研修報告書サービスについて

研修報告書サービスとは?

社内で提出されたセミナーご参加者の受講報告には 「勉強になった」、「職場で生かしたい」… 本人の主観的な感想しか書かれておらず、 実際に参加者が何を学び得て、どう変わったのか、 そして職場での今後の取り組みにどう生かすのかが見えにくいことがあります。

こんな現場のお悩みに

  • セミナーご参加者の上司の方々 「どのようなセミナーだったのだろう。本人や人事の報告がまだ来ない・・・。」
    「受講後、職場でこれから何にどのように取り組むのかが、社内の受講報告だけではなにもわからない・・・。」
    「今後に活かすようなフォローアップをしようにも、私が何も知らないから働きかけようがない・・・。何か資料が欲しい。担当した講師はどのような感想をもったんだろう。」
  • 教育ご担当の方々 「研修効果を高めるために、彼らの上司にセミナーの様子をフィードバックする情報はないだろうか。」
    「参加者から、なかなかセミナー参加報告書が上がってこない。上がってきても報告のための文章を作っているから臨場感が感じられない。セミナーの状況が垣間見えるものはないだろうか。」
    「私が上司に報告するためにも、セミナーの状況を知りたい。」
そこで、産能マネジメントスクールでは、階層別セミナーのうち下記7セミナーで、終了後に「報告書」をお送りしています。
  • 課長実践研修 合宿コース
  • 課長実践研修 通学コース
  • 新任課長実践研修 合宿コース
  • 新任課長実践研修 通学コース
  • 係長実践研修 合宿コース
  • 係長実践研修 通学コース
  • 中堅社員実践研修

「報告書」で参加いただいたセミナーの状況をご報告します

この報告書は、アセスメント研修のような「個人を評価するための報告書」ではありません。
セミナープログラムの概要に加え、参加者が研修内で作成したワークシートの写しと講師からの総評などをセットした「参加いただいたセミナーの状況ご報告」です。
何を学んだのか、そこでどんなことに気がついたのか、自分はその役割として何を重要と考えたのか、今後学んだことをどのように生かしていこうと考えているのかなど、参加者自身が作成した「セミナーに参加して得たことのアウトプット」です。

各セミナーに特化した内容もプラス

たとえば「課長実践研修」では行動計画への具体的なコメントが付きます。
「課長実践研修(合宿・通学)」は、上記報告書に加え、参加者が作成したワークシート『職場での実践(課題と実行計画)』に対するコメントもつけました。
このコメントは、今後のマネジメント実践のアドバイスです。
セミナー参加者が自職場の発展に向けて練り上げたプランの実践を組織全体で後押しする際に活用いただきたいヒントです。

セミナー別の報告書については、産能マネジメントスクールまでお問合せください。

サービスの流れ

1.開催前

公開セミナー参加票に、研修で作成したワークシートのコピーをお申し込み責任者様に送付する旨の表記しています。ご参加者様に、「研修成果」として送付されることをお伝えください。

2.セミナー参加

セミナー中、ご参加者様に記入いただいたワークシートを回収し、コピーを1部作成します。原紙は参加者ご本人返却します。

3.セミナー後(3週間以内)

完成ワークシートのコピーに講師が作成した全体所感などを加え、報告書を作成。お申し込み者責任者様にお送りいたしますので、セミナー参加後のフォローアップにお役立てください。

ご利用企業様の声

  • 製造業(課長・新任課長・係長・中堅の各階層研修にご参加 報告書は、思っていたよりもしっかりした内容のもので満足しています。この報告書をベースに研修参加後、約1か月後に各々上司面談をします。その後、さらに半年後に自分で立てた実行計画に従ってどこまで実行できているのかの確認と計画の修正の機会を持つことを予定しています。1回の研修で、きちんとその後に活用できる点が大変有効であると思います。
  • 製造業(課長実践・係長実践研修にご参加) 参加者からは3日間があっという間に過ぎ、他社の方々との意見交換や討論による交流が大変有意義であったと聞きました。報告書のセミナー全体の講師所感はポイントを押さえた内容であり研修の雰囲気が伝わってきました。職場の上司と本人の間で行動計画書の実行について面談を実施し、研修効果を高めるためのフォローに報告書を生かす予定にしています。
  • 教育(課長実践・係長実践研修にご参加) 研修参加で得たこと学んだこと、今後取り組みたいこと等の報告書を独自のフォーマットで作成させていますが研修中の様子、姿勢等は、把握が難しいため、このような報告書を頂戴し大変イメージしやすくなりました。講師からの受講者本人への所感の記載は、本人のモチベーション向上、周囲から見た自分の立ち位置の再確認等、振返りとして良い作用をもたらすのではと思います。

公開セミナーに関するご相談はこちらから(産能マネジメントスクール)

お電話によるお問い合わせ

(FAX:0120-113644/03-3476-4441)