また、心理学的な面からも工学的な面からも、集中力を継続させることがなかなか難しく、長時間の受講継続は疲労度が上がります。
これらのことから、インストラクションの進め方を変えたり、従来のセミナーよりも休憩を多く設けたりします。また、カリキュラムを一部変更して行う場合もあります。

社内にZoomを使ったことがある人がいないのですが、大丈夫でしょうか?

お申込み前に、環境の確認と動作確認をお願いしています。その段階で不明なことがありましたら、お問い合わせください。

Zoomの脆弱性などセキュリティ面に関してニュースをよく見かけます。大丈夫でしょうか?

産能マネジメントスクールでは、できうる限りの対策をとっております。
■産能マネジメントスクールで対応していること(Zoomに関することのみ記述します)
 ・Zoomそのものを常に最新バージョンにする
・各公開セミナーのパスワード設定(複雑化)による、Zoom爆弾や不正アクセスの防止
・その他、Zoom社から発信される情報、各種ネットワーク関連情報に常に注意をし、対応をしております
■参加いただく皆様にお願いしていること
・Zoomそのものを常に最新バージョンにアップデートしてください

オンラインセミナーで急にインターネットの回線の接続が切れてしまった場合や予期せぬ理由により受講できなくなった場合はどうすればいいですか?

産能マネジメントスクールにご連絡ください。
ただし、インターネット回線の接続切れなどがないとは言えません。この場合はセミナー中断や中止となる場合も考えられます。あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。
なお、その場合にはご担当者様にご連絡を差し上げます。

必要なもの

MAC系のPCやタブレットでもいいですか?

公開セミナーの運用上、タブレットやスマートフォンでのご参加はご遠慮いただいております。 MAC系のPCの場合、セミナー場面をご覧いただくうえでは問題がないようなのですが、ワークを進める際に動作しないなどの問題が発生することがあるようです。
お申込み前にお問い合わせをお願いしているのは、その点に支障はないかの確認をいただくためのものです。

ノートPCが古いのですが、大丈夫でしょうか?

前述同様、お申込み前に、環境の確認と動作確認をお願い致します。ZOOMに接続でき、快適に見れ、音声の発信ができるのであれば、原則として問題はありません。その段階でご不明なことがありましたら、お問い合わせください。

Zoomが使えればどのコースの参加にも支障はないですか?

コースによっては、ワークでアプリケーションを使用することがあります。コースの紹介ページや受講票などの情報を確認してください。

人数分のノートPCがあれば、同じ会議室でセミナーに参加しても大丈夫ですか?

複数の参加者が近い距離にいると、ハウリングを起こすことがあります。このため、会社の会議室など同じ部屋で2名以上が受講される場合は、参加者全員にマイク付きイヤホンもしくはヘッドセットが必要になります。

セミナーの進め方

自宅で受講や1社1人で受講するとき、グループワークはどうすればいいのですか

講師が参加者の方を組み合わせ、Zoomのブレークアウトルーム機能を使って、オンラインでグループワークができるようにします。従来の公開セミナーのように討議や情報の共有化を進めていただくことができます。
ただし、同じ教室で従来のように机を囲んでいるわけではないので、若干の制約は生じます。
例えば、講師は机間巡視の代わりに各グループのルームを回る、一部のワークの進め方を変える、などで解消していきます。

従来のセミナーと全く同じと考えていいのでしょうか?

産能大の公開セミナーは、参加者の方々の理解を促進するために、参加者の皆さんに質問を投げかけたり、グループ内、隣の人とワークをしたり、グループを少人数に再編成したり・・・等、最大限の工夫をして実施してまいりました。
参加者の方々が全員対面状況でのご参加ではないことや、参加者の皆さんの疲労を考慮して休憩時間を多くとる必要があることから、対面型研修と全く同じ時間配分で同じ進め方をしようとすると、いろいろと難しいです。
そこで、対面型の参加+オンライン参加者が加わる公開セミナーでは、従来のプログラムを生かしつつ、若干の変更を加えて進めております。
オンライン専用の公開セミナーでは、オンライン用にワークを組み替えるなどの工夫をしつつ、対面型セミナー同様の効果を得ていただくように工夫をしております。

セミナーのテキストは、申込担当者が事前に配るのですか?

オンライン参加者の方のセミナーテキスト等は、担当者の方にお送りしますので、従来同様、参加前の動機づけなどとともにご手配いただけると幸いです。
参加者の方のご自宅宛て配送をご希望の際には、事前にご相談ください。
※ただし、不在時の受取不能や、セミナー参加をご存じなく受取拒否といった事態になると、セミナーへのご参加ができません。当日のテキストだけでなく、事前学習がある場合もあります。参加者の方への配送の際には、確実にお受け取りいただけるようにご手配や周知をお願いいたします。

参加者に視覚障害を持った者や聴覚障害を持った者がいます。受講できますか?

オンラインの場合、当方で可能なサポートはかなり限られてしまいます。
誠に申し訳ありませんが、事前にご相談下さい。

1名の申込で、複数が画面を見るという参加方法はできますか?

必ずお申込み人数にあわせた人数でご参加ください。
当日は、講師や事務局が参加者人数などを数えており、参加申込者以外の方や、画面にお申し込み者以外の方のご受講が発見された場合には強制退出の措置を取らせていただくことになります。
また、テキストの不正コピーは著作権法に触れる行為となります。絶対におやめください。

参加者用テキストを電子データでご提供いただきたいのですが可能ですか?

テキストは、紙でのご提供のみとなります。電子データでのご提供はご容赦いただいております。 

セミナーへの途中参加や、研修中の途中退出は可能ですか?

いずれもご遠慮ください。従来のセミナーと同様です。
ただし、体調不良による場合は、その場で講師にお申し出ください。講師の了解ののちの退出をお願いいたします。また、社内のご担当者様へのご連絡も忘れずにお願いいたします。 

オンラインセミナーで顔を見せるのが嫌だという参加者がいますが?

参加いただくうえで、お顔の表情が見えないと、ご理解いただいているのかどうかも把握しにくいですし、グループワークに支障が出ることも考えられます。
公開セミナーを円滑に進めるため、可能な限りご協力くださいますようお願いいたします。
なお、参加いただいている環境によっては、ご自分の後ろの映り込みは困るという方がいらっしゃいます。その場合はZoomの機能で背景を消すこともできます。背景の設定についてはZoomの使い方サイトなどをご覧ください。
なお、その場合、背景画像は研修にふさわしいものをご利用ください。他の参加者が不快になる背景のご利用をされることがないようご配慮をお願いいたします。

ZoomおよびZoom(ロゴ)は、Zoom Video Communications, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です