1. 法人のお客様TOP
  2. 公開セミナー
  3. 経営幹部セミナー
  4. 経営幹部セミナー 育成体系図

経営幹部セミナー 育成体系図

育成体系図

経営幹部セミナー 育成体系図

(1)経営幹部育成研修の効果的な学習機会として、公開セミナーを活用する。

「公開セミナー」は、同じ課題を持つ人たちが、業種業態を越えて一同に会し、講義やディスカッションなどを通じて成長していく学習機会となります。経営幹部育成であれば、部長や部門長など、他社の経営幹部候補者と机を並べて、ともに学習します。
公開セミナーのコースは、経営幹部に求められる3つの力を押さえていますので体系的に学習いただけます。
  • 経営マインド[人力]
    経営マインドを醸成させることで、経営幹部として成長することへの意欲や覚悟を高める
  • 経営思考力 [知力]
    参加者のスキルや知識の状態に応じて、ふさわしいコースを選択可能
  • 経営実践力 [技力]
    自身が担当する事業・部門の経営構想を描き、実現のための組織運営の方法論を学んで経営実践力を高める

(2)経営幹部育成の全体を鑑みて、今、必要な育成を公開セミナーで補強する。

公開セミナーの活用方法の2つ目は、企業や参加者のニーズに応じたコースにご参加いただく、という方法です。これは主に、現在既に経営幹部育成を進めている企業が対象です。
例えば、「今年の経営幹部候補者は、営業・開発・企画と職種が様々だから、足りない知識やスキルも異なる」といった場合に、個人ごとに違うビジネススキルコースにご参加いただく、といった活用方法です。

公開セミナーは、自社内に講師を呼ぶ研修ではありませんので、1名からのご参加が可能です。そのときのニーズに合わせて、今、必要な育成にご活用ください。

(3)他の育成方法では実現しない 公開セミナーならではの長所を生かす。

公開セミナーには、他の育成方法とは異なる3つの特長があります。
  • 「多様な参加者との相互フィードバック」
    公開セミナーのすべてのコースには、異なる組織の参加者とともに行う、グループワークやディスカッションの場が用意されています。その中では、社内では相談できないような悩みを打ち明け合い、別組織だからこそできるアドバイスを与え合うような、価値の高い相互フィードバックが行われます。
  • 「自社の慣習や判断基準を再確認できる」
    異なる組織の参加者との交流は、「使っている言葉の意味の違い」「背景にある組織文化の違い」などの気づきにつながります。それは自社の良さだけでなく、改善すべき点である場合もあります。経営幹部として自社を第三者視点で把握することは非常に価値のあることでしょう。
  • 「物理的にも心理的にも、日常業務から離れられる」
    社内研修であれば、例えば「今期の売上進捗」など、どうしても目の前の課題についての議論が多くなってしまいがちです。しかし、公開セミナーでは、物理的にも心理的にも日常業務から離れた場で行われますので、客観的に自身を振り返ることが可能です。