階層別(主任・係長・課長・部長)

マネジャー層、リーダー層に期待される役割を理解し、 職責を担う力を身につける

マネジャー層、リーダー層に求められるマネジメントは、「組織目標の達成」と「組織の活性化」の2つに分かれます。
それらを実行するために、「職場の問題解決」「目標達成のマネジメント」「活力ある職場づくり」「メンバーの指導・育成」という、4つの役割の遂行が求められます。

マネジメントの役割構造図
※コースの内容については、コース名をクリックして遷移した先のコース詳細でご覧ください。

階層ごとに、期待され、求められる役割を習得するプログラム

■主任層対象

職場リーダー研修

1.リーダーシップの本質を理解する
2.リーダーに必要なものの見方・考え方・行動を学ぶ
3.自己の特性を知り、実践場面におけるリーダーシップ発揮のための課題を抽出する

■係長層対象

係長実践研修(合宿)

1.マネジャーとして期待される役割行動とマネジメントの基本概念を理解する
2.日々のマネジメント活動(目標達成、問題解決、指導・育成、職場活性化)に役立つ実践スキルを習得する
3.自身の経験やマネジメント行動の分析を通じて、これからのマネジメント行動上の課題をつかむ
4.マネジャーとして発揮すべきリーダーシップ発揮のあり方を養う

係長実践研修(通学)

同上

マネジメント基本研修

1.「メンバー」から「マネジメントを担う立場」への意識転換を図る
2.マネジャーとして必須となるマネジメントの全体像と、基本的考え方を理解する
3.日々のマネジメント活動に役立つスキル(目標達成、問題解決、指導育成、職場活性化)を身につける
上記1.~3.を通じて、初級マネジャーとして求められるリーダーシップを養う

■課長層対象

課長実践研修(合宿)

1.課長にふさわしい役割と必要な能力を理解する
2.内外の職場環境の構造的な捉え方と戦略的な職場構想の形成方法を身につける
3.職場構想の実現に向けた目標設定と課長のリーダーシップを理解する
4.タイムマネジメント、および会議のマネジメントに関する知識を身につけ、職場の生産性向上のヒントを得る
5.チームづくりと人材育成の留意点を理解する
6.職場で実践するための具体的行動計画を検討する

課長実践研修(通学)

同上

新任課長実践研修(合宿)

1.新任管理者に求められる、周囲からの期待と自分自身のスタンスを確認する
2.成果を導く職場マネジメントのイメージ形成と状況把握のための方法について理解を深める
3.個々のマネジメント機能の効果性を高める具体的実践技術を体験的に身につける
4.集団活動を活性化し凝集性を引き出すリーダーシップの認識と影響力の強化を図る
5.マネジメントマップの活用により、職場状況を俯瞰的に把握し成果を導く課題を形成する

新任課長実践研修(通学)

同上

上級管理職に求められるマネジメントを身につける

■部長層対象

部長実践研修

1.部長の役割について、経営を補佐する上級管理者として認識し、必要となるマネジメントの考え方を理解する
2.組織全体の発展を考える際に必要な「6つの志向」を、理論と実践(戦略経営シミュレーション)を通じて理解する
3.日々の生活から離れ他者と交流することで、自分を客観的に見つめ現状からの脱皮を図る

部長研修 -部門構想と役割責任のリ・デザイン-(2020年度)

1.「環境と事業と戦略/事業と業務/事業と資源」という3つの観点から、部長としてのマネジメントの枠組みを捉え直します。
2.「成果の実現/生産性の維持・向上/組織と人材の開発」という部長の3つの責任について参加者と意見交換をして理解を深めます。
3.他社の部長の方々と交流を通じて、“部長としてのリーダーシップのあり方”についての再発見を行います。

上級管理者のための戦略マネジメント実践研修

1.経営環境の構造的変化を洞察し、新しい時代における経営成功の要因を見極め、その実現のための部門経営構想を明確にする
2.自身のマネジメント特性を把握するとともに、部門経営構想の実現に向けたマネジメント課題を明らかにす

部門戦略実行研修

1.部門戦略実行にロジカルに貢献する手法を学ぶ
2.機能するKPIの設定によって行動の優先順位(プライオリティ)付けをする方法を学ぶ
3.部門戦略実行の文脈の中で、財務・戦略・マーケティングの知識を効率的に学ぶ

役割や期待の向上、適切な意思決定、職場変革の高まりなどに応じて、マネジメントの専門性をより深めるコース

マネジメント専門性を深め発揮することで、新たな価値の提供を通じた組織、職場へ貢献が期待されます。
■現場の思いを実現する課題解決への取り組み

実践! マネジャー研修 課題形成と課題解決のマネジメント

1.独自の視点から斬新で建設的なマネジメント課題を形成し、これに基づく目標設定をする力を養う
2.課題形成と目標設定を通じて、日常のマネジメントと変革のマネジメントを遂行する力を養う
3.人的課題形成のための「人材育成」に必要な力を養う

チームリーダーのための課題形成力養成研修

1.現場近くでこそ得られるさまざまな「思い」つまり直観的認識を、斬新で建設的な職場課題に高める力を養い、職場の中核的なリーダーであるための基礎能力とする
2.自ら形成した課題を上位者や後輩、あるいは他部署と共有するためのコミュニケーション能力を養い、リーダーとしての影響力をさらに確実なものとする
3.実際に職場課題の形成と、これに基づく目標の設定を行い、実践につなげる

■部下の多様性を活かし組織力を高める

職場の業績向上と人材育成を統合する OJDマネジメント実践研修(2019年度)

1.“OJD診断モデル”を使って客観的に自職場の現状(強み・弱み)を把握する
2.将来を見据えた自職場の“管理(マネジメント)構想”を描く
3.自職場の“管理(マネジメント)構想”の実現に向け、メンバー(部下)および職場集団のパワーを高める動きができる

職場の業績向上と人材育成を統合するOJDマネジメント実践研修(2020年度)

1.客観的に自職場の現状(強み弱み)を把握できる
2.将来を見据えた管理構想を描ける
3.管理構想の実現に向け、メンバーおよび職場集団のパワーを高める動きができる

■覚悟に基づく意思決定マネジャーのマインド醸成

ミドルマネジャーの「タフさ」鍛錬コース(2020年)

1.ケース演習を通じてマネジャーに求められるマインドを磨く
2.チェックリストを用いてミドルマネジャーとしてのマインドの強み・弱みを明確化する
3.ミドルマネジャーの戦略実行力を高める

体感型研修Beyond ~職場マネジメント編~(2020年度)

1.職場マネジメントの疑似体験を通じて、マネジメントのイメージをつかみ、自分なりのマネジャー像を描く
2.マネジャーの役割に適応し、マネジャーならではのジレンマに折り合いをつけられるよう、プレイヤー感覚から意識を切り替える
3.マネジメントの悩ましい状況下での、自分自身の意識や考え方を振り返り、今後の成長のきっかけと前向きな気持ちを獲得する